« パソコン修理・時津風親方解雇 | トップページ | 連合町内会運動会 »

2007年10月 6日 (土)

がん治療病院別5年生存率

全国ガンセンター協議会」では、厚生労働省研究班がまとめた、がん治療病院別5年生存率を公表。これだけで医療の質を単純に比較することは出来ないが、施設によって生存率に大きな差があることが分かった。 

(07,10,6 神奈川新聞19面から抜粋)  

胃がん

  国立癌C中央病院     84,1% 

  大阪府立成人病C     81,3% 

  神奈川県立がんC     76,4% 

乳がん 

  群馬県立がんC      92、9%

  県立がんC新潟      90,6%

大阪府立成人病C     89,8% 

     ・・・・

神奈川県立がんC      85,9%                    

肺がん

  大阪府立成人病C     55, 5% 

   四国がんC        45,9% 

   千葉県がんC       44,5% 

       ・・・・

  神奈川県立がんC    36,4% 

大腸がん 

  大阪府立成人病C     87,6% 

  山形県立中央病院    78,5%

立がんC新潟     68,5%

     ・・・

 神奈川県立がんC    66,5% 

胃がんでは、生存率が最も高いのは国立癌C中央病院の84,1%、最も低かったのは匿名施設の45,5%。乳がんで最も高い92,9%低いのは72,3%、大腸がんは87,6%と、63,8%、肺がんは55,5%と24,7%と施設によってその差が大きいことが分かった。

病院を選ぶ時や、セカンドオピニオンの際に参考になる。 

ホームページに掲載されているらしい。 

http://www.gunma-cc。jp/sarukihan/seizonritu/index.html 

|

« パソコン修理・時津風親方解雇 | トップページ | 連合町内会運動会 »

コメント

はじめまして。
「逃げないほうが楽なんだよ」というブログを書いている「TOM」と申します。
ココログの新着記事の紹介からおじゃましました。
私も、この報道を関心を持って見ました。
私は癌ではないのですが、考えさせられる報道で、家族で自分の住んでいる県の病院が何位かを調べてしまいました。

投稿: TOM | 2007年10月 6日 (土) 16時37分

データとしては、面白いけれど。どの時期で、そこにいったのか、とか、行った方の癌に対する知識によって、その後の選択にも差が出るかも?数字は参考になるけれど、まどわされないで、自分の納得のいく基準で、調べてみるのも、いいかも。
Gセンターは、癌でも、癌の治療がもうできないと、あそこにいられないから、他でなくなるから・・・把握できない方・お返事のない方や、連絡の取れない方もいるかも。
でも、父がここで見てもらえたから、聖路加にいけて、先日1年たちましたね、って言うお手紙いただいて、また、感動しました。生存率もだけど、ここでよかったって思える率の高い病院も、教えてほしいな。

投稿: 藍弥生 | 2007年10月 6日 (土) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« パソコン修理・時津風親方解雇 | トップページ | 連合町内会運動会 »