« 「和みの宿」で昼食会 | トップページ | 孫のボーイフレンドと県警本部見学 »

2007年10月31日 (水)

前立腺がんPSA集団検診を国が「非推奨」

前立腺がんPSA集団検診を国が「非推奨」、自治体に波紋

·                              

これまで前立腺がんの早期発見には欠かすことが出来ないと思っていたPSA検査を厚生労働省研究班が集団検診を推奨しないと言う指針案を出したと言う。篠の場合もPSA検査数値の上昇ががん発見に繋がった。先日手術に立ち会った長男も、遺伝的要素があるから年齢的に定期的にPSA検査を受けた方がいい。と言われていた。この指針案が医療費抑止の関係から出されたものであるとすると問題だ。成り行きを注目したい。

PSA検査
 PSAは前立腺に異常があると出てくるタンパク質。簡単な血液検査で済むため、2000年ごろから普及した。

 血液を採取して前立腺がんの早期発見につなげるPSA(前立腺特異抗原)検査の集団検診を推奨しない厚生労働省研究班の指針案が、県内自治体に波紋を広げている。県内では過半数の十七市町村が同検査を実施しているが、指針案が出たことで再検討する動きも。今月末にも発表見込みの成案の内容を注目している。 前立腺がんのPSA検査について、厚労省の研究班は九月、「集団検診としては勧められない」という指針案を発表した。集団検診による死亡率の減少が明らかではなく、精密検査や治療における受診者への負担も無視できないという理由からだった。(神奈川新聞10,29)

10月30日22時から31日10時までメンテナンスでブログが開けなかった。ご迷惑をお掛けしました。


|

« 「和みの宿」で昼食会 | トップページ | 孫のボーイフレンドと県警本部見学 »

コメント

ブログの管理人もいろいろ大変ですね。がんは矢張り遺伝的なところも多いのですね。気を付ければ対応も早く出来るのでマッ!余り心配しない事かな~。10年前に止めた鎌倉彫教室に通う事にした。ボケ防止もあるけれど篠笛さんを見習って。

投稿: お梅 | 2007年10月31日 (水) 12時02分

梅ちゃん
鎌倉彫はふくろうさんもやってるようだよ。手先を使うからボケ防止には最高だね。そのうち傑作見せてもらうね。頑張って!

投稿: 篠笛 | 2007年10月31日 (水) 14時32分

33歳の人間ドッグのがん検診で「黒に近い灰色」との細胞診の結果 子供達に形見をつくろうと鎌倉彫りをはじめた事を 思い出しました。まだまだ 材料も残っていますが 今は 漆の方が面白くて 彫より塗に変わってしまいました。梅さん 頑張って 作品楽しみにしています。ところで 何会?ですか?ちなみに私は 「後藤会」でした。

投稿: ふくろう | 2007年10月31日 (水) 15時03分

鎌倉彫、おもしろそうだなあ・・・。いつか、教えてね。小さな、ネックレス、つくってみ対ナ。黒いタートルネックにつけるような。

投稿: 藍弥生 | 2007年10月31日 (水) 19時36分

先日鈍感力という渡部淳一の本を読んでおりましたら、ガンについての記述がありました。ガンの原因として遺伝的なものもありますが、注目されているのが自律神経説であります。
心配事や悩み事をバランスよく健康な状態に戻して、自律神経を正常な状態で働かせるのが鈍感力です。
いい意味で鈍感力、すなわち神経的なタフさを備えている人は些細なことで驚いたり、怯えることがありません。異常に自律神経を刺戟しないことがガンを発生させないもとで、ひいては予防にもなる。文中の看護師さんの話では「同じガン患者さんでも、性格的に楽観的で、いつも前向きで絶対治ってみせると意欲にある人、なにくそ、負けるものかと闘争心かきたて、仕事に打ち込んでいる人の方が治癒率が高い」
ガンが取り憑いた人間様の気の持ちようでガンの運命も随分変わるのです。ここで大切なのが鈍感力です。「なにくそ、こんな奴は追い散らしてやる」と焦らず悠々とつかまえて対処する。ときにはじゃあガンの奴と友達になって一緒に人生を楽しむか、といった気持ちで明るく前向きに進む、これがガンの進行を止め、再発を予防し、ガンを打ちのめす最良の方法なのです。
以上著者がガンに強くなるためにという項目で書かれておりました。少し長すぎましたね。すみません。

投稿: St.トロン | 2007年10月31日 (水) 20時18分

鎌倉彫いいね~。短気でもいいのかな。適正というものがありますかね?

投稿: 異風坊 | 2007年11月 1日 (木) 13時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「和みの宿」で昼食会 | トップページ | 孫のボーイフレンドと県警本部見学 »