« 前立腺セミナー | トップページ | 郵政民営化スタート »

2007年9月30日 (日)

前立腺セミナー・「PSA」検査

前立腺セミナー・報告追加「PSA」検査

昨日のブログで前立腺セミナーの、講演内容の一部を抜粋搭載した。篠はもう関係ないと思って大事なことを書き落とした。電話相談もあったし、ブログ愛読者にその心配の人もいるようなので追加。

前立腺がんは、アメリカでは3人に1人の割合だそうだ。早期発見すれば恐ろしい癌ではなさそうだ。

前立腺がんも早期発見がポイント。早期発見にはPSA(腫瘍マーカー)検査が最有効。厚生労働省がPSAは有効ではないような誤解を招く発表をしたが、大きな間違い。(あれは医療費を抑えるためではないか?)あの発表にはアメリカからも抗議のメッセージが来ている。

始めのうちは自覚症状はまったくない。用便の出が悪い。血尿。腰が痛い。など症状が出てきたときはかなり進行。40~50を過ぎたら負担は少ないのだから受診したほうがよい。(実費でも1000円から2300円)マーカー4~10はグレーゾーンだが4以下でもがんの場合もある。マーカーは癌でなくても出てくる。(そういわれると、その方を採ってしまう。)

定期的に受信してその数値の変化を見ていくことが必要。特に親兄弟に前立腺がんになった人がいる場合は、確率的に多い。

「針生検」をやっても発見できないこともある。

現に篠もマーカー5の時針生検をしたがマイナスだった。半年後マーカーが10近くなり、再検査をしてみると一番悪質な「低分化型腺癌」が発見された。

PSA検査を定期的に受診していて数値が上昇してきた場合は要注意。

アルコール。脂肪分(肉類)唐辛子など刺激物は避けたほうがよさそうだ。

どうしても納得できない時はセカンドオピニオン。

|

« 前立腺セミナー | トップページ | 郵政民営化スタート »

コメント

近所の開業医でも前立腺がん検査が出来るようですが、腫瘍マーカーを検査するのでしょうか?夫は無関心なので困り者。義兄は大腸がんになったりしているのですが「自分は大丈夫」と言っております。

投稿: お梅 | 2007年9月30日 (日) 19時08分

梅ちゃん
前立腺がんの検査は問診の他 1 腫瘍マーカー(PSA)血液検査。 2 直腸内診(DRE)医師が肛門から直腸に指を入れて直接触れて診察。 3 超音波検査 の3っが一般的のようです。
血液検査は一般の開業医でもできますが心配でしたら泌尿器科がいいではないですか。
PSA検査は簡単な採血で測定でき、精度も高いことから、もっとも基本的な診断方法とされているようです。
この検査で数値など異常がある場合は、次の段階、針検、MRI,CT,骨シンチ
などがあります。 

投稿: 篠笛 | 2007年9月30日 (日) 19時38分

お医者さんより、わかりやすいです!

投稿: 藍弥生 | 2007年10月 1日 (月) 00時27分

なっちゃんの夫も、前立腺がんでがんセンターのM先生から治療を受けています。近くのかかりつけ医のところのPSA検査であやしいということになり、がんセンターを紹介されたのがきっかです。なっちゃんは、その講演会には行けなかったので、篠笛さんの書き込みはとても役にたちます。ありがとうございます。医学の進歩を信じたいです。

投稿: なっちゃん | 2007年10月 1日 (月) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立腺セミナー | トップページ | 郵政民営化スタート »