« がん克服条例 | トップページ | 篠笛教室・初出張稽古 »

2008年2月27日 (水)

鈴木宗雄議員、東京高裁で実刑判決

鈴木宗雄議員、東京高裁で懲役2年・追徴金1100万円。執行猶予なしの実刑判決。

北海道での港湾工事受注などの見返りに業者から現金計1100万円を受け取ったり、衆議院の予算委員会でうその証言をしたりしたとして、受託収賄や議院証言法違反(偽証)など4つの罪に問われた「新党大地」代表の衆院議員・鈴木宗男被告(60)に対する控訴審で、東京高裁(池田修裁判長)は26日、懲役2年、追徴金1100万円の実刑とした一審・東京地裁判決を支持し、鈴木議員の控訴を棄却する判決を言い渡した。当然と言える判決。でも時間が掛かり過ぎる。

|

« がん克服条例 | トップページ | 篠笛教室・初出張稽古 »

コメント

議員さんとか政治家って、ボランティアでもいい、って言うくらいの人、選ばないとねえ。地位を利用して溜め込む人は、困るよね。

投稿: 藍弥生 | 2008年2月27日 (水) 22時57分

永田町はタヌキやキツネが住んでおり、庶民の感覚が判らないようですね。
面白可笑しくTVもとりあげマスコミの責任も大きいですね。

投稿: お梅 | 2008年2月27日 (水) 23時07分

あら、そうなんだあ。永田町に往診に行って、病気の狐と狸、治したくなっちゃった♪

投稿: 藍弥生 | 2008年2月28日 (木) 08時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« がん克服条例 | トップページ | 篠笛教室・初出張稽古 »