« Gセンター・麻酔科 | トップページ | 前立腺セミナー »

2007年9月28日 (金)

二つの死・平和

ミャンマーは大変なことになっている。遠い国のことだと思っていたのに日本人のカメラマンが射殺された。流れ弾ではなく、至近距離かららしい。

大相撲、新弟子の不審死で揺れている。相撲部屋は常識が常識で通らないところ。と言われている。どちらの死も、徹底的な解明がされないと仏が浮かばれない。

また暑さが戻ってきた。畑仕事をしようとしたがバアチャンに「明日は涼しくなるから、明日にしたら・・・」と言われ中止。

首を寝違えたらしい。駅の近くのデパートの中の「リフレッシュサロン」でマッサージ。帰りに1000円散髪。

こんな風に、何も考えない日があってもいい。日本は平和。我が家も平和な一日が終わった。

|

« Gセンター・麻酔科 | トップページ | 前立腺セミナー »

コメント

17歳、お相撲さんにならなくても、よかったのに・・・っておもう。さびしかっただろうなあって。新聞に、犬猫みたいに、って書いてあったけど、犬猫だって、みんな大事にしてくれてるのにね。

投稿: 藍弥生 | 2007年9月29日 (土) 00時19分

篠笛夫人は優しいですね。昨日は本当に暑かったです。今日は雨で涼しく体調管理が難しいですね。

投稿: お梅 | 2007年9月29日 (土) 06時37分

 最近の大相撲の不祥事を見ていると、何が国技だと思う。
 今度の暴行事件。死んだ力士もそうだが、お父さんたちも、かわいそうで仕方がない。
 相撲は、礼に始まり礼に終わる。厳しく、優しく育て上げて、その過程で礼儀を知り、敗者に対する優しさや思いやりも出てくるというスポーツではないか。そうでなければ、単にでかくて、肥った力持ちでしかありえない。
理事長は一連の不祥事の責任をどう考えているのか。しっかりしろ!

投稿: 異風坊 | 2007年9月29日 (土) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Gセンター・麻酔科 | トップページ | 前立腺セミナー »