« 安売りチラシ・買い物のお供 | トップページ | 緩和病棟見舞い・ハコベ物語 »

2007年12月 8日 (土)

大東亜戦争勃発記念日 ・死刑執行・名前の公表

大東亜戦争勃発記念日 

12月8日。大東亜戦争勃発記念日。真珠湾奇襲攻撃大成功・提灯行列で祝って国中が湧いた日。八紘一宇・鬼畜米英。欲しがりません勝までは。そんなスローガンにまったく違和感を覚えなかった。この日を境に世界中が戦争に引き込まれた。日本国民だけで320万人の命が失われた。その人たちの犠牲の上に今日があることを忘れてしまっている。敗戦を終戦と言い換えて、誤魔化すことを覚え、今になっても靖国神社、沖縄戦集団自決などあやふや。民主主義の名の下に義務と責任を忘れ、言いたい放題・したい放題。平気で人を殺めるようになった。日本人は「心」「大和魂」を原爆で焼かれてしまった。

参議院第一党の党首が国会開会中だというのに、手下を40人も引き連れ外国訪問して得意になっているようでは、日本は救えない。少しはやるかなと思ったが、考えるとあの人も元を辿っていくと同じ穴の狢。日本はどうなる?。

そんな中、徴兵制度復活を唱える知事が現れた。頼もしい話。徴兵制度復活までしなくても、国会議員・公務員(特に上級職公務員)を対象にした叩きなおし制度は必要だ。こんなことを書くと下らないとお叱りを受けるかもしれない。政治向きの話はしたくはない。でもたまには年寄りの愚痴だ、黙って聞いて頂きたい。

死刑執行・名前の公表 

死刑執行された中に忘れられない名前があった。T。死刑を反対する人もいる中で、名前の公表は是か非か。被害者にも死刑囚にも家族がいる。死刑囚の家族もある意味では被害者。忘れようと、この長い年月をどんな思いで過ごしてきたことか。それぞれの家族の心を想うと複雑。「完オチ」の後のTの笑顔はまだあどけなさが残っていた。本人は死を持って罪を償った。残された家族は様々な想いを背負って、また今日から新しい人生がスタート。

謝って

済めば警察は要らない

命で償っても

亡くなった人は生き返らない

切ないね

様々な想いを込めて篠笛を3曲。少しは落ち着いた。

|

« 安売りチラシ・買い物のお供 | トップページ | 緩和病棟見舞い・ハコベ物語 »

コメント

先日ご近所の80代のおじ~いさんから戦争体験談を聞きました。
戦争は突然起きるのではなくヒタヒタと・・との事。「平和を大切にしないと英霊に悪い」とも言っていました。
今日は12:8集会でマレーシアから来たショウ・ブーンホーさんの証言を聞いて来た。

投稿: お梅 | 2007年12月 8日 (土) 20時18分

篠さんの言う通り!皆どこかおかしい。平和ボケという言葉ではくくれない。毎日怒ることに事欠かないね。

投稿: 異風坊 | 2007年12月 8日 (土) 21時34分

今晩は、ご意見は、正論、納得ですよ。防衛省・厚労省問題も然りですよね。もっと言いたい気持ちを持っていますので、すっきりしました。それと、T死刑囚は、漸く(責任を)終えられたと言う事でしょうね。

投稿: 片吹 | 2007年12月 8日 (土) 22時38分

いろんなことも、人柱っていうもんね。戦争のお話、してくれる人、少ないから、教わらないと伝わらないね。うちに末っ子は、カナダに行ってた時、英語で戦争の本、図書館で借りて読んで、学校で習ったことと違うんだよって。

投稿: 藍弥生 | 2007年12月 9日 (日) 08時16分

死刑執行のニュースを新聞で読んで25年も前のあの夜ことを鮮烈に思い出した。キャベツ畑から神戸まで、次々と展開してゆく事件。事実の怖さを知った事件でもあった。四半世紀にも及ぶ時間を被害者家族はどのような思いで生きてきたのか。獄中でTは何を考えていたのか。この週末はいろいろ思いをめぐらした。そのせいか39度の熱を出した。単なる風邪らしい。篠さんにご迷惑をおかけしたのもこの事件だった。人の巡り合いは奇遇だ。

投稿: 則天去私 | 2007年12月10日 (月) 11時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安売りチラシ・買い物のお供 | トップページ | 緩和病棟見舞い・ハコベ物語 »