« ブログ・ファン | トップページ | 篠笛発表会・孫の手伝い »

2007年3月18日 (日)

篠笛発表会・かながわQOL研究会

篠笛発表会、横浜久良岐能舞台。紋付・袴を着るのは3度目。着付けは近所の美容室の先生。一財産掛けただけあって見栄えはいいらしい、皆笛を褒めずに紋付袴を褒めてくれる。演奏曲目は「ふるさとの・晩鐘」何度吹いても思うように吹けない。出たとこ勝負「無心」になって吹くことが出来るかどうか。

今年はクラス当番で会場の整備・受け付け・進行すべてをやることになっているため集合時間が早い。孫がボーイフレンドと送ってくれる。孫は先生の京都発表会の時バアチャンと同行して先生ご夫妻と顔見知り。終わってからの反省会の乾杯の音頭をすることになっているから途中で逃げるわけにはいかない。

第62回かながわ・がんQOL研究会に出席。
「サブリメントの功罪について、がん補完代替療法の観点から」金沢大学鈴木信孝教授
「最近の音楽療法について」音楽療法家那須弓子先生
二人の話を聞いた。鈴木教授の話は面白かった。
トマト、ピーナツの皮が健康にいいということが頭に残った。
かなりの盛会だった。こころちゃん、なっちゃんの顔も見えた。

|

« ブログ・ファン | トップページ | 篠笛発表会・孫の手伝い »

コメント

孫も頼もしくってうれしいね。篠笛、たのしんで、ふいてね♪

投稿: 藍弥生 | 2007年3月18日 (日) 08時43分

今年は「ふるさと」を吹かれるのですか・・聴きに行かなくて残念でした。唱歌「ふるさと」の作詞家高野辰之は信州出身でしたね。この歌を国歌にしたい・・なあ~んて言う人もいます。

投稿: お梅 | 2007年3月18日 (日) 16時15分

お天気にも 恵まれ 紋付袴姿で 篠笛を吹く
篠笛さん 素敵でしょうね!舞台で聴く笛の音はまた 格別なのでしょうね。次回には 是非行きたいです。
そうそう トマトの皮をむいて食べていたのですが これからは 皮付きで食べるようにします。

投稿: ふくろう | 2007年3月18日 (日) 21時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ・ファン | トップページ | 篠笛発表会・孫の手伝い »