« 旅行計画(案) | トップページ | 三悠会役員会/ »

2007年9月10日 (月)

篠笛教室・コスモス定例会

篠笛教室。竹田の子守唄2重唱。みんなよく暗譜していてびっくり。暗譜していないのは一人だけだった。みんな若いんだから、年よりは仕方がないよ。なんて言っていられなくなった。

先生を交えてベトナム料理で昼食。

「コメント会に参加した方は、いろいろな方面で活躍していて、みんな素敵な方ばかりだったね。素晴らしい会だったよ」と、先生のコメント。

コスモス。座に付くなり、いきなり笛を所望されてびっくり。雨の中自転車で傘を差して駆けつけたばかりで、息が上がっていたが千の風になって、琵琶湖周航の歌2曲。

病室からの参加の方もいた。コスモスにこられる方はそれぞれみんな厳しいお荷物を抱えている。

一番気になったのは、初めての若い人で「すい臓がん・手術は出来ない。と宣告された。自分で考えていた民間療法や、温泉療法は否定された。どんな治療を受けたらいいか迷っている」一緒に付いてきた奥さんも心配そう」33年前のことを思い出し、毎度おなじみの3年と宣告され33年生きてきた体験談などを喋る。

「病院をなんと考えているのか分からない人がいて悩んでいる。病室の中で車座になってわいわい騒いだり、夜中に電気かみそりを使い出したりする。病院ではこうした患者の管理をどう考えているのか」

そんな切実な悩みを訴える人。

入院して気になる同室者のモラル。投書箱に投げ込むしか方法はなさそう。

病気になったのは仕方がないと受け止め、くよくよしないでワクワクするようなこと考えてやって行こう。と前向きな発言に救われる。

先日の五行歌会の1席、2席、3席の入選者が参加していたので紹介。

安曇野・養生園への1泊旅行の話も出たが、もしかして入院中かも。 

「コメントは書けないけど、ブログ覗いていますよ」と何人かの人に声を掛けられた。悪い気はしない。

昨日、下書きしていた旅行計画案が、操作ミスでブログに載ってしまった。

旅行はどうも、雨続きのようだ。

|

« 旅行計画(案) | トップページ | 三悠会役員会/ »

コメント

篠笛の音色はいつ聞いても感動します。
特に高音域は素晴らしいと思います。
 病気を経験経験された方や現在罹患中の方のお話にはとても重みがあります。しかし、病気は病気として受け止め、戦っている心意気は、さりげなくお話されますが、すさまじさを感じざるを得ません。
 毎日を楽しく、心ワクワクすることへの挑戦に心がけておられることには、本当に見習わなくてはいけないと思いました。
皆様のご快癒を願って止みません。

投稿: St.トロン | 2007年9月10日 (月) 22時08分

すい臓がんは、父と同じですね。どの方法をとっても、同じくらいに、難しくなるので・・・父と家族とで選んだ方法は、父らしく過ごせる形でした。この形が、一番良かったよ、亡くなると数日前に2人だけの病室で、話してくれたとき、ほっとしました。自分の命だから、自分で決めたいね。どんなかたちでも。

投稿: 藍弥生 | 2007年9月10日 (月) 23時58分

コスモス会は患者さんの気持ちが素直に言えるところで貴重ですね。忙しい医師や看護師に聞け尚事も言えるし、体験者からアドバイスが貰えるのが本当に嬉しいです。篠笛で励まされホット病室に戻る方の姿が目に浮びます。

投稿: お梅 | 2007年9月11日 (火) 08時00分

昨日は参加できなくてすみませんでした。
外来にいました。

家をでるのも遅くなってお腹が空いて食堂にいました。

夜中に電気かみそりですか。

なかなかですね~。

ほんと、くよくよするよりわくわくして行きたいですね。

なんか、一回投稿したのですが、美味くできなかった感じで、もう一回投稿してみます。

3重になってたらごめんなさい。

投稿: いわのり | 2007年9月11日 (火) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅行計画(案) | トップページ | 三悠会役員会/ »