« 建国記念日 | トップページ | コスモス歌の集い »

2008年2月12日 (火)

男の品格

「男の品格」

この間、女の品格について書き込んだところ反響が物凄かった。男の品格にも触れないと片手落ちだというお叱りも受けた。今「品格」ブームで本屋を覗くと品格コーナーがあって色々の本が並んでいる。試しに、PHPの「男の品格・川北義則」を買ってきた。雨で外にも出られない、老人は本でも読んだら・・と梅ちゃんに勧められた。今更品格を云々する気持ちがないから拾い読みしてみた。ところどころになるほどと思うことが書いてある。223ページもの本を丸写しするわけにもいかない。俺流に解釈して気になったところをつまんで紹介する。

「今,日本の男たちに足りないものは(遊び心)である。

車のハンドルに「遊び」があるように人生の運転にも「遊び」が必要だ。遊び上手な男は仕事も出来る。遊び心を持っている男は女性にモテる。それは、ゆとりがあるからだ。ゆとりがあるから魅力がある。魅力があるから品格が生まれる。品格を宿した男に男も女も運すらもついてくる。

「ゆとり心」を身に付けることが男としての品格、品性を磨いてくれる。

心に余裕を持つことが長生きに繋がるそうだ。

斉藤茂太精神科医の受け売りとして、心の余裕

「人付き合いがうまい。絶えず前向きの姿勢を持っている。本業以外の趣味を持っている。他人のせいにしない。好奇心が旺盛。ストレスを恐れず楽しむ。仕事を道楽と心得る。ユーモアーを忘れない。何事も後悔しない。」

具体的な方法として、STRESS(ストレス)の6項目をあげている。

 スポーツ T トラベル(旅行) R リクリエーション E イート(食べる) S スリープ(よく眠る)  スマイル(笑う) 

どれも楽しむこと、遊びに通じることばかりである。

篠笛流を一つ加えると「ゆとりは「無心」から生まれる。

最近ルピナスさんのHPに書き込んだ駄洒落五行歌

剣の極意は「無心」にあり

宮本武蔵

人生は「無心」を

求める旅

篠笛

国会で蠢いている政治屋さんに読ませたい本。

|

« 建国記念日 | トップページ | コスモス歌の集い »

コメント

今日は、渋谷歌会でした。

過去を
味方に
できる人は
幸せ街道を
歩める

にしました。寒かったー、帰り道。

投稿: 藍弥生 | 2008年2月12日 (火) 23時54分

藍ちゃん
相変わらずいい五行歌。そこでお返し一首
忘れられない
想いを
幸せ街道に
連結すろのは
無心の会得

投稿: 篠笛 | 2008年2月13日 (水) 04時51分

篠さん同様(失礼)品格には縁がないが、参考になったよ。少し励んでみるよ。

投稿: 月見草 | 2008年2月13日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 建国記念日 | トップページ | コスモス歌の集い »