« 選挙棄権の訳・バアチャンの声 | トップページ | 奇跡の配達人 »

2007年4月 9日 (月)

奇跡を祈る

篠笛教室。コスモス。

これでもか、これでもかと襲ってくるガン太郎に必死で闘いを挑む中で、幸せを見出した夫婦の絆。共に奇跡を祈るより他に道がないことが切なかった。言葉で言い表すことの出来ない、そんな壮絶とも言える真剣な集まりだった。
行く前は雷を伴った雨だったのに、外に出ると嘘みたいに上がっていた。奇跡が起こる前兆かもしれない。そんな淡い期待を持ちたくなった。帰り道、雨に打たれ散った桜の花びらで敷き詰められた坂道を登る時、自転車が泣いていた。疲れた。

|

« 選挙棄権の訳・バアチャンの声 | トップページ | 奇跡の配達人 »

コメント

だいじょうぶ!獣医さんが、ついてるから?ね。

投稿: 藍弥生 | 2007年4月10日 (火) 00時01分

「負けてたまるか」の精神を持ち続けて、是非、是非、頑張ってほしい。どんなことをしてもガン太郎に負けるかと闘ってほしい。何も出来ないけど、頑張っている姿に声援を送っているブログの友達がいっぱいいますよ。

投稿: 異風坊 | 2007年4月10日 (火) 09時22分

私は仕事の関係でコスモスにはあまり出られないが、出席すると胸が熱くなるし仲間が居て嬉しい。夫婦愛が強くて羨ましい!私の婚約者は私の癌の為、去っていった‥多重癌を患い、何で私ばっかりが‥って思った。でも負けないゾの精神ダネ!

投稿: なみちゃん | 2007年4月10日 (火) 09時32分

初めまして。
昨日はありがとうございました。
下○さんとお母さん、とても励みになったようです。

下○さんは三重の方で、お母様は2週間に1度位の割合で、神奈川に来られているようです。

とても、心配で仕方が無かったかと思います。
昨日のコスモスで、元気を貰ったと仰られていました。
視野が少し広がったとも仰られていました。
いわのりも皆さんと、下○さん、お母様のお話で、励まされました。

投稿: いわのり | 2007年4月10日 (火) 09時44分

みんな頑張っているんですね。
奇跡は奇跡を信じる人に起こるものだと思います。ですから「治る…治る…」と先ずは思うこと。そして笑顔、感謝を忘れないでいればきっといい方向に行くような気がします。私はそう思って日々過ごしています。それに獣医さんもいることだしね!?

投稿: こころ | 2007年4月10日 (火) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 選挙棄権の訳・バアチャンの声 | トップページ | 奇跡の配達人 »