« こころちゃんのお墓参り | トップページ | ウグイスのお見舞い・篠笛機関誌の取材 »

2007年7月 9日 (月)

鬼の霍乱

朝起きようとすると、眩暈、吐き気。食欲不振、足元がおぼつかない。朝、昼食食べられず。篠笛教室、コスモスは欠席。

午後になっても改善なく医者に行く。院長ではなく若い女医さんだったが親切に診てくれた。はっきりした病名は分からないが脱水症状かもしれないと、一時間かけて点滴。

コメントにも稀に書き込んでくれる看護師さんに「鬼の霍乱。いよいよお迎えが来たのかもしれないね」そんな無駄口を言っても「時間掛かるから奥さんに電話しましょうか?」などと色々気を遣ってくれた。何気ない親切が心癒され何よりの薬。

「遅いから点滴だと思ったよ」とバアチャンおかゆを作っていた。原因がはっきりしないのが少し気がかり。(副作用・冷房病?)

何人もの方からお見舞いのお電話やメールを頂戴して元気が出てきた。有難うございました。

お粥すすってから植木に水やり。幾つかの鉢が心配気にうな垂れていた。

病になって

しみじみ知る

人の情け

健康の

尊さ

千の風になるまでは元気でいたい。

|

« こころちゃんのお墓参り | トップページ | ウグイスのお見舞い・篠笛機関誌の取材 »

コメント

篠笛さんのいないコスモスは、本当に寂しく、しまりがなく、心細かったです。どうぞ、早く元気になって、来月はいつものように、はつらつとしたお姿を見せてください。
今日のコスモスは人数も少なく20人ほどでした。新しい参加者は男性がひとりでした。
ゆっくりのんびりと語り合いましたが、珍しく4時には終わりました。篠笛さんの存在の大きさをつくづく思い知らされた今日のコスモスでしたよ。

投稿: なっちゃん | 2007年7月 9日 (月) 22時37分

 私も去年今ごろ同じような症状になりました。心当たりがないまま、かかりつけの医者にいったところ、あっさり「寝冷えでしょう」といわれた。篠さん、おなか出して寝ていたんじゃないですか。

投稿: 筑紫次郎 | 2007年7月 9日 (月) 23時34分

私のボランティア先でも若い二人が「ふらつく~。風邪かしら」等言っていました。帰宅したら老犬がヒィーヒィーともうあの世へ行く様な騒ぎ。夫がペットの葬儀社を検索していたり。扇風機で風を送ったりしたら・・元気になり、今、ポリポリと夕食を食べています。ホットして床に着けます。
でも油断大敵ですね。お大事に。

投稿: お梅 | 2007年7月 9日 (月) 23時52分

何を隠そう・・・藍ちゃんだって、右足がはれて・・・虫に刺されたのかなあ・・・売るほどある薬、飲んでるけど・・・あした、みんな、げんきになーれ♪

投稿: 藍弥生 | 2007年7月10日 (火) 00時06分

篠さん。体、大丈夫? 毎日、こまめにブログの更新を続けてきたのに、10日付けは、日付が11日に変わってもまだないので心配だ。一言でいいからなにか書いて!!!

投稿: 言語楼 | 2007年7月11日 (水) 00時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« こころちゃんのお墓参り | トップページ | ウグイスのお見舞い・篠笛機関誌の取材 »