« 終末期医療の指針骨子 | トップページ | 目標・目的が人間を強くする »

2007年4月12日 (木)

ありがとう10万回で癌消滅

先日のコスモスで病室から参加した人、「こんなこと言うと馬鹿みたい。と笑われるかもしれないけど。どこかに、信じたい気持ちあるんです。{ありがとうございます。と10万回言ったらガンが治った}と言う話なんです。挑戦してみたが途中で雑念が入ってしまう。でも、こんな話でも縋りつく藁になるじゃありませんか」話す本人も、誰も信じられないそんな話も、何もないよりましだ。かなり厳しい状況の人がこの前とはまったく違って、元気で笑いながら話すものだから、皆が一斉に笑い出して会場の雰囲気は和やかになった。「来月もみんな元気で参加しよう」病室に引き上げる人も笑顔で握手して帰っていった。

こんな素晴らしい話この間は何か落ち込んで、書き落としていた。この笑顔を絶やしたくない。
奇跡は信じない人のところには起こらない。「負けてたまるか」の精神を忘れず、奇跡の人に変身。

町内会の長老(88)が亡くなってお通や。また一人先輩がいなくなり順番が近づいてきた。精進落としの席は老人会の会合みたい。お通やを楽しみにしているのかと思うくらい、せっせと摘まんで、飲んで噂話に夢中になって、足元がふらふらしてもなかなか引き上げようとしない人もいる。桃の花を引き取ってくれた人が何人かいて、まだ咲いていますとお礼を言いながら挿し木して付いたら是非くださいとチャッカリ注文。自転車だからと皆の心配顔を後に引き上げた。南無阿弥陀仏。

一日中庭で植木たちと遊ぶ。心配していたウチョウランが動き出してきた。どんな花を咲かせるか楽しみ。

|

« 終末期医療の指針骨子 | トップページ | 目標・目的が人間を強くする »

コメント

素敵なお話ですね。 私ももし同じ境遇に立ったら‥ そう信じたいし そういう気持ちを忘れない人間でありたいです。
まだまだ修行を積まなくちゃですね。

投稿: くれおぱとら | 2007年4月12日 (木) 20時48分

そうですよ。感謝の気持ちと笑いは大事です。
進行性胃がんの患者さんが主治医に笑って過ごしなさいと言われ、そうして過ごしたらなんと1年後には萎縮性胃炎になっちゃったそうです。笑い療法士仲間(医師)の患者さんの実際にあったお話です。すごいでしょ!!ばかばかしいなんて言わないで、お笑い番組でも見て笑わなきゃ!

投稿: こころ | 2007年4月12日 (木) 21時41分

嫌な事はすぐ忘れ、楽しい目標を持って生きなくちゃ~!最近そんな事を感じています。でも、実行が難しい。昨日も国会で「改憲手続き法案」が通り怒り心頭。

投稿: お梅 | 2007年4月13日 (金) 06時46分

ありがとうって、大事だよね。どんな小さなことにでも、つぶやいていたら、きっと10万回、すぐだね。

投稿: 藍弥生 | 2007年4月13日 (金) 06時59分

コスモスに参加できませんでしたが、今回も感動的なお話がいっぱいだったようですね。篠笛さんのおかげで欠席しても定例会の様子がうかがえて参加したような気持ちになりました。ありがとうございます。
仕事の都合で定例会をしばらくおやすみさせていただくことになりました。このブログを拝見させていただくことで、今まで通り参加していくつもりでおります。これからもよろしくお願いします。

投稿: さり | 2007年4月13日 (金) 22時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 終末期医療の指針骨子 | トップページ | 目標・目的が人間を強くする »