« 年寄りいじめ・日々雑感 | トップページ | 「ガンの在宅医療」講演会開催 »

2008年1月11日 (金)

親父・お袋と再会・農協朝市

田舎の甥が37年前写したと言う親父、お袋、姪の3人を写した写真をブログに載せてくれた。「千の風になって」の歌詞そのもの。写真を見ながらいろいろ話しをした。向こうには、皆が待っている。こっちに長居をする必要はなくなった。ふと、そんな気がした。里山の春ちゃんありがとう。元気なうちに昔、大雪の中をO町中学の入学試験の時に親父と歩いた道(片道12キロ)を通ってみたい。近道を通るとお袋の生家の上を通る。そのときはよろしくね。

娘の運転で農協朝市。昼食はFMLでカニ雑炊。

新テロ特措法が、3分の2条項で可決。

|

« 年寄りいじめ・日々雑感 | トップページ | 「ガンの在宅医療」講演会開催 »

コメント

写真のご両親は「常雄や、もうすそちらで修行して来なさい」と言って居られるますよ!明日から真冬だって!お互いに風邪にご用心ですね。

投稿: お梅 | 2008年1月11日 (金) 19時02分

親父とお袋の写真には参ったね。お梅さんからそう言われると、その気になってしまう。
風邪はお互い気をつけましょう。

投稿: 篠笛 | 2008年1月11日 (金) 19時36分

篠笛さんが亡くなったご両親のブログの写真にむかって話しかけたというのを読んで、なんだか胸がキュンとしました。なっちゃんの両親は94歳と89歳で実家で健在だけど、急に会いたくなりましたよ。それにしても篠笛さん、お梅ちゃんの言うとおりです。
まだまだこちらで、私たちとお付き合いくださいませね。

投稿: なっちゃん | 2008年1月11日 (金) 22時36分

街や駅で、ふと、少し父に似ている人を見かけると、目でおったりしてる。
母には、往復はがきの日も作ってみたけど・・・何通毎日書いても、お返事は1通も来ないんだ。

投稿: 藍弥生 | 2008年1月12日 (土) 00時22分

返事が来なくても、書く相手がいることは幸せだよ。郵便受けからは出しているだろう。返事書かなくても分かっているよ。

投稿: 篠笛 | 2008年1月12日 (土) 04時01分

広津のハルキです。
叔父さんは祖母に可愛がられて育ったので、ババのあのこぼれるような笑顔を見たら、鬼の捜査一課長といえど、目頭が200度くらい熱くなったと想像できます。
叔父さん、ババはあっちで何してると思いますか?
気弱になった貴方を気遣い、また「茶断ち」です。
そんな優しいババでしたね。

投稿: 広津のハルキ | 2008年1月12日 (土) 05時07分

広津のハルキです。
叔父さんがジジと一緒に歩いた広津の道、
山桜の咲くころ下調べをしておきます。
北足沼の祖母の生家を訪ね、
広津小学校で「おやき」を食べ一服、覚音寺でお参りし、
大町へ向かう「ツネオ少年の歩いた道」。
企画しますので楽しみにしておいてください。
叔父さんが駆け巡った「故郷の山道」は
私にとっても慕わしい思い出の道なのです。

投稿: 広津のハルキ | 2008年1月12日 (土) 05時19分

「ツネオ少年の歩いた道」ワクワクして胸が熱くなるような話しで当分「千の風」はお預けにしなくてはと思いを新にしました。
新しい人生のスタートの年になりそう。
頼むね。
ババもジジもきっと同行すると思う。春が待ち遠うしい。
味噌造りも続けることにしたとのこと、ババもジジも歓んでいるよ。藁沓を履いて豆を踏んだ昔が蘇ってきた。

投稿: 篠笛 | 2008年1月12日 (土) 07時35分

篠笛の君へ
 先日のブログに歯石を取りに歯科医に行った、という一文がありましまたが、昨日、私は歯石どころか、親からもらった歯そのものを3本も抜き取られる羽目に。そして今朝は、抜歯の跡を消毒治療。その帰途、飲み物が沁みないかどうかのテストも兼ねて喫茶店に寄りました。お茶を飲みながら、店内で読んだ本(『新聞記者――疋田桂一郎とその仕事』)の一節にこんな個所があり、親思いの腰さんを思い浮かべました。

 「背中をかいておくれ」と母親がいうのに、息子はきかない。母親は仕方なく崖で背中をこすっているうちに、谷川に落ちて死んだ。息子は悲しんで郭公(かっこう)になり、母の背中を「かこう、かこう」と泣き続けた、と信州の昔話にあった。

 孫ができてようやく“じいじ”になったというのに、最近私も亡くなった父や母のことを時折思い出すようになりました。年のせいでしょうか。孝行らしいことは何一つしてあげられなかった、という悔恨の思いがそのたびに突き上げてきます。

 喫茶店での飲み物は口に沁みなかったけれど、郭公の故事は心に沁み入りました。 言語楼


投稿: 「言語楼」こと柊木 惇 | 2008年1月12日 (土) 13時29分

言語楼さん
郭公の話は胸に沁みるね。親孝行したい時には金もなかった。今更悔やんでも手遅れ。仕方ない、あの世で孝行するさね。

投稿: 篠笛 | 2008年1月12日 (土) 13時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 年寄りいじめ・日々雑感 | トップページ | 「ガンの在宅医療」講演会開催 »