« 待合室風景・マーカー下がる | トップページ | 松坂大輔に付き合った一日 »

2007年4月 6日 (金)

ベルマーク新聞・心の架け橋

「ベルマーク新聞」というこれまで見たこともなかった新聞が送られてきた。
この新聞の第403号(4月10日発行)に「{負けてたまるか}病との闘いも」というタイトル、囲みの4段署名記事で、病と闘う篠笛やお袋のこと、JBK友の会のことなどまとめた記事が載せられている。筆者はブログのコメントにも何回か書き込みをしてくれたことがある、30年来のお付き合いの元事件記者氏。篠が忘れてしまったようなことまでふんだんに盛り込まれれている。千の風になった仲間やお袋の喜んでいる顔が目に浮かぶ。

一緒に送られてきた「402号」には筆者が少年時代呉服店経営だった家の手伝いで雪の降る晦日に3000円を集金して帰って来た時、「お客さん一人ひとりのお陰で,生きとっとよ」と世の中の仕組みを教えたお母さんのことを書かれた「雪の夜道、{3000円}の灯は今も」は泣かされる。また、「人は様々な人に支えられて生きている。少しでもお返しが出来たらまた素晴らしい」文中にあるこの言葉、ズッシリ重く受け止めた。

デカ(探偵)とブンヤ(記者)は事件を挟んで抜こう、抜かれまいといった微妙な関係で繋がっている。お互い腹の探り合いで時には敵対する時もある。それが、退職して20年もオー、ヤアーと付き合いが継続しているのは一般的には世にも不思議な物語である。そこにあるのは、「人生・人様のお陰。お世話になった人に恩返しを。人は心と心」というお袋の愛情・教育を忘れず抱き続けていることが「心の架け橋」となっていたのだと今回送られてきた新聞を見て強く感じた。
二つの記事いつか「JBK友の会」の読者の皆さんにも読んで頂きたいとコピーした。コメント有志会楽しみ。

控え目に咲き出したムベの花が満開。珍しげにジーと見て、「何の花ですか?」とわざわざ聞きに来る人もいる。去年種蒔きして芽を出したのをプレゼント用に鉢揚げした。

万能葱、サニーレタスの苗を是非欲しいという人が居て差し上げた。最近は花屋か植木屋さんになったみたい。先日蒔いたモロッコインゲンの土の表面が少し地割れしてきた。いよいよ発芽だ。鳩に用心。色々忙しい。

ブログの発信時間を少し変えてみた。昨日注射したせいか、発作に2回襲われた。そんなことに「負けてたまるか」

|

« 待合室風景・マーカー下がる | トップページ | 松坂大輔に付き合った一日 »

コメント

朝の4時半にブログを書いているんですか?
私は深夜便を聴きながら寝ているんですが・・今朝はホォークソング特集をやっておりツイツイ聴いてしまい寝不足です。副作用の発作に「負けてたまるか!」ね。
今日はボランティア先では養鶏のお手伝いです。天気が良く楽しくやれそう。

投稿: お梅 | 2007年4月 6日 (金) 06時03分

新聞、よんでみたいなあ。いま、専門学校の授業の準備してるんだ。青春の言葉や、いろんなことも、添えてやりたいな。

投稿: 藍弥生 | 2007年4月 6日 (金) 06時50分

記事楽しみにしています。
患者として、また患者会を通してお世話になった婦人科の科長(婦長)さんが4月からこども医療センターに異動になりました。今日は引継ぎのためがんセンターにみえるというので感謝の気持ちを伝えに行って来ます。充実した患者会を継続していくことが恩返しなるのかなと思っています。でもお別れは淋しいね(涙)

投稿: こころ | 2007年4月 6日 (金) 07時06分

二つの記事 是非読ませてください。愉しみにしています。今朝は 真夜中の息子からの 春休み中の 子供達のお礼やら 家族のこと 姉が 名古屋から関東に転勤になって 喜んでいる事 仕事の事~長々とメールが届き何だか 涙がこぼれて・・ 35歳の愚息も 随分大人になったんだなあと 感動しました。 いつも お世話のなった方々への感謝の気持ちも忘れないで居てくれるのも親としても嬉しい事です。
さあて 返事のメールは 気合を入れて書かなくちゃあ・・・・朝から 泣かされた ふくろうでした。

投稿: ふくろう | 2007年4月 6日 (金) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 待合室風景・マーカー下がる | トップページ | 松坂大輔に付き合った一日 »