« 植え替え・孫の成長 | トップページ | JBK友の会有志初会合 »

2007年3月15日 (木)

人権相談・筋道論

朝食を終えて庭で植え替えをしようとしていたところ、「今日は相談日じゃないの」バアチャンから言われるまで、法務局の一日相談当番をすっかり忘れていた。物忘れは確実のものと実証。でも何とか間に合った。隣席の方の優しく、相手の立場になり切った相談対応は勉強になった。

重要予定をバアチャンの部屋のカレンダーにも書き込んでおいたのが役に立った。

夕方異業種の方に声を掛けられていて、その方に頭が行ってしまっていたようだ。

始めて行った店だったが中々風流で料理も美味しかった。傍から見ると別世界の高嶺の花的羨ましい職場だと思っていたが・・・。何処の世界も人が集まると派閥、中傷、オベッカ、投書、自己中心的、足の引っ張り合い、は日常茶飯事。濁り水の中で清く正しく正義を貫くことの難しさが話題の中心となった。それをやりぬく道は只一つ、「身を棄てる覚悟」だと言う話し振りは歯切れがよくて気持ちがよかった。(もっと具体的に書けないのが残念)筋を筋として通すことの大変さ・大切さを教わった。もう一つ「馬鹿な上司は敵より怖い」ある先輩の言葉が浮かんだ。

乾杯のビール一杯は手をつけてしまった。

|

« 植え替え・孫の成長 | トップページ | JBK友の会有志初会合 »

コメント

バカな上司は、敵より怖い、おっと、気をつけよう、と思う人もいるのでは?賢い上司も、怖い気がするから・・・「ほどほどの上司は、家族以上」っていうのは、どう?

投稿: 藍弥生 | 2007年3月15日 (木) 00時36分

ボランティア先も今、介護福祉士さんの待遇が悪く、転職したりで人手不足です。辞める人の陰口を聞いたり・・今、嫌な~雰囲気です。福祉の世界に「愛」は余り期待出来ない・・現実です。

投稿: お梅 | 2007年3月15日 (木) 05時56分

梅ちゃん{福祉の世界に「愛」は余り期待出来ない}それが現実・・・。とは情けないし問題だね。年寄りが無理して生きていくのを躊躇してしまうよね。梅ちゃん一人になっても頑張ってもらわなければね。
今日はこれから無償の愛をふんだんに与えてくれる盆栽の植え替え。夕方は楽しい仲間たちと豪華な会食。楽しみ。

投稿: 篠 | 2007年3月15日 (木) 10時15分

昨夜テレビを観ていたら 元有名な会社の常務が 退職後全く別な好きな事をしているときの顔の違いを 指摘されて・・・会社ではこんな顔をして仕事なんて出来ませんでしたよ!なんて 別人のようなにこやかな顔で答えているのがとても印象的でした。篠笛さんのコメントで思い出しました・・・・

投稿: ふくろう | 2007年3月15日 (木) 11時01分

「篠笛の君」へ
 
五行歌もどきの戯れ言を一句。

   ジーパンに事寄せて
   ジイチャンに甘える
   「孫の手」に
   代わるほどの
   ものはなし

別途、返信メールを書きました。


投稿: 言語楼 | 2007年3月15日 (木) 17時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 植え替え・孫の成長 | トップページ | JBK友の会有志初会合 »