« けじめ | トップページ | 手術前夜の願い・再度 »

2007年8月 2日 (木)

阿久悠さんガンで千の風に

最近テレビでオクラが健康にいいと、やっているのを見たバアチャンから、来年は家でもオクラ作ってよ。とやや真剣の注文。言えば何でも出来ると思っている。

オクラは昔安曇野の実家で「和紙」を作っていたとき、おふくろが、紙の艶出しと繋ぎだとオクラの根っこをどろどろに煮込んで「コウゾ」に混ぜていたのを思い出した。花はハイビスカスに似た綺麗な花だった。でも当時田舎でオクラを食べた記憶はまったくない。

兎に角来年は狭い畑にまた同居人が増えることになる。

あのネバネバがガン太郎を身動きできなくするかもしれない。

友達から送られ来たモロコシを取りに来た娘から、16号線沿いの野菜自動販売機で新鮮なオクラを安く売っているという情報で、ドライブがてら買いに行くことになった。外で昼食を奢らせようという魂胆は見え見えだが付き合うことにした。

作詞家の阿久悠さんが腎臓・尿管ガンで亡くなった。享年70歳。名前の由来は「悪友」から取ったとテレビで言っていた。歌嫌いの篠でも何曲かは諳んじている。いつも、篠の代役で歌ってくれた青森出身の千の風のYちゃん「津軽海峡冬景色」がお得意だった。「いい人から順」は満更出鱈目ではなさそう。そうだと、篠はもう少し残れるかな?そんな他愛のないことも、フット想うこのごろ。

もう今日は8月2日だ・・・。

|

« けじめ | トップページ | 手術前夜の願い・再度 »

コメント

阿久悠さんと言えばピンクレディーですね。施設でカラオケをやると必ず三人位は彼の歌を歌いますね。昭和の歌謡曲王でしたね。早期発見が出来なく残念でした。政界は赤城大臣が更迭されなにやら騒がしいですね。

投稿: お梅 | 2007年8月 2日 (木) 08時05分

オクラの根っこが紙の原料!コウゾ ミツマタしか知らなかったけれど なるほど 「つなぎ」には ねばりがあって良いかもしれませんね。昔の人は本当にすごい!!ですね。
それにしても オクラそのものはまだ 食べられなかったの?30年程前から食されたとか?
元気が出るなら たくさん食べましょ!

投稿: ふくろう | 2007年8月 2日 (木) 11時16分

阿久悠さん、小説もエッセイも詩も、好きだったのになあ・・・。知ってる人が、天国の方にだんだん多くなって、さびしいな♪

投稿: 藍弥生 | 2007年8月 3日 (金) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« けじめ | トップページ | 手術前夜の願い・再度 »