« 安陪総理大臣突然の辞任 | トップページ | カジカが逃げ出した川 »

2007年9月13日 (木)

安曇野へお墓参り

国会の混迷なんかかまっていられない。今日から16日まで信州へお墓参り。

5時出発。運転は娘と孫。バアチャンは居眠り役。篠は道案内。

故郷・安曇野

生まれた当時は北安曇郡広津村だった。町村合併で

東筑摩郡生坂村

に変わった。実家は信越線

明科駅

から犀川沿いを約4キロ川下。昔養蚕をしていた関係で駄々広い藁葺きの平屋だったが、藁葺きの上に瓦を載せて見違えるようになった。養蚕が盛んなころは家中お蚕さんで一杯になって人間は、家の隅っこや、土蔵の二階に追いやられた。戦争中疎開してきた人たちは、大きくなったお蚕さんを怖がって震えていた。

みんな千の風になって、兄嫁が一人で家を守っている。

お墓は村外れの犀川の流れが見下ろせる高台にある。毎年お墓参りに行くと墓石の石垣に、まるでお墓を守っているかのように大きな足長蜂の巣があった。蜂を刺激しないように花やお供物を捧げ、篠笛を吹く。

地理を余り知らない娘たちが旅館を予約したため初日は、チョッときつそう。

とうさん・かあさん

ただ今

安曇野の空に

篠笛捧げ

秋心

|

« 安陪総理大臣突然の辞任 | トップページ | カジカが逃げ出した川 »

コメント

家族でドライブがてら、お墓参りは千の風も喜ぶでしょう。明科駅から篠ノ井線で長野方面に行くと姥捨山らですね。今回は木曽路ですね。天気も持ちそうだし気をつけて行ってきて下さい。

投稿: お梅 | 2007年9月13日 (木) 06時48分

行ってらっしゃいませ。

もうご出発されていますね。

ご幼少の頃を思い出しながら・・・
お嬢様とお孫さんを連れて、
ご先祖様も、大喜びの素敵な
お墓参りですね♪♪♪

篠笛の響きが聞こえてくるようです。

投稿: 夏海 | 2007年9月13日 (木) 09時20分

篠笛さん、すっかり御礼が遅くなりましたが、月曜日のコスモスではありがとうございました。会のはじめにお願いした篠笛の演奏、とてもよかったです。会の雰囲気がなごやかになりました。篠笛さんがいてくださると、なんだか心丈夫なんです。深刻で暗くなりがちの会ですが、篠笛さんのコメントで、おおらかでほがらかな風が吹く気がします。お墓参り、お気をつけていってらっしゃ~い。

投稿: なっちゃん | 2007年9月13日 (木) 23時47分

上田の赤とんぼ・みすずあめ・栗鹿の子・・・おいしい空気、いっぱい吸ってきてね。

投稿: 藍弥生 | 2007年9月14日 (金) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安陪総理大臣突然の辞任 | トップページ | カジカが逃げ出した川 »