« キャンサーリンクかながわ設立 | トップページ | 延命中止は患者の意思で »

2007年6月 5日 (火)

五行歌織り込み文章

都内でAC文章仲間の研究会。7時50分に出たが10時の開始時間ギリギリだった。心配して途中までネコお母さんが迎えに出ていてくれた。嬉しかった。欠席者もあって総勢12名、皆顔見知り。10時から16時までビッシリ、それぞれの文章に順番に意見交換。みんなベテランで涙を誘うようなものもあった。事実をそのまま書いたものが共感を呼んでいたようだ。                         

自由課題に「残された命」と題して五行歌二首を組み込んで1600字、余命宣告から揺れ動く近況をある程度正直に書いて提出した。出席が危ぶまれたから、欠席理由になればと言う思いもあった。先生から香典代わりだろう講評は絶賛。五行歌が効果的だったようだ。     

諦めを

先に歩かせないで

今日一日を

生きてみよう

明日は晴れかもしれない

先生のお話の後、篠笛を3曲(ねんねころいち、千の風になって、荒城の月)吹いた。先生から特別「小沢昭一のしみじみ夢淡きふるさと」のCD.と、小沢昭一の文庫本「散りぎわの花」を頂く。散りぎわの花は先生が解説を書かれていてよい記念になった。先生にはイワヒバの古木を差し上げる。花好きの人から「白い月見草」の苗を頂く。去年種を貰って蒔いてみたが一本も発芽しなかった。今年の花は無理かもしれないが来年が楽しみ。是非見たい!!。代わりに家から珍しそうな小物を少し持って行ってやった。喜ばれた。

反省会を断って、湘南スカイラインで早く横浜駅に着いたのが失敗、探偵仲間にバッタリ、狸小路で豚足。駅からの自転車は堪えた。充実した一日だった。

|

« キャンサーリンクかながわ設立 | トップページ | 延命中止は患者の意思で »

コメント

散りぎわの花って、おもしろい?読んだら、みせて。活字中毒のわたしでした。

投稿: 藍弥生 | 2007年6月 5日 (火) 23時21分

我が家の狭い庭にも紫陽花が咲いてきた。ご近所さんが「沢山さいたら少し下さい」との事。紫陽花にも色々あるらしい・・。ひまわりの芽もグングン伸びて、篠笛さんの影響で草花にも元気を戴いている。

投稿: 梅 | 2007年6月 6日 (水) 07時11分

 最近は、大勢の若いお母さんを相手に話をする機会が多い。そんな時、篠さんの頑張っている話もする。みんなうなずいてくれる。 篠さんが、まったく知らない人たちの間に、飛んで行く。飛んで行った先の家庭の団欒のなかで、花を咲かせているだろう。
 明日も、若いお母さんとの話し合いだ。また熱っぽく語ろう。
 
 

投稿: 異風坊 | 2007年6月 6日 (水) 14時54分

 最近は、大勢の若いお母さんを相手に話をする機会が多い。そんな時、篠さんの頑張っている話もする。みんなうなずいてくれる。 篠さんが、まったく知らない人たちの間に、飛んで行く。飛んで行った先の家庭の団欒のなかで、花を咲かせているだろう。
 明日も、若いお母さんとの話し合いだ。また熱っぽく語ろう。
 
 

投稿: 異風坊 | 2007年6月 6日 (水) 16時26分

こんばんは!。充実の1日の最後の出会いが、昔仲間との「狸小路」で・・・。は私にとっても懐かしい思いの地です。長いことご無沙汰ですが。山紫陽花の指し芽戴きたいです。前に連絡のお電話をいたします。

投稿: 片吹生 | 2007年6月 6日 (水) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キャンサーリンクかながわ設立 | トップページ | 延命中止は患者の意思で »