« 春の差し入れ先の桃開花 | トップページ | リビング・ウィル(尊厳死の宣言書) »

2007年3月26日 (月)

後姿

ぶらぶら歩いていると、タッタッタと駆けるように迫ってきた足音に追い抜かれた。全身ブランド物で武装した女性だった。何気なく見るとコートの襟元からクリーニング店のシールが覗いていた。声を掛けたが、篠の声では一回では届かない。早足で近づいて教えてやった。女性は一瞬何かと身構えたが、言われた意味を理解すると澄ましてシールを取り棄て、何も言わずに立ち去っていった。安物香水の強い匂いが残った。お節介なんかしなけりゃよかった。テレビの影響か街で大和ナデシコが見られなくなった。

鏡なしでは自分の後姿を見ることは出来ない。誰もが、日常生活の中で気がつかないまま同じようなことを繰り返しているのかもしれない。気がついてもわざわざ注意してくれる人は少ない。それを教えてくれたのだと思えばお節介も無駄ではなかった。

人事ではない。出掛け前はよく注意しよう。

|

« 春の差し入れ先の桃開花 | トップページ | リビング・ウィル(尊厳死の宣言書) »

コメント

人事でないので、気をつけようっと。うちのココログは、スパンメール対策で、表示を入れると、入れるらしいよ。

投稿: 藍弥生 | 2007年3月27日 (火) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の差し入れ先の桃開花 | トップページ | リビング・ウィル(尊厳死の宣言書) »