« がん対策推進基本計画案 | トップページ | 「1,2の3で温泉に入る会」講演 »

2007年6月 1日 (金)

探偵仲間の会・短気は損気

昨日は昔の探偵仲間との会合。声を失った直後A市内で発見された白骨死体の事件捜査に従事した探偵の仲間。15人中欠席者1名だけ。現役が4名。最年長者は篠。この事件を実名で取り上げて書いた、菊池寛賞受賞者の元ブンヤさんも特別参加。

始めて使う会場で、駅から徒歩7分だが物凄い雷雨の中タクシーに乗ったのが失敗。横浜をよく知らない運転手。地図を見せても「この地図がおかしい?」と、さっぱり分からずまごまごするばかり。腹を立てて降りたのがまた失敗。降りたところが高速道路沿いで道を尋ねるにも人がいない。幹事さんが携帯を掛けて来たが場所の説明が出来ない。土砂降りの中元に戻って歩きなおした。15分遅れた。「急がば回れ」「短気は損気」

各自の近況報告はそれぞれの個性が出ていて興味があった。一人ひとり書く余裕がない。愛知の人質事件が大きな話題となった。様々な意見が出たが「負傷した仲間を5時間も放置・救出しなかったことに強い憤りを持っていた。指揮官不在」と言うところでは完全に意見が一致。17年前、一人息子を凶刃に奪はれたお父さん、多くは語らなかったが「装備、体制・・・改善すると言っていたが何も改善されていない」つぶやくように漏らした一言、警察庁のお偉いさんに聞かせてやりたい。

「ねんねころいち」「荒城の月」「千の風になって」を吹いた。お偉いさんが去年より格段上手くなった。と褒めてくれた。(去年は駄目だったのかな?)笛でお開きとなった。店の従業員、「千の風もう一度聞きたい」と精一杯のお世辞で送り出してくれた。帰り駅のタクシー乗り場はこれまで経験したこともない長い行列。今度は辛抱強く待った。疲れた。

|

« がん対策推進基本計画案 | トップページ | 「1,2の3で温泉に入る会」講演 »

コメント

 篠さんの怒っている様子が、目に浮かびます。それだけ怒るということは、若いということでしょう。
 まだまだ修行が足りません。それでは三途の川は渡れませんよ。
 

投稿: 異風坊 | 2007年6月 1日 (金) 14時27分

長男が、駅で傘があたったとかで、サラリーマン同士がけんかしていたのを、止めてきた、といって帰って来ました。いいことしたね、といいつつ、とばっちりもあるんだから、といったら、だいじょうぶだよ、フツーのリーマンだったから。心を込めて,謝ればすむことなのに、若者の謝り方が、下手なんだよ。ほんのちょっとのことで、殺しちゃったり、があるんでしょうね・・・。

投稿: 藍弥生 | 2007年6月 1日 (金) 17時15分

雷雨の日の探偵仲間の会合での篠笛、好評だったようですね。なっちゃんもしのぶえさんの篠笛は聴かせていただくたびに、音色が伸びやかになり、ますます心に届くように感じます。7月のコスモスの温泉ではたっぷり聴かせてくださいね。楽しみにしています。

投稿: なっちゃん | 2007年6月 1日 (金) 23時49分

探偵仲間の会のブログ、読ませていただきました。土砂降りの中難渋されたこと、次回案内の反省材料ですよね。幹事任せで申し訳ありません。よく検討、補助したいと考えます。皆さんの懇談からまた1年分の元気を貰いました。また心に残る篠笛の演奏有難う御座いました。バイタリティの源は何でしょうか?。感銘します。順にブログを読ませていただき、親父さん力を習いたいと思ってます。

投稿: 片吹生 | 2007年6月 2日 (土) 18時20分

片吹生さんいらっしゃい。楽しい会で時間を忘れていました。へたくそな笛を長く吹きすぎ反省しております。
でもみんな元気でいいね。
次回が楽しみです。

投稿: 篠笛 | 2007年6月 2日 (土) 18時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がん対策推進基本計画案 | トップページ | 「1,2の3で温泉に入る会」講演 »