« カジカが逃げ出した川 | トップページ | 楽しかった信州の旅 »

2007年9月15日 (土)

自己免疫力アップ

どうやった生活をすれば、何時までもそうやって元気でいられる?。田舎の友人に会うとよく聞かれる。

自己免疫力アップ

本来人間は病菌が侵入してきたとき、自動的に免疫力が闘ってやっつけてしまうようにできている。それには、基礎体力、精神力が大切だ。先ず、医療に頼らず、自分の力で病菌をやっつけてしまおう。そういった強い意志・精神力が必要だ。

「自己免疫力による病原菌の退治」

これに勝る治療はない。(負けてたまるか80ぺーじ)

確かに、奇跡を信じ「負けてたまるか」とガムシャラに生きてきた。

安曇野の山で鍛えた体力・精神力が長生きに繋がっている。34日だが千の風になった方々ともお会いして、もう少しの命を頂くことにした。

昨日より今日

今日より明日

一日いちにちを

大事に生きよう

定められた命

|

« カジカが逃げ出した川 | トップページ | 楽しかった信州の旅 »

コメント

家族に囲まれて新鮮な信州の空気を一杯吸って免疫力はアップです。

投稿: お梅 | 2007年9月15日 (土) 08時06分

おはようございます。

篠さんの素晴らしい生き方をみているだけで、私たちの免疫力がアップしそうです。
そういう力をお持ちなのですよ。

篠さんのお歌を読んで、ちょっと前の歌ですが

大切な服を
丁寧に折りたたんで仕舞う
一日の終りも
そんなふうで
ありたいもの

投稿: ルピナス | 2007年9月15日 (土) 08時55分

篠笛さんの歌を詠みながら 思い出しました・・ 子供の頃 毎晩 洋服を丁寧にたたんで 寝床の頭の先に並べて寝ていました。
一日の終わりを 丁寧に・・・・ということでもあったんですね。
免疫力アップのために 今日も笑って楽しく 過ごしましょう!

投稿: ふくろう | 2007年9月15日 (土) 09時58分

安曇野の清らかな景色が目に浮かんできます。と言っても、まだ行ったことはないのですが、篠笛さんの文章案内で行った気分になっています。人間、こころが健康なのが一番大事です。篠笛さんはそれを実践してらっしゃるから、多くの方に支持されているんでしょうね。これからも健康で!
「月見草の会」の写真をありがとうございました。次回を楽しみにしています。

投稿: button | 2007年9月15日 (土) 13時19分

 篠さん、すっかり元気になったようで、うれしいな。小生、新潟の方に出張。友人の内科の先生と元会社の先輩とうまい魚でたらふく酒を飲んじゃった。
 この先生は、60歳半ば過ぎの名医。何度か診察してもらったが、一度も薬をくれなかったし、注射もしてくれなかった。それでも、「寝てれば、大丈夫」といわれると、安心してよくなる。医者と患者との信頼関係、そして各人が持っている自然治癒力、一日いちにち、充実して生きるという精神力があれば、がん太郎なんかに負けないでしょう。
 篠さんなんか、いくつまで生きるか分かんないよ。こっちが負けそうだ。
 

投稿: | 2007年9月15日 (土) 17時46分

出張疲れと飲みすぎ。いまのコメント(名医の話)は異風坊でした。

投稿: | 2007年9月15日 (土) 17時49分

大阪に、同窓会でいってきまーす。30周年.紅一点。たのしんできまーす。

投稿: 藍弥生 | 2007年9月16日 (日) 00時52分

お彼岸の日を早めてお墓参りに帰郷なさった篠笛様には、まだ自然がたくさんある故郷があって羨ましいです。安曇野は私、ドライブでちひろ美術館を訪れたことがありますけれど、あの可愛らしく美しい絵などなつかしく思い出しております。またコスモスがとてもきれいに咲いていたことを思い出しました。
コメント会の時の写真送って下さいましてどうも有り難うございました。

投稿: おこわ草 | 2007年9月16日 (日) 08時52分

体の働きには全て神経が作用しております。
私もあちこち病気をしておりますが、心臓病を発病したとき、毎日そのことばかり考え、発作の連続でした。
ある時、医師から「心臓の働きは迷走神経ですが、メンタルな面も大きいので、あまり考えないで下さい」と言われました。当時神経のバランスが崩れていたのです。
自分自身でコントロールできない範囲で難しいのですが、心の状態がものすごく影響することが何年かたってよく分かってきました。
自己免疫力のアップも心が大いに作用しますので、ご家族と共に美味しい空気を沢山吸ってリフレッシュしてください。

投稿: St.トロン | 2007年9月16日 (日) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カジカが逃げ出した川 | トップページ | 楽しかった信州の旅 »