« 五行歌横浜歌会第一席入賞・手書きの扇子 | トップページ | 探偵仲間の送別会 »

2008年2月21日 (木)

Mさんの五行歌

相談があったことの中間報告を兼ねて、緩和病棟に入所中のMさんを見舞った。窓から一望される丹沢山系の後方に座る富士山。Mさんが現在の心を率直に詠った五行歌の情景そのままでなんとも言えない。

窓下に見える隣の学校の桜の花を今年も、来年も観たいと言っているMさんの願いを叶えてやりたい。これまでかなり無理しても出席していた横浜歌会に今月は出席できなかった。Mさんの切ない気持ちは察して余りある。替わって、ハマ風NO18号に搭載されたMさんの歌を転載する。

「三食医療ケアーつき

お別荘と思えば・・・」

そう!!そのとうり

パノラマで観る雄大な景色

此処緩和ケアー病棟

唯ひとり話し相手で留守を守っていた「クウタン」も個室になってお引越しをして、家には誰も居なくなった。

ぴたりと閉まった雨戸

残された風鈴一つ

木枯らしに

狂ったごとく泣いて居る

この家の主はいずこへ・・・

(ハマ風NO18号より)

Mさんの快癒を心から祈念する。

二俣川眼科へ薬を貰いに行く。

|

« 五行歌横浜歌会第一席入賞・手書きの扇子 | トップページ | 探偵仲間の送別会 »

コメント

一人ぼっちは、さびしいよね。心配だしね。母が熱を出して、一人で寝ているので、ここ2-3日、夜、行って様子を見ています。

投稿: 藍弥生 | 2008年2月21日 (木) 22時51分

藍ちゃんお母さん心配だね。お大事に。藍ちゃんも風邪引かないようにね。

投稿: 篠笛 | 2008年2月22日 (金) 08時27分

Mさんの歌も凄い!ですね。
病室から見える山々、近くの学校も一人で見るのは辛いでしょうが気丈に頑張っておられ人生の先輩として学ぶ所が多いです。

投稿: お梅 | 2008年2月22日 (金) 08時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五行歌横浜歌会第一席入賞・手書きの扇子 | トップページ | 探偵仲間の送別会 »