« おひな祭り | トップページ | 千の風になっての放送を聴いて »

2007年3月 4日 (日)

最高のおひな祭り

孫の家でおひな祭り。始め、ひな祭りの歌をみんなで合唱した。手巻き寿司、芹のおひたし、ソラマメ、里芋の煮物、蛤のお吸い、お漬物、手作りケーキ、みんなこっちの好みに合わせて造った心のこもった物が並んでいた。高級レストラン、料理店では絶対味わうことが出来ない幸福の味。みんな元気で、孫たちも積極的に後片付け手伝っていた。孫が送り迎え。お盆安曇野のお墓参りの後の計画も話し合った。

長生きしてよかった、もう少し生きていたい!しみじみそう思った。欲には制限がない。

|

« おひな祭り | トップページ | 千の風になっての放送を聴いて »

コメント

子供だ、孫だ、と思っていても、いつの間にか成長して、運転手も出来るし、ご飯も作ってくれるようになるし、ね。少子化問題って、もったいないね。子育てって大変だけど、お宝だもんね。環境ホルモン・育児支援体制・・・とひとことでいえないけれど、いたら、せかいは自分の意思どおりでないところで、広がるから、いろんな展開になるしね。ひな祭り、よかったねー♪

投稿: 藍弥生 | 2007年3月 4日 (日) 08時04分

暖かい家庭的雰囲気が伝わってきますね。私のボランティア先は経費節減で雛あられは出なかったが、昼食には給食の方々の温かい心のこもった海苔巻き寿司・お稲荷さん・菜の花のおひたし・蛤の吸い物・イチゴらが並んだ。今日は「安野光雅の世界」を見て「悪魔の飽食」を聴きに行きます。


投稿: お梅 | 2007年3月 4日 (日) 08時12分

♪明かりをつけましょ ぼんぼりに~♪
本当に 歌の通りの 「たのしいひなまつり」ですね。篠笛さんちの 子育ての結果が 今にあるのでしょうね。我が家にも そういう日が
やって来るのでしょうか?
私は 昨日 ばら寿司を食べながら 近くなら 母に食べてもらえるのに・・・と思いながら
ちょっと 悲しくなりました。

投稿: ふくろう | 2007年3月 4日 (日) 10時02分

 なっちゃんは今日、がんセンターに、先日他界されたA先生の追悼記帳に行ってきました。あまりにもそっけない記帳台で、悲しくなりました。違う意味でも涙が出ました。正面玄関近くには、おひなさまも飾ってあって、お雛様とお内裏さまはしずかに笑っていましが、なっちゃんはなんだか、気持ちが沈みました。日曜日でも駐車場も院内も人がいっぱいでした。外来はお休みでも病人にはお休みはないんだなあ・・と入院していた時のことを思い出しました。今、篠笛さんのあたたかい書き込みにふれてなんだか、ほっとしました。やっと心がなごみました。

投稿: なっちゃん | 2007年3月 4日 (日) 22時47分

家族で賑やかに雛祭り。いいですネ~羨ましいです。3日に記帳しに癌セ行きました。訃報の張紙や献花を見て涙止まらず。カードにお礼の言葉を書いた後、この先どの先生に頼ったら‥と茫然と記帳台の前に30分も居ました

投稿: なみちゃん | 2007年3月 5日 (月) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« おひな祭り | トップページ | 千の風になっての放送を聴いて »