« 昔の仲間 | トップページ | ありがとう10万回で癌消滅 »

2007年4月11日 (水)

終末期医療の指針骨子

尊厳死や終末期医療について関連のリビングウイルなどと共にこのブログでも何度か取り上げてきた。先日厚生労働省で終末期医療の指針骨子をまとめ発表した。新聞を見る限り、肝心の延命中止と刑事責任などについては棚上げされており中途半端なもの。塩爺がコメントで心配しているので発表の要旨などに触れておく。

 厚生労働省は9日、死期が迫った患者に対する終末期医療の決定手順について、「患者本人の決定が基本」と定めた初めての指針を大筋で決定した。患者の意思を文書に残すことを明記し、患者の意思が確認できない場合は「家族と医療従事者との十分な合意が必要」と指摘した。さらに、医師の独断によるトラブルを避けるため、複数の医療従事者によるチームでの判断を求めた。

 指針は、厚労省の検討会(座長・樋口範雄東大教授)がまとめ、本編と解説で構成。細部を修正のうえ、近く厚労省が正式決定し、自治体などを通じて全国の病院に周知する。人工呼吸器の取り外しの基準や、刑事責任の免責などには踏み込んでいない。   

終末期医療の指針骨子
1 患者本人の決定を基本として終末期医療を進めることが最も重要な原則。
2 医療の開始、不開始、変更、中止などは医療・ケアチームが慎重に判断する。
3 治療方針の決定に際し、患者と医療従事者の合意内容を文書化する。
4 患者の意思を推定できない場合は家族と話し合い、患者にとって最善の治療方針をとる。

としているが,肝心の延命中止と刑事責任については棚上げされており中途半端。まだまだ人生の締め括りをお上には任せられない。最期は自分で決めなければならない。最低でもリビングウイルは必要。そんな思いを新たにした。

三途の川は篠笛を吹きながら悠々渡りたい。それが残された夢のような大切な夢。日々を悔いなく、周りの人に感謝、心と心の絆を大切に生きることがJBKに繋がる。そう信じたい。

|

« 昔の仲間 | トップページ | ありがとう10万回で癌消滅 »

コメント

まだまだ篠笛さんに 三途の川は渡らせません。
今日はかわいい樹木をありがとうございました

感謝の気持ち、心のつながりの気持ちを忘れずに育てられたら 立派に育って幸せに換金されるかな??

日々の小さな幸せこそ大切に感じながら 私もそう育って行きたいです。

あ!私はもう遅い??(笑)

投稿: クレオパトラ | 2007年4月11日 (水) 20時49分

クレオパトラさん、いつもお世話になっていて、感謝を忘れたことはありません。これからもよろしくお願いいたします。
篠笛のコメントにクレオパトラさんがお二人いるような気がする。

投稿: 篠笛 | 2007年4月11日 (水) 21時29分

尊厳死や終末医療の受け方を、昨年、千の風になった友人は家族にキチンと気持ちを伝えており、ご主人も娘さんも実行しました。ご家族は、がんセンターにも多額の寄付をして彼女の気持ちを生かしていました・・。自分にそんな事が出来るか・・。

投稿: お梅 | 2007年4月11日 (水) 23時01分

義父も、最後にお世話になった、介護5のときの老人ホームに、香典を寄付しました。信頼できる人たちにかこまれていると、しあわせですね。

投稿: 藍弥生 | 2007年4月12日 (木) 00時08分

篠笛さんのJBKの呼びかけや、活動はささやかなものかもしれないけれど、少しづつうねりとなって人々(患者)の心に届き、それが行政が動くきっかけのちいさなパワーのかけらくらいにはなっているかも・・。だって、尊厳死、延命治療、リビングウイル等、偶然かもしれないけれど篠笛さんが以前から問題定義していることに、政府がここに来て、関心をしめし始めているでしょ?ちょっと、うれしい・・。

投稿: なっちゃん | 2007年4月12日 (木) 00時34分

そうですね。患者が声を上げていかないと、何も変わらないかもしれませんね。そして医療現場も行政も、もっと患者の声に耳を傾けてほしいです。

投稿: こころ | 2007年4月12日 (木) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昔の仲間 | トップページ | ありがとう10万回で癌消滅 »