« 岩ヒバ(蘇生草)に想いを寄せる親心 | トップページ | 秋心 »

2007年8月23日 (木)

佐賀北高校・奇跡の逆転優勝

Gセンター

Gセンター。相変わらず待合室は不安を抱える顔で一杯。

40台の人に家族が5人も付き添った一団が目を引いた。病人に皆が気を遣っているが、本人はうわの空。小学生くらいの女の子はことの重大さが分かっていないようだ。皆が揃ったことにはしゃいでいる。

後3年と宣告され入院した昔を思い出した。おばあちゃんは何も言えず汗とともにしきりに涙を拭いていた。そんな姿に昔のオフクロが重なった。これからが勝負。おばあちゃんに笑顔が戻るのを祈った。

待っている人が多い割合には、予約時間少し過ぎに呼ばれた。「お変わりありませんか?」「特にないですね」検査がないからそれで終わり。コツシンチの予約を取る。

時間が早かったので病棟に、Yさん、Oさんを尋ねる。Yさんは退院。Oさんは散歩中で会えなかった。

本日の治療費〆て、30、410円也。

第89回高校野球決勝戦。

8回まで4点リードされ1安打に抑えられていた佐賀北高校、8回に満塁ホームランで5:4で劇的な初優勝。最後まで諦めなかった奇跡の逆転勝利に感激。まさに野球は筋書きのないドラマ。エラーや押し出しでなくホームランで決着したことがよかった。敗れた方も諦めが付く。

野球特待生の集団ではなく公立高校だったことにも意義がある。

いい試合だった。

奇跡を信じる勇気と希望、そして感動を与えてもらった。

気分のいいところでスポーツセンターで汗を流しながら水遊び。体重が1時間で約1キロ減った

暑さと風でほとんどのイワヒバが丸まってしまった。

また、強い風で折角開いた月見草の花弁が一枚吹き飛ばされてしまった。この花はか弱い。だから愛おしいのかも・・・。

最近よく

母さんの

夢を見る

何も言わない

心配しているのかな

|

« 岩ヒバ(蘇生草)に想いを寄せる親心 | トップページ | 秋心 »

コメント

高い医療費ですね。軍事費に使う金を社会保障に廻して欲しい!
今日のブログはガンを宣告された時を思いだしました。私は他の病院ではガンではないと言われセカンドオピニオン気分で検査を受けたので頭が真っ白になりました。その後、出勤しましたが仕事の引継ぎやらで気が紛れ乗り切れました。本人にしか判らない辛さですね。

投稿: お梅 | 2007年8月23日 (木) 08時08分

本当に医療費高い!金の切れ目が命の切れ目だと新聞記事に載ってた事があった‥私は癌告知を初診日にサラリと言われた、検査結果でる前に‥頭の中は真っ白に。会計待ち、バス待ち、バスの中でと涙とまらず‥翌日職場でも何度もトイレで泣きました。職場では病名伏せてるので平静を装うのが今でも辛い。

投稿: なみちゃん | 2007年8月23日 (木) 11時29分

 佐賀北高の優勝は、蒸し暑い日本列島に、爽やかさを与えてくれたね。
 特待生制度もなければ、雨天練習場もない。野球部が特別な扱いをされていないところで、まじめに基本的な練習をしていく。野球だけでなく、もちろん勉強もする。まさに高校野球の原点だね。大したものだ。
 勝ちさえすればいい、勉強していい学校に入ればいい、結果さえよければいいという考えが横行する世の中で、愚直に基本を大切にするというのがいい。
 高校生に教えられたね。
 

投稿: 異風坊 | 2007年8月23日 (木) 16時28分

故郷の長崎日大高が、準決勝で佐賀北高に敗れたのは残念でしたが、決勝戦では隣の県でもあり、佐賀北高に応援しました。4対0でリードされていたので、もう駄目かと思いましたが、8回にまさかの逆転満塁ホームランが出たのには驚きました。佐賀北高の百崎監督が相手投手は疲れているので、終盤必ずスライダーが浮いてくる筈だ、そこを狙えの指示どうりに3番バッターとして応えた副島選手は見事でした。公立高校の優勝は11年ぶりとかで、「練習は不可能を可能にする」という小泉信三慶応義塾大学元塾長の言葉を引用した新聞のコメントに私もそうだと思いました。
8月は被爆者の私には、とりわけ重い月ですがその中にあって夏の甲子園野球は一服の清涼剤でした。

投稿: ビエント | 2007年8月23日 (木) 16時40分

ビエントさん
いらっしゃい。よくぞお出でくださいました。光栄です。
今後ともよろしくご指導下さいますようお願い申し上げます。

投稿: 篠笛 | 2007年8月23日 (木) 18時10分

プロ野球は見ることはないのですが、高校野球特に夏の大会は好きで、幼い頃もラジオの実況放送を聞いたものです。
昨日は、広稜の勝で決まり、と途中で出かけてしまいました。帰宅してニュースで見て佐賀北の劇的逆転満塁ホームラン!には驚きました。
今日の涼しさは、正に「球児たちの夏は終った」の感です。


転勤の地でも
ボリューム下げて
出身県代表を
応援する
高校野球

投稿: 遥 彼方 | 2007年8月23日 (木) 20時41分

篠笛様
昨日ふくろう様からコメント会の出席確認のメールがありました。緊急の特別な事情がない限り出席させていただきたいと、楽しみにしてます。

投稿: おこわ草 | 2007年8月23日 (木) 21時08分

こんばんわ。

球児の夏も終わりましたね。
公立出身なので、やはり応援してしまいますね。でも、我が故郷から出る高校は殆んど、私立です。それでもやはり応援はしますが。
今年は二回戦で優勝候補との対戦であえなく
・・・

田舎ではお盆が過ぎると海水浴も禁止されてましたから、なんとなくお盆すぎたら夏はもう終わりと昔から思っていましたが・・
今日はともかくも、このところの暑さは永遠に夏が続くのではと、思わせました。
でも、目にはさやかに見えねども・・・というところも自然の中にありますね。

投稿: ルピナス | 2007年8月23日 (木) 23時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岩ヒバ(蘇生草)に想いを寄せる親心 | トップページ | 秋心 »