« 孫とデイト | トップページ | バアチャン検査パス »

2007年11月26日 (月)

「夫婦の危険信号」(対話を大切に)

TVで拾った「夫婦の危険信号」(読売ニュース)

11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、明治安田生命保険が実施したインターネット調査(1206人回答)の結果。

平日一日の夫婦の会話時間は30分以下が4割で、30分~1時間が3割。話が30分を超える夫婦では95%がお互いの愛情を感じていると答え、30分以下は33%が愛情を感じていないと答えているそうだ。

 離婚は4割が考えたことがあると答え、妻では「考えたことがたまにある」が38%、「よくある」が11%で合計でほぼ半数だが、夫は合計で33%と低く、特に50歳代では夫婦間の意識に開きが大きいらしい。

今からでも遅くない。無駄話でも話し合うことが大切。よく注意しよう。

篠笛教室。「幻の笛」「越後獅子」難しい指使いと速さにしびれる指では付いていけない。例のメンバーでオムレツ昼食。後マッサージ。大分解れた。

バアチャンは明日病院に結果聞きに行く。パーマをかけて来た。

|

« 孫とデイト | トップページ | バアチャン検査パス »

コメント

パーマをかけるなんて、いいな。結構時間がかかるから、お嫁に着てから、ほとんど、かけてないなあ・・・。
オムレツ定食、おいしそうだねえ♪

投稿: 藍弥生 | 2007年11月26日 (月) 23時46分

会話時間は充分ですが、果たして会話と言えるかどうか疑問です。新聞、TVのニュース、本、PC操作中は話しかけられても「あっそう」「うん」とか言うだけ、TVのニュースを聞いているときなどは、「今大事なとこだから静かに」なんて言いますから相手の言葉など全く覚えておりません。後日言ったとか言わないでもめております。
話が30分を超える夫婦では95%がお互いの愛情を感じているとのことですが、私は軽い疲労を感じているのが現実です。
常に夫婦は……なんて考えていたらストレスになってしまいます。全て私の場合です。

投稿: St.トロン | 2007年11月27日 (火) 11時20分

篠笛夫人がパーマをかけて来たとの事。気持ちは良く判りますね。
どんな検査でも結果を聞くのには覚悟がいります。
本日のニュースで夫が「妻が一人で老人ホームに入った」のが気にいらない殺害した報じていました。暴力を振るっていたようです。酷い話です。

投稿: お梅 | 2007年11月27日 (火) 19時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 孫とデイト | トップページ | バアチャン検査パス »