« 増富帰還報告 | トップページ | おひな祭り »

2007年3月 2日 (金)

尊厳死(安楽死)事件判決

川崎協同病院:筋弛緩剤事件、医師に2審も有罪
 川崎協同病院(川崎市)で98年11月、気管支ぜんそくで入院中の男性患者(当時58歳)に筋弛緩(しかん)剤を投与して死なせたとして、殺人罪に問われた元同病院医師、須田セツ子被告(52)に対し、東京高裁は28日、懲役3年、執行猶予5年とした1審・横浜地裁判決(05年3月)を破棄し、懲役1年6月、執行猶予3年を言い渡した。

 原田国男裁判長は、1審同様に殺人罪の成立を認め、減刑理由を「呼吸を維持する気管内チューブを抜く際、家族の意思確認を怠ったという1審の認定は誤り」と述べた。懲役1年6月は、事件当時の殺人罪の量刑としては最も短い。

 控訴審では(1)筋弛緩剤投与が死因か(2)患者の死期が切迫し、家族の要請に基づき管を抜いたか--が争点となった。

 判決は(1)について、1審と同じく死因と認定。(2)については「死期が切迫していたと認められない」としながら、家族の要請がなかったとした1審判断を「合理的な疑いが残る」と指摘した。

 一方で「治療中止について法的規範も医療倫理も確立されていない状況で、家族からの要請に決断を迫られた。それを事後的に非難するのは酷な面もある」と情状を酌んだ。

 また、尊厳死の考え方にも触れ「尊厳死の問題を根本的に解決するには法律かガイドラインの策定が必要。司法が抜本的解決を図るような問題ではない」と「国を挙げて議論、検討すべきもの」との見解を示した。(以上インターネットやマスコミ報道内容から)

これは、終末期医療のあり方や、尊厳死やJBKにも重要な意義を持つ判決で、検察、被告両者の今後の出方が注目される。この種の事犯ではいつも死者本人の生前の遺志が問題とされる。世話になった医師に死後迷惑を掛けないためにも「リビング・ウイル(生前の遺書)」を常時携行している。近場の主治医にはその旨いつも話している。其の内容は次回に。

今日は孫のところのひな祭りにバアチャンと二人招待されている。近すぎるせいか二人揃っては久しぶり。

|

« 増富帰還報告 | トップページ | おひな祭り »

コメント

この病院に勤務している人を複数知っているので関心のある事でした。以前東海大学病院でもありましたね。大病になったら、意識がシッカリしている内に文章にして家族に伝えておかなくては・・と感じました。先日ボランティア先の知的障害者が心筋梗塞で倒れました・・手術を勧められた家族は「それ以上は・・」と断りました。経済的な事もあるのですが・・。

投稿: お梅 | 2007年3月 3日 (土) 07時45分

自分の意思で、できることとできないことがあるから・・・。生き方も死に方も、むずかしいですね。

投稿: 藍弥生 | 2007年3月 3日 (土) 17時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 増富帰還報告 | トップページ | おひな祭り »