« がん患者長生きの条件 | トップページ | 尊厳死(安楽死)事件判決 »

2007年3月 2日 (金)

増富帰還報告

今回の増富は、団体客はすべて女性。男はたった3人。それも挨拶だけで後はだんまりやさん。一人飛び込みできた、バイオリン弾きのお兄さんは中々人もよさそうで話しも上手、モット話たかったが一度会っただけ。浴槽の中に篠笛の音符を持ち込んで暗譜を試みたがあまり効果はなかった感じ。でも二回山に行って小雪の舞う中で千の風と一時間競演した。途中寒さで手がかじかんで諦めた。

バアチャンの情報。「九州から来ている婦人ガンの人が増富に来るようになって調子がよくなって、ついにガンが消えちゃって医者がびっくりしている」女の人だから直接聞くことは出来なかったが、そんな話聞くと嬉しいね。

増富から帰る。自動散水装置はちゃんと作動していて棚の話し相手はみな元気。
パソコン立ち上げてびっくり、着信メール25。ブログも日付け指定もバッチリ。4日間のニュースは先ずなんと言っても「こころちゃんの奇跡の女誕生」。よかった!の一言。この調子だ。藍ちゃんのびっくり腰は大丈夫かな?何時死んでもいい。とは大げさな。世の中いい人から順だからね・・・・?。梅ちゃん、なっちゃんゴミの収集日が減るってマジ?。家は俺がゴミ当番だから。A先生の急逝はびっくり。

先日の講演が、2月27日毎日新聞かながわワイド蘭に写真入で載っているのが送られてきていた。
折角持っていったパソコンの調子が今一。色々書き込んできたものが消えちゃった。旅疲れのようだ。これから棚の仲間ににゆっくり挨拶。身辺整理もポチポチ始めなくっちゃね。

家はいいね。また明日から頑張るからよろしく。

|

« がん患者長生きの条件 | トップページ | 尊厳死(安楽死)事件判決 »

コメント

お帰りなさ~い。ラジウム温泉はやはり治療同等の効果大!の様ですネ。散水装置バッチリで皆元気でよかった。主治医のA先生の急逝は凄くショックで途方にくれた。先生も患者だったから患者の気持ちをよく解ってくれて頼れる先生。ずっと先生に診て欲しかった。癌セに記帳台設けているとの事なので明日行きます

投稿: なみちゃん | 2007年3月 2日 (金) 15時02分

おかえりなさ~い。おるすの間も散水器は無事働いてくれていたようで、よかったですねえ。増富温泉でも練習された「千の風」を今度のコスモスで、きかせていただけないでしょうか?篠笛のせつない音色にのせるといっそう心に滲みることでしょう・・。

投稿: なっちゃん | 2007年3月 2日 (金) 15時24分

お帰りなさい!
ラジウム温泉絶対いいと思う!
源泉は飲むと胃腸にいいしね。
私も続けて行くつもりです。
最初はふ~んってそれほど真剣に聞いてなかった患者仲間も、最近は「私も行ってみようかな」とか「行き方教えて」なんて言ってる。
次なる私のチャレンジは「気功」です。
篠さんも早く「千の風…」をマスターして是非聴かせてください。楽しみに待ってます。

投稿: こころ | 2007年3月 2日 (金) 16時40分

ホーンと、びっくり腰に、困ってるけど・・・落としたものが、拾えないの・・・。つまり、やりっぱなしに拍車がかかるわけ・・・。なおったら、おそうじするから、なんて、かわいいうそ、ついてるわけ。寒そうな温泉だけど、行ってみたいね。

投稿: 藍弥生 | 2007年3月 2日 (金) 17時19分

昨日のこころさんのコメントとやら篠笛夫人の聞き取りやら・・矢張り増富温泉効果は抜群のようですね。私もイザ!という時の安心が出来ました。冷泉なので私は、もう少し暖かくなったら・・とします。胃腸に良いなら行かなくては。3月末には元同僚は七日間いくよ~と連絡がありました。無論ガン太郎も同行です。

投稿: お梅 | 2007年3月 2日 (金) 17時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がん患者長生きの条件 | トップページ | 尊厳死(安楽死)事件判決 »