« 碁大会・病友の形見 | トップページ | 自動散水装置 »

2007年2月25日 (日)

負けるが勝ち・雑草魂

碁大会での成績が芳しくなかった。とブログに書き込んだところ、言語楼さんから「自分が負けるということは、他の仲間に勝つ喜びを与えてあげた、言い換えれば“善行”を施した思えばいいのですよ」と慰めのコメントを頂いた。なるほどと思った。

そう言えば、千の風になった先輩が、4回目の入院が決まって入院前日赤提灯で一杯やった時、「病気も医者助け。死も坊主・葬儀や助け。何もかも人助けだと思えば諦めも付く。神様のやることに間違いはない。世の中無駄なことは何もない」深い溜息と共にやや自嘲気味に漏らしていた。冷たい風が吹いてきた。カラオケが上手かった彼に「千の風になって」を歌わしてみたかった。最近何故か千の風になった人のことが蘇る。

修理したのに自動散水装置の調子が今一。増富行きに備え、植木棚の配置換え。最上段は日当たりは最高だが水不足が心配で可愛いものから順に、日当たりも水も心配のない場所に移動していく。可愛げのないものはどうしても後回しになる。人間社会も同じ。寒さが戻ってきて冬眠から覚めようとしていたイワヒバが戸惑っている。
チンゲン菜は伸びて花の準備を始めている。 去年失敗した葱を少し植え付けてみた。土を掘り起こすとミミズがびっくりしてピョンピョン飛び跳ねていた。ミミズが居る土地は状態がいい証拠。雑草の勢いも凄い。この勢いを貰い受けたいもの。

|

« 碁大会・病友の形見 | トップページ | 自動散水装置 »

コメント

今朝の朝日新聞の神奈川版に「ドロボー刑事」の記事が載っておりデカにもいろいろな分野があり、ご苦労があるんだな~と感心した。私は車で走っていると白バイをみると別に違反をしていなくても気分は良くない方だが・・

投稿: お | 2007年2月25日 (日) 07時54分

篠笛さんの 畑の様子を 我が家の農夫に伝えながら・・・せっせと 畑へ通っています。
ミニキャベツ 白菜 ブロッコリーも 終わりらしい?きょうは アスパラを植付けにいっている。
私は 花粉症がひどくて ますます頭がぼーとして やる気ゼロ状態です。 

投稿: ふくろう | 2007年2月25日 (日) 11時21分

今日は朝から花粉症の症状がひどくて
鼻はズルズル、目は痒くて真っ赤。
これも「生きてる証」?
あぁ~つらい~思考力ゼロのこころです。

投稿: こころ | 2007年2月25日 (日) 12時21分

ふくろうさん
ブロッコリーは一度大きな花芽を切り取ってもまた二番花芽が出てきます。コツは最初大きな花芽を切り取る時下の方に隠れるように付いている小さな花芽を幾つか残すのです。
追肥をやれば3月ころまで何回も楽しめます。花芽は小さくなりますが味に変わりはありません。
皆さん花粉症に悩まされているようですが、私も篠笛を吹いている時、涙、鼻水、くしゃみに襲われ、生きてる証拠だなんて洒落を言っていられないので医者から薬貰って飲んでます。

投稿: 篠笛 | 2007年2月25日 (日) 19時22分

ミミズって、確か、とっても再生能力が、たかかったよね。たくましいよね。このごろ、見かけていないのは、大地にしっかりふれてないんだね。昔、泥団子、作ると、一番きれいで硬いのが出来たんだー。ピッカピッカの泥団子。

投稿: 清水宏子 | 2007年2月25日 (日) 21時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 碁大会・病友の形見 | トップページ | 自動散水装置 »