« 延命処置中止 | トップページ | 「つぶやき」AC提出文 »

2007年5月24日 (木)

母娘殺害・やり直し裁判

山口県光市

の本村洋さん(30)宅で1999年、妻弥生さん(当時23歳)と長女 夕夏ちゃん(同11か月)が殺害された事件で、殺人罪などに問われ、12で無期 懲役の判決を受けた元会社員(25)(犯行時18歳)の上告審で、最高裁から差し戻された第一回のやり直し裁判が始まった。

殺された妻と娘の遺影を持って傍聴した被害者のご主人の言い分は一言一言胸を打つ。一方21人もの弁護団の言い分はこじ付けで説得力がない。死刑廃止論者ならその一点に絞るべき。それにしても時間が掛かりすぎる。

よいお天気に恵まれ終日畑で過ごす。葱に肥料をやりすぎたらしい、赤錆病が出てきた。なす、キュウリ、モロッコインゲン、枝豆、レタス、トマトなどは今のところは順調。

植木相談2件。

スポーツセンターで1時間、手の痺れは取れない。

|

« 延命処置中止 | トップページ | 「つぶやき」AC提出文 »

コメント

加害者の家族は以外にも「死」で償って欲しいと思っているかな~と思う事もある。私は死刑廃止論者なので、無期で生涯生きて罪を償って欲しいと思っている。未成年だったからといって、軽くはしてはいけないが・・。

投稿: お梅 | 2007年5月24日 (木) 23時07分

「私を裁ける者はこの世にはいない。無期になっても10年もすれば出てくる」
裁判後、被告が友人に宛てたこんな内容の手紙が、最高裁判所が差し戻しした大きな理由に挙げられているように思う。
無期といっても一生涯刑務所にいる訳ではない。被告が言うように10年もすれば出てくるらしい。そこが問題。
間違いのない様に見守りましょう。

投稿: 篠笛 | 2007年5月24日 (木) 23時58分

どうして、10年もすると、出てこれるの?ずーっと、いるんじゃないの?

投稿: 藍弥生 | 2007年5月25日 (金) 06時15分

無期というのは 死ぬまでだと 思っていましたが 出てこられるなんて??
篠笛さんの畑は 沢山の種類があるのですね。
先日 枝豆を~とありましたが カメムシはつきませんか?我が家では 枝豆は 殆んど虫たちに食べられて いつも農夫が困っています。
教えて下さい。

投稿: ふくろう | 2007年5月25日 (金) 09時20分

狭い畑に色々植えすぎて、病気が出てきた。
虫はこまめに見たらつぶす。それと、畑の周りに藪がありませんか、そこを住処にしていることが多い。植物と離れているから消毒しても影響は少ない。
ただ周囲に他の人の畑があると、問題だね。無農薬栽培は思ったより大変な作業だね。
暇が見つけて畑に出ること。そして、1に愛情、2に愛情、3.4も愛情と根気。
美味しい野菜を食べるのは大変だよ。

投稿: 篠笛 | 2007年5月25日 (金) 09時56分

シイタケの木の面倒を見ていますが、大変です。木は日のあたる場所には置けないし、雨があたらないとだめなんです。
敷地が狭いため両方に適した場所がなく、晴れの日は日陰に、雨の日は雨のあたるところに移動します。
今朝も動かしてきました。本数が少ないからまだいいんですが、こんなことをやっていて秋にシイタケが出るんですかね。

投稿: 則天去私 | 2007年5月25日 (金) 11時23分

何でも育ててみれば作っている人の苦労が分かります。(ブログもそう、やってみて大変だと思っている)面倒見ているんじゃなくて、面倒見られているんじゃないの?。一つでも食べられたらいい。と思って面倒見てやってください。
先月安曇野に行った帰り、友人が今朝採ったばかりだと言って、生しいたけを沢山くれました。今が時期じゃないの?マア大事に面倒見てやれば2~3年は採取できると思う。乾燥、ナメクジに注意。

投稿: 篠笛 | 2007年5月25日 (金) 12時12分

畑の無農薬野菜つくりの件 有難うございます
我が家は 八景島の見える山の上にある 横浜市の貸し農園です。毎日車で 農園通いをして
います。お陰で 取立ての穴のあいた野菜を
その日のうちに 口に入るようにしています。
こころして 戴かないと バチがあたりますよね~何事も「愛情」が大切なんですね。

投稿: ふくろう | 2007年5月25日 (金) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 延命処置中止 | トップページ | 「つぶやき」AC提出文 »