« 盆踊り大会 | トップページ | 体重・70キロを切った »

2007年7月22日 (日)

余命宣告から一年

「余命宣告」「根治なし・内分泌療法という、注射・薬の治療開始」してから一年経過。

と言うことは、残された余命は「あと一年」という計算。

不意に襲ってくる独特の発作・手の痺れ・やる気なし・集中力欠如などに、悩まされる以外異常はなさそう。これまでのところマーカーは下がってきた。

20日に受けたMRI検査と25日受ける検査・診察の結果がどう出るのか。これからが本物の勝負。

アッという問のこの一年。内分泌療法、増富温泉療法、ブログ立ち上げ、コメント会、沢山の悲しい見送り・・・・。

色んなことがあった。

悲しみ、嘆き、悩み、副作用みんな現実から逃げないで受け止め、こなしていかなければならない。やっぱり、一番シヨックは大勢の親しい戦友が千の風になったことだ。

「患者同士、あんまり親しくならないほうがいいですよ」(負けてたまるか、121ページ))

肺癌手術で「成人病センター(現Gセンター)」に入院したとき、オリエンテーションでナースからあった注意。そのときの忠告を最近しみじみと思い出す。「なぜ?」と理由を聞けなかったが、その忠告の意味する深い理由がようやく理解できてきた。

G友との付き合いの仕方。余命の短いもの同士親しくなっても、相手が千の風になった時の辛いショック。誰でも我が身に迫る次の事態を考えない訳にはいかない。あれは、患者それぞれの余命を承知しているナースの精一杯の忠告だった。のではないか?。

ナースの忠告を理解しないまま患者会に関わり、大勢の人と知り合った。素晴らしい出会い、心と心の触れ合いは一日一日を充実させてくれた。その関わりこそが命を支えて本日を迎えている。

辛い想いはその代償。

でも、医者の示した数値に多少のずれはあるものの、ガン太郎の成長は止まらない。余りにも多くの人に先を越され、昔のナースの忠告を蘇らせる厳しい現実。長生き過ぎた罰がこんな戯言を書かせている。

「奇跡は実在するのか?あると信じる。そんな疑問を持ったら負けだよ」

篠が口癖にしていた言葉をそのまま繰り返して、励ましながら千の風になった先輩の顔が蘇る。

余命宣告から一年経過。少しマイナス思考になっているらしい。

現実を無視出来ないが。ここで踏ん張らなくては元祖「負けてたまるか」の名がすたる。

土・日二日間雨。天気予報を奇跡的に裏切ってお天気になって、盆踊りも出来そう。

公園から聞こえてくる太鼓に合わせて篠笛の練習。これでスッキリ。

負けてたまるか。の精神は健在。

|

« 盆踊り大会 | トップページ | 体重・70キロを切った »

コメント

余命宣告の受取り方は人それぞれで重く簡単にはコメントが出来ません。私の友人は宣告通りに千の風になりましたが、『やりたい事を全て済ませた」と言っていましたが、まだまだ・・のはず。篠笛さんもお孫さんの花嫁姿を見なくてはいけないのですから、「負けてたまるか!」です。

投稿: お梅 | 2007年7月22日 (日) 19時32分

梅ちゃん
コメントありがとう。宣告の受け止め方は人それぞれ違う。確かにそうだよね。
こんなこと書くのはタブーかもしれない。でも、揺れ動く心をそのまま、どこかで書き残しておきたい。と、同じ状況にある人のことも考えず推敲もせず送信してしまってやや反省もしているところがある。
仲間から「元気を出せよ」と電話を貰い、ブログの難しさを勉強しました。
「負けてたまるか」の精神は健在です。

またよろしくお願いいたします。

投稿: 篠笛 | 2007年7月22日 (日) 22時08分

それじゃあ、いっぱいデートしなくっちゃー。誰より、優先するから!ねっ。次の本、読んでもらえるよう、がんばって書くから、さ。

投稿: 藍弥生 | 2007年7月23日 (月) 00時28分

 今日のブログの篠笛さんのしんみりした心境、分かる気がします。心身ともにお辛い篠笛さんのため息が、聴こえてきそうです。なっちゃんも、一緒に泣きたい気分です。
 一昨日、GセンターのO先生と会ったとき、O先生が「コスモスは、参加して、Kさん(篠笛さん)に出会うだけでも、価値がある会ですよね」っておっしゃっていました。肉体的な苦痛だけではなく、心の痛みがわかる篠笛さんだからこそ、みんなが癒されて、笑顔になれるのでは・・。

投稿: なっちゃん | 2007年7月23日 (月) 01時16分

藍ちゃん
お気遣いありがとう。
たまには本音が漏れてしまうんだよね。
でも書いたお陰で藍ちゃんとデイトできそうだね。本、読みたいね。一日でも早くしなければ・・・。

なっちゃん
ありがとう
そんな風に言われると、馬鹿は直ぐおだてに乗ってしまうんだよね。俺が弱音を見せるわけには行かない。そんな気がすることがしばしば・・。
文章にするとああなって仕舞う。日々心が揺れ動いていることは確かですが、本当はいつもと変わらない篠笛なんです。

梅ちゃん、藍ちゃん、なっちゃん
コメンともらって、少しホッとしているいます。
意地の悪い見方をすれば
「甘えて、同情が欲しかったんじゃないか」なんて思われそうな気がして嫌なんだが、宣告を受けたものの揺れ動く心の一端を載せてしまった。
色々ありがとう。
今日はこれから篠笛教室。夕方はブンヤさんと暑気払い。いつもと全く変わらない篠の生活が続きます。今後ともよろしく。
ウグイスが今朝はもう遊びに来ている。

投稿: 篠笛 | 2007年7月23日 (月) 06時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 盆踊り大会 | トップページ | 体重・70キロを切った »