« 楽しい送別会・退職金の行方 | トップページ | 故郷・安曇野紹介 »

2007年4月27日 (金)

浅間風露(あさまふうろ)

松本から嫁入りしてきた名前の分からなかった花の名前が分かった。これだけきれいな花に名前がないのはおかしいと図鑑を引いて「浅間風路(あさまふうろ)」と分かった。天皇陛下が那須に行啓なされた時目に止められ,詩に詠まれたこともあると言われる由緒ある花だった。花は小さく野山では他の草木に埋もれて余り目立たないかもしれないが、それがまた可愛い。

道路掃除をしていて懐かしい香りで気がついた。庭先の石垣から乗り出したリラの花が咲き始めていた。毎年必ず咲いて道行く人の足を止めている。一応剪定をして形を整えてあるから褒められてもあげられない。香りだけで我慢してもらっている。

安曇野で小学校の同窓会。お昼に明科の駅に迎えが来てくれて昔遊びまわった山を散策させてくれる計画。夜は犀川の畔の宿で篠笛を吹く。

|

« 楽しい送別会・退職金の行方 | トップページ | 故郷・安曇野紹介 »

コメント

同窓会、たっぷりたのしんできてね。みんなに、篠笛、きかせてあげてね。

投稿: 藍弥生 | 2007年4月27日 (金) 07時02分

「浅間風路」ってどんな花かな?調べてみよっと。
今日は童心の戻って楽しんで来てください。

投稿: こころ | 2007年4月27日 (金) 07時20分

「あさまふうろ」見てみたいですね!きっと 前に出ずに そ~っと 静かに咲いているのかしら?そんな花のようになりたいです?
小学校の同窓会 いいですよね。私は今年秋に卒業50周年を先生ご夫妻をお迎えしてホテルで一泊(神戸)して開催する事に決まりそうです。神戸へ帰るたびに 小学校の仲間数人(男子が多い)と ずーっと欠かさず会って食事をしながらワイワイやって愉しんでいます。何よりの宝物です!

投稿: ふくろう | 2007年4月27日 (金) 09時55分

篠さん、安曇野に行ったのか。いいなあ。
雪が残っている北アルプスは素晴らしかったでしょう。手前にある、子供たちの10円募金などで、建てられたという碌山美術館が、また素晴らしい。私は30数年前に仕事で行きましたが、そのときの印象が今でも鮮明に残っています。
碌山は、カレーでも有名な、東京・中村屋の創業者夫婦が支援したというのですが、あの美術館を思い出すたびに、安曇野の人たちの文化を愛する気持ちがしのばれて、ホッとしますよね。

投稿: 異風坊 | 2007年4月27日 (金) 11時01分

安曇野には昨年千の風になった人と数回行った思い出の地です。
浅間風露は同じく彼女と仙石原湿性花園でみました。可憐な花ですね・・。浅間山と関係あるのかな?。

投稿: お梅 | 2007年4月27日 (金) 17時08分

今日はさわやかでしたね。浅間風露って、初めて聞く名前です。どんな花か想像もつきませんが、篠笛さんの文章を読んで、どこかでいつか出会うのが楽しみになりました。安曇野は3回行ったことがあります。いつも秋です。なっちゃんのふるさとではないのですが、心のふるさとのような気がしています。

投稿: なっちゃん | 2007年4月27日 (金) 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 楽しい送別会・退職金の行方 | トップページ | 故郷・安曇野紹介 »