« 自動散水装置 | トップページ | 増富第3回修行 »

2007年2月26日 (月)

円楽師匠引退

笑点の司会をしていた落語家の三遊亭円楽師匠が引退を表明した。脳梗塞で倒れリハビリを続けてかなり回復したが、思うように言葉が続かないらしい。落語家が喋れない!辛いだろうな。もう少し!と惜しむ声が多い。が、引き際が大切と、昨日引退を決めた。

思っていることが喋りたい時喋れない。そのもどかしさ、辛さは、経験があるだけによく分かる。弟子ばかりでなく落語会全体の発展のため、また、同じ病で闘っているもののためにももう一踏ん張り頑張ってもらいたい。

今日は篠笛教室、コスモス(患者会)五行歌講座。帰って自動散水装置の点検。増富行き準備。

|

« 自動散水装置 | トップページ | 増富第3回修行 »

コメント

円楽師匠の気持が 篠笛さんには他人事とは思えないでしょうね。それにしても 本当に残念ですね! 次回の増富温泉は いつからですか?私は これから オカリナで「千の風になって」の合奏の下のパートの練習しま~す

投稿: ふくろう | 2007年2月26日 (月) 14時58分

落語と言えば今日は、こころさんがやっている「ポレポレ倶楽部」が寄席をやるというので行ってきました。
三朝亭半左師匠が酒がからむ「禁酒番茶」「芝浜」の二題を小噺の後、楽しませてくれました。特に「芝浜」は人情物で涙ぐんで聞き入る方もいました。
師匠は本名は山上伸治さんというグラフイックデザイナーでお笑い療法士さんでした。
風邪気味といいながらも大そうな熱演で終わった後も皆さんを笑わせていました。
私はチャッカリ彼の絵葉書を分けて戴き感謝です。
こころさんもご苦労様でした。
沢山の人が元気を貰っていました。

投稿: お梅 | 2007年2月26日 (月) 16時29分

笑点は、父が大好きな番組のひとつでした。

投稿: 藍弥生 | 2007年2月27日 (火) 08時28分

円楽さんの引退はとても残念です。笑店は大好きな番組です。まだ引退は早い!続けて欲しかった。歌丸さんも驚いてましたものネ。続ける事がリハビリにもなりそうだが御本人が納得できなかったんですね‥

投稿: なみちゃん | 2007年2月27日 (火) 14時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自動散水装置 | トップページ | 増富第3回修行 »