« 地獄への道・20ポイント | トップページ | 五行歌集「宙で寝返り」出版プレゼント »

2007年8月18日 (土)

元探偵のブルーベリー農園

昔の探偵仲間のブルーベリー農園  

8月18日午後6時から30分、探偵仲間「ねんちゃん」こと川崎年冶氏が家族とともに出演したテレビ朝日「人生の楽園」(ブルーベリー農園)を見て感激一塩。 

ねんちゃんの笑顔がなんとも言えない穏やかで、一回りも二周りも大きくなったねんちゃんを見て羨ましくなった。

篠が捜査一課長のとき、横浜市内で強盗犯人を捕まえた大学生が、交番の目の前で犯人に刺し殺される事件があった。グリコ森永事件とともに連日マスコミに報道され、国会でも捜査状況を取り上げられた重大事件だった。 

捜査本部では犯人は「ドヤ街」の人間と目星を付けた。その時ドヤ街へ潜入し、家にも帰らず路上で寝起きして聞き込みを続け、犯人を逮捕したのがねんちゃんだった。連行写真を見た人たちが、どっちが犯人?と言われたほどきつい顔だった。

テレビでねんちゃんが言っていたが捜査一課の刑事には、一旦事件があると家庭を顧みる暇はない。

色々の苦難を乗り越え、第二の人生は家族と共に。彼はその夢を実現するため定年を前に退職。聞き込みで親しくなったブルーべリ-農園経営者の指導を受けて、まったく素人が始めたブルーベリー農園 。今日テレビに出た農場をさらに倍にしようと、土地も購入済みだという。夢は膨らんでいる。

昔の仲間が第二の人生で成功して元気で活躍しているのは何より嬉しい。 

テレビが終わって直ぐ電話をした。見た通りこれからですが是非来てください。と誘いを受けた。元気なうちに一度尋ねて昔話をしたくなった。また一つ楽しみが増えた。 

|

« 地獄への道・20ポイント | トップページ | 五行歌集「宙で寝返り」出版プレゼント »

コメント

篠笛様
 事件解決の影に、ねんちゃんという存在があったことをはじめて知りました。そういう一途で職人気質の探偵さんだからこそ篠笛さんというリーダーの下で光を放ったんだな、ということを実感します。納得します。あの時代まではそういう探偵さんたちが何人もいて、居場所もあったんですよね。小生は身分を明かさず、単なるブルーベリー好きのひとりとしてねんちゃんの農園を訪ね、横顔のしわや目の輝きを遠くからでも見てみたいと思います。

投稿: 花薬 | 2007年8月18日 (土) 21時35分

火薬さん
そうやって職人探偵の存在を認めてくれる人も、少なくなりました。彼のTVのお陰で昔の事件を思い出しました。
ブルーベリー見に行くときご一緒したいですね。
ねんちゃんはいい男です。飾り気なくて、誠実で、男です。

投稿: 篠笛 | 2007年8月18日 (土) 22時21分

高校野球の攻守が交代したのを機会にチャンネルを回していたらねんちゃんの番組に当たりました。神奈川県警の元捜査一課と聞いて腰を落ち着けて見ました。大変いい番組でした。特にねんちゃんが娘さんのスケジュールを手帳に書いていたという話にはもらい泣きしました。またいい奥さんと再婚できてよかったですね。ふと篠笛さんの部下ではないのかなと思ったらやっぱりそうだったんですね。篠笛さん、ぜひ宮崎までいってあげてください。

投稿: 水戸黄門 | 2007年8月18日 (土) 22時33分

花薬さん
大変申し訳のないことをいたしました。さっき「火薬」と呼びかけてしまいました。つい、イメージ(失礼)で・・・。お許しください。

水戸黄門さん
ようこそ。ねんちゃんを知っていてくださって、光栄です。
これはどうしても宮崎まで行かなくてはならなくなりましたね。その時、花薬さん、水戸黄門さんとご一緒できたら最高。もう思い残すことはないですね。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: 篠笛 | 2007年8月18日 (土) 23時27分

 連行される容疑者と間違えられたのがうそのような好々爺の笑顔でした。ナレーターが元捜査一課刑事を強調して「目つきが鋭い」と二、三回いっていたのがそぐわない、いい顔でした。素敵な第二の人生だと思います。
 孫三人を連れて神奈川から訪れた娘さんが「ひどい父親でした。離婚して、入学式や運動会に一度も来てくれなかった」とつらかった少女時代を語ると、後添いの奥さんが「見せてもらった手帳には父兄会や学校の行事がびとっしり書いてあったのよ」と長い間の誤解を解いてあげた場面がよかった。「男は言い訳しない」という川崎さんと父の気持ちを初めて知った娘さんの涙には、ほろりとしました。

投稿: 筑紫次郎 | 2007年8月18日 (土) 23時59分

次郎さん、
ねんちゃんを褒めてくれてありがとう。彼のように心優しい、根性ある探偵はだんだん少なくなっているのは寂しい限りです。
次郎さんだってお孫さんといる時は、ああいういい顔しているんだと思いますよ。
コメントありがとう。

投稿: 篠笛 | 2007年8月19日 (日) 05時26分

 篠さんたち同様、みんな仕事があると、家庭を振り返らないで没頭したもんだね。私も、仕事が世の中をよくし、世の中がよくなれば、自分の家庭もよくなると思っていたね。しかし、そうはならなかった。世の中は、以前より多くの部分が悪くなったと思う。
 そこに私の日々の怒りのほとんどがある。家庭は、女房の努力でやっと何とか維持できたかなと思うけど……(これは女房に内緒)
 
 川崎さんのように、少し角度を変えて人様のためにも貢献する。すばらしい。
 私は頑固者でやせ我慢が自慢の男なので、少しチャンネルを変えた楽園探しもなかなか難しいね~~。いままで通りやっていくか。
 篠さん、今後ともよろしくね。

投稿: | 2007年8月19日 (日) 11時00分

いまのコメントは、「異風坊」でした。テレビで馬鹿な政治家の話を聞いていて、つい名前を入れるのを忘れました。

投稿: | 2007年8月19日 (日) 11時03分

異風坊さん
あなたもようやく奥さんのありがたみが分かってきたようだね。
お互い、大事にしなくっちゃ、バチが当たるね。

投稿: 篠笛 | 2007年8月19日 (日) 11時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地獄への道・20ポイント | トップページ | 五行歌集「宙で寝返り」出版プレゼント »