« 日は駆け足を始めた | トップページ | 探偵仲間の奥さんの仏前で篠笛 »

2007年11月 7日 (水)

二つの医療裁判・小沢辞任を撤回

混合診療を認めない国の政策は違法。東京高裁。

がん患者のSさんが保険の効かない「インターフェロン」の治療を受けたところ、それ以外(検査など)の治療費も保険の適用を認められなくなった。Sさんはこれはおかしいと弁護士の支援もなく一人で闘っていた。国の政策は違法とした今日の判決は画期的なもの。

薬害C型肝炎訴訟・大阪高裁・和解勧告

いわゆる薬害肝炎訴訟 フィブリノゲンや凝固第IX因子製剤といった血液製剤(凝固因子製剤)によってC型肝炎 感染した患者が原告となって、それら製剤を製造販売した製薬会社を相手にした訴訟。で大阪高裁は和解勧告。

民主党小沢本当に党首辞意表明を撤回。呆れてものが言えない。

|

« 日は駆け足を始めた | トップページ | 探偵仲間の奥さんの仏前で篠笛 »

コメント

インターフェロン、動物も使うの。感染症やアトピーの治療で、ね。
今夜は、タンシチューで、あったかご飯に、白菜のお漬物、それと義母が差し入れてくれた煮物です。みんな、げんきになーれ。

投稿: 藍弥生 | 2007年11月 7日 (水) 20時15分

腰から背中にかけて激痛が走りPCどころではありませんでしたが、本日は痛みが半減したようです。
混合診療を認めない国の政策は違法(東京高裁)の原告の方のインタビューを聞きましたが、死と戦いながら孤独な戦いを国相手に挑んだ勇気には感動すら覚えました。
薬害肝炎訴訟の和解勧告を聞いた舛添大臣の楽しそうな顔は、和解勧告は良いとしても国の責任は感じているのでしょうか。
小沢代表の言動は全く理解できませんし、党幹部が慰留を懇願したなんて、国民はどう理解したら良いのでしょうか。真の政治家の姿なんて想像すら出来ません。

投稿: St.トロン | 2007年11月 7日 (水) 22時52分

St.トロン さん
体調厳しそうですが大丈夫ですか?
大事にしてください。
コメント全て納得です。政治屋は何を考えているか、これほどとは思わなかった。

投稿: 篠笛 | 2007年11月 8日 (木) 06時59分

小沢騒動は全く国民不在ですね。
先の選挙の民意を裏切る行為で呆れました。年金問題やら山済みの筈・・。肝炎訴訟の勝利は良かったですがマダマダ1歩の筈。舛添大臣の笑い顔は有っても患者さん達には笑みは見られませんでしたね。

投稿: お梅 | 2007年11月 8日 (木) 18時00分

癌患者のSさん、弁護士に前例がないと断られ、1人でよく頑張ったと思う。混合診療の件は私も納得できないでいた。全部自費になるなんて!金の切れ目が命の切れ目になっちゃいますよ。Sさん、アッパレ!ですね

投稿: なみちゃん | 2007年11月 9日 (金) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日は駆け足を始めた | トップページ | 探偵仲間の奥さんの仏前で篠笛 »