« 篠笛教室・野球北京オリンピック出場を決める | トップページ | 年末年始・もろもろ準備 »

2007年12月 4日 (火)

新型「万能細胞」国が支援、実用化へ

新型「万能細胞」国が支援、実用化へ(読売ニュース)

京都大のグループが、あらゆる臓器・組織の細胞に変化する能力を持つ「ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)」の作製に世界で初めて成功したのを受け、iPS細胞利用を中心に据えた再生医療の実用化研究に本格的に乗り出すことを決めた。 内閣府も早期の臨床応用のための枠組みを早急に策定し、国内での研究を加速するよう支援してゆく方針らしい。

副作用でがん細胞が発生しないような研究成果も出ているようだ。

金額や、期間限定などせずに必要な資金はジャンジャン出して援助して欲しい。

どこかの国でクローン人間の発表後ガセと分かったことがあった。

焦らず、急いで研究を進め、がん治療などへの実用化の一日でも早いことを祈る。

サッカー日本代表監督に病気で倒れたオシム氏の後任に岡田武史氏が決定。

ラクビー名門・関東学院大学ラクビー部大麻栽培事件、既に逮捕起訴された2人の他に12人も吸っていたらしい。一体どうなっているのだろうか?おごり。

今日はありがたい酒を飲んだ。

|

« 篠笛教室・野球北京オリンピック出場を決める | トップページ | 年末年始・もろもろ準備 »

コメント

60歳の友達が、前立腺がんのマーカーが、14だったのが、20になったの。住まいは、神奈川、仕事はため池山王、前立腺がんの名医は、どこかなあ、ってきかれたの。情報があったら、おしえてね。

投稿: 藍弥生 | 2007年12月 4日 (火) 23時59分

マーカーはガンでなくてもあがることがあるらしいが(14から20になるまでの期間はどの位か、)一般的にマーカーが10を超えると、ガンを疑う。ガンならやっぱりガンセンターかな・・・。
ただガンセンターは「針・生検査」の結果でガンとはっきり診断されないと受け付けない。20は危険信号。今受診している所で早急に検査を受けた方がいい。
篠の場合は国際親善病院で2回目の「針生検査」でガンが発見され、セカンドオピニオンでガンセンターに転院した。

投稿: 篠笛 | 2007年12月 5日 (水) 00時24分

武器に使わずこういう医療。社会保障に私らの税金は使って欲しいですね。

投稿: お梅 | 2007年12月 5日 (水) 07時11分

お返事ありがとう。早速、伝えました。

投稿: 藍弥生 | 2007年12月 5日 (水) 07時27分

 「ありがたい酒」とは、言い得て妙。含蓄のある言葉ですね。今度は、「歯に優しい」肴で「ソフトな酒」を飲みたいですね。

投稿: 言語楼 | 2007年12月 5日 (水) 10時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 篠笛教室・野球北京オリンピック出場を決める | トップページ | 年末年始・もろもろ準備 »