« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

篠笛教室・発表会裏話

篠笛教室

冷たい雨が、短い命を精一杯咲いている桜の花を苛めている。篠笛教室だが自転車は載れない。バス通りの桜も雨に叩かれてすでに路上を埋め始めた。

篠笛発表会ご声援沢山の方が来てくださって、「腰原声援団が引き上げたら客席が、がらがらになってしまった」と、先生も、仲間たちも正直驚いていた。

「出だしと最後はバッチシ決まってたよ。途中何があっても最後を何気なく決めるのは流石だったよ」先生は精一杯褒めると言うより慰めてくれた。

先生昨日急いで足首を捻挫したらしく足を引きずって不自由な歩きをしていた。捻挫も軽かったようで柔道の技?で治すことが出来た。治療?の後足を引きずらなくなった。昔、道場で散々やったこと。どこかで役に立った。

帰りは雨が上がっていた。一休みして鉢の植え替え。梅花カラマツ草、麒麟草、桜草などが盛んに咲き誇って目が離せない。

笛が呼ぶ

温かき

心の絆

広まりて

宝物

明日からガソリンの値が下がる。素直に喜んでいいのか?

| | コメント (4)

2008年3月30日 (日)

篠笛発表会・大勢の応援に、上がる

篠笛発表会。

朝7時30分近所の美容室の奥さんが来て紋付袴の着付け。

惠ちゃんとBFが車で送迎。途中混雑もなく、早く着き過ぎた。桜は丁度見ごろだが少し肌寒い。慣れない着物で歩くのも大変。本番までに疲れてしまった。

余りにも大勢の方が「観に」来てくださって感謝感激。舞台の上から思い掛けない懐かしい方のお顔が見えて感激してしまった。花粉症の薬の飲みすぎもあってすっかり上がってしまった。

この年になって初めて「上がる」と言うことを経験した。やっぱり聴いていただくより観ていただく結果となってしまった。「古希過ぎた片肺のお年寄りが篠笛を吹くことに意義がある」と仲間が本気で慰めてくれた。

「篠笛を人に聞かせるように吹ける様になるのには10年」と言われた先輩の言葉を改めて思い浮かべて反省。

大勢の方が来てくださったのを見て先生方も付き添いの孫たちも驚いていた。疲れて午前中で引き上げ、伊勢佐木町の馴染みの中華で惠ちゃん・BFと昼食。紋付袴に「そんな格好もするんですか?」と、女将さんびっくりしていた。

観にこられない方から家に「祝電」を頂き、余り歓心を持たないバアチャンも驚いて、夜は特上の寿司を注文した。

緩和病棟から「車椅子で、キット観に行く。丁度お花見時期だしね」と言ってくれたのに千の風になってしまわれたMさんもどこかで聞いてくれと思う。

宣伝しすぎて大勢の方が聴きに(観に)来てくださってご迷惑をお掛けしてしまった。

ボケとの競争になるが篠笛の精進に励み、長生きしたご褒美、この優しい方々の心を「宝物」として大切にしていきたいと思う。

個別に御礼申し上げませんが本当に有難うございました。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

花桃外交・発表準備

好天気に誘われて庭掃除の後畑の草取り。生ゴミ回収日とあってゴミ出しに来た近所の人が紅白の桃を褒めていく。何本か切って差し上げる。親しい人には、ブロッコリー、ホウレン草つき。

篠笛最後の練習。明日は大勢の方が聴きに(観に?)来てくださるということで、バアチャンに言われ散髪。ついでに山野草店を覗く。店長の話では家によく来ているイワヒバの好きな人が篠のことをよく話題にするらしい。と聞いて、珍しいものを記念にと4鉢買う。また棚が増えた。明日は寒いらしい。惠ちゃんとBFが送ってくれることになっている。

| | コメント (3)

五行歌・ハマ風入選作の紹介

ハマ風NO19号2008 4号に、JBK友の会関係者が推薦歌に選ばれたので紹介。

藍ちゃん作 松本希雲選

別れた人と

もう一度

別れることはない

だからもう

不安はない

篠笛作 岡本まさ子選

こころって

不思議

相手を

選んで

七変化

なっちゃん作 岡本まさ子選

「遠近・中近・近々」

眼鏡屋さんの説明は

「謎解き」みたい

視力アップの前に

理解力アップが求められる

故・村上淑子さん作 篠笛選(病室から投稿したもの)

残照の

ひときわ燃えて

水平線に

溶けて一気に

吸い込まれゆく

篠笛作 清水ふみ選

一人ぽっちに

慣れたのに

寂しさを連れてきた

恵まれ過ぎる

出会い

入選作でなくてもいい五行歌が沢山載っている。複雑な人生の纏めには、もってこい。

| | コメント (1)

2008年3月28日 (金)

治験セミナー

「治験セミナー」

馴染みのない言葉だがGセンターの主催で家が近いのだからと言われ参加。

Gセンター講義室

1 新薬承認の世界との時差と治験の重要性 治験管理室長 円谷彰

2 神奈川ガンセンターでの治験の紹介 消化器内科部長 大川伸一

3 治験に参加する意義と実際 治験コーディネーター  摺木はるみ

治験は、まだ治療薬のない病気に対する薬やより効果が高く副作用の少ない薬を開発するためになくてはならない大切な課程。患者や家族の協力が必要だという。

確かに重要な話しだが、専門的な難しい話なのに、配布資料が一枚もない。B4一枚でも何かあったらいい。質問でそのことを言ったが医師たちは不満だったようだ。マダマダ先は長い。そう思った。

ヤンキースの松井選手結婚電撃発表。

さくら開花。Gセンターからの帰り自転車で夜桜見物。この花を一目みたいといいながら千の風になってしまった仲間、今頃何処でこの花を観ているのだろうか。

横浜市大病院新理事長にH氏が決まった。筋をとうすH氏の就任は、何かと揺れている病院も少しは落ち着くだろう。

土井さん宇宙ステーションから無事生還。

高校野球延長15回で決着つかず明後日再試合。

| | コメント (2)

横笛会発表会 (30日)

第24回 横笛会発表会 (30日)

篠笛愛好者の発表会が開催され、いよいよ出番がきました。 

とき  20年3月30日(日曜日)午前9時40分開場。休憩時間なし。篠は30日の20番目。およそ午前10時30分から11時ころの間に、奈良の古謡「ねんねころいち」を千の風になった人たちの許に届くように心を込めて吹奉します。                                                

ところ 横浜市西区紅葉ケ丘27-2 横浜能楽堂(045-263-3055)。JR桜木町駅から徒歩15分。県立少年センターや音楽堂の裏手になります。駐車場はありません 

入場無料 

出演者 第2目84名 

篠笛より評判がいい、大枚を掛けた紋付袴姿です。皆さん笛は褒めませんが紋付袴が素敵だったと言ってくれます。今年は篠笛も褒められるように頑張ります。

| | コメント (5)

2008年3月27日 (木)

盗賊探偵仲間の総会・ブログの反乱

盗賊専門の探偵仲間の総会

始まる前に碁敵と碁会所で久しぶり勝負。

出席者97名。千の風になった仲間に黙祷。叙勲など受賞者に記念品を贈呈。

アルコールを口にしないのをしつっこく聞きたがる人もいた。

終電車で出て行って始発電車で帰って来るといった夜昼取り違えた張り込みをした仲間。それぞれに深い思い出が重なり懐かしい。ワイワイ昔話をしているうちに時間はアッという間に過ぎてしまった。コメント会を何故やらないのかと責められた。

ブログの反乱

夕べからJBK友の会からログインできなくなった。あちこちに電話したがすんなり解決できなかった。「ココログアカウント」「パスワード」が分からず右往左往。集めた情報をやり繰りしているうちに、何となく問題解消した。

電話で応対した係りの人お年なのによくやってますね。頑張ってください。と応援してくださった。兎に角治ってよかった。

高校野球、神奈川勢昨日慶応、今日横浜が破れてしまった。上には上がいる。これで面白さは半減。

| | コメント (4)

2008年3月26日 (水)

なんとなく過ごした一日。これがいい。

植木相談2件。

棚の鉢物は一斉に動き出した。去年信州の姉のところからもらってきた名前の分からない鉢も可愛い芽をのぞかせてきた。どんな花を咲かせるか楽しみ。

また少年が駅ホームで関係のない人を突き落として殺害。

イワヒバはほとんど冬眠から覚めた。去年挿し木した花桃が3分の1くらい芽を出してきた。白の方が活着率がよさそう。後は花芽を持つかどうかだ。

安曇野の小学校の同級会の通知を貰った。生憎他の行事と重なってしまっている。

篠笛練習を少し念入りにしてみる。咳と手の痺れが気になるが何とか誤魔化して吹いてみたいもの。

高校野球熱戦が続き見始めると目が離せなくなってしまう。

| | コメント (5)

2008年3月25日 (火)

和ちゃん・バイトで塾の講師に

穏やかな天気。ボケ、花桃、春ランなどが可愛い花を咲かせ盛んに、庭に誘うが、一歩外に出ると鼻水の洪水。テュっシュ抱えて様子を見ている。そんな時に限って道行く人が話しかけてくる。お目当ては「紅白の花桃」らしい。今年は花つきが悪いし、まだ蕾のままだが知っている人には何本か切ってあげた。高校野球観戦。

夕べ和ちゃんが「テレビを心配して見に来てくれた。4月3日大学の入学式にしていくネクタイピンが欲しいらしい。箪笥の引き出しに眠っていたものを一杯出して選ばせる。高価なものは選ばず安物の中から2点選んでいた。

和ちゃんはバイトも学校の教科書を扱う本屋さんと、世話になった塾の先生の紹介でこれまで通っていた塾の講師をやるらしい。昨日は講師の研修で時間給を貰った上に交通費ももらえるとチョッと誇らしげに話してくれた。惠ちゃんの時もそうだったからと和ちゃんの入学式に父兄代表で行くことになった。

最高裁静岡の袴田死刑囚の上告を却下。死刑が確定した。

国会は混迷したまま。自民党独裁が長く続きすぎたのか?日本の国はどうなるのだろうか。年寄もチョッと心配になってきた。

神様が怒っているらしい。遠くで雷が鳴っている。

| | コメント (3)

2008年3月24日 (月)

山口県から篠笛教室の問い合わせ・孫の買い物お付き合い

山口県から篠笛教室の問い合わせ

篠笛教室。欠席者多く、その分ミッチリ教えてもらった。みんなよく練習している。吹いている途中で咳がこみ上げて来て参った。

仲間の一人が18日突然の痛みに襲われ救急車で搬送された由。原因はまだ分からないらしいが元気は取り戻し退院したそう。でも昨日の発表会はキャンセルになってショックだったのではないかと思う。一日も早い復帰を願うのみ。

山口県の方からコメントで篠笛教室の問い合わせがあった。一応コメントで返事はしたがアドレスが分からないのでこれ以上対応しようがない。若しこのブログをご覧になっておりましたらアドレスを教えていただければ資料もお送りいたします。お返事お待ちしております。

JBK友の会も全国ネットになってきた。

ココロちゃんからメール。

お彼岸にはこころちゃんのお墓(日野墓地)などに行って篠笛を吹奉しようと考えていた。ところが風邪と花粉症で出掛けられなくなってしまった。やむなく家で勘弁してもらった。そんなことが伝わったのか昨日久しぶり,

本当に久しぶりに「ココロ」ちゃんから元気にしている。とメールを頂いた。千の風はそのまま生きている。そう実感した。

孫の買い物お付き合い

惠ちゃんと和ちゃんが教室の帰りを待っていて3人で昼食。先生たちも同じ店にいて挨拶。あと、打ち合わせしてきた二人の買い物に付き合う。バアチャンが言っていたように、バレンタインデーの手編みのマフラー高いものになった。チョコレートバーにも立ち寄る。

「昨日テレビを見て昼寝して起きたらテレビが消えてしまって電源が入らなくなって修理屋を呼んだ。」と話すと和ちゃん「テレビ付けっ放しで寝ていたから、僕が元栓(テレビの後ろの見えないところにある)で切ったんだよ」と言うことで故障でないことが判明。慌てて販売店に修理お断りをする。孫たちの買い物もテレビを買い換えたと思って諦め。「ボケはお互い様だね。ワッファ・ファ・ファ」当分バアチャンの笑いの種にされそう。

茨城県の連続殺傷事件

警察の不手際が攻撃されている。遺族・被害者にしてみれば警察がしっかりやっていれば・・・と言いたくなる気持ちは理解できる。世の中完全に狂ってきた。亡くなった方のご冥福を祈るのみ。

| | コメント (2)

2008年3月23日 (日)

桜が咲き始めた。畑の野菜配布

町内会館の清掃。役員の最後の勤めとあって自転車で出掛ける。集まってくる人は意外と少ない。

会館前の桜が少しほころびかけていた。春は直ぐそこまで来ている。

顔見知りの人に帰りに畑に立ち寄るように声を掛ける。ホウレン草、ブロッコリーを適当にビニール袋に入れてあげる。みんなびっくりしていた。

温度が上がって急成長したホウレン草はほったらかしておくと花が咲いてしまう。畑も次のなす、キュウリの植え付けの準備をしなくてはならない。ブロッコリーはまだしばらく楽しめる。

ピンクと純白の桃の花が蕾を膨らませてきた。家の仏様にブロッコリーの花と一緒にお供えする。

膨らんだボケの蕾を鳩が実と間違えるのか突っついて落としていく。困った。鉢を移動してみた。

畑の草取りを少ししただけで汗ばむ。

藍ちゃんの放送を聞いて、午後は高校野球を見ながら寝込んでしまった。和ちゃんが葛餅を持って遊びに来たらしいが気がつかなかった。葛餅は好物。それを知っていて先日のお祝いのお返しのつもりらしい。気持ちが嬉しい。

起きてテレビが消えているのに気がついた。電源ランプが消えたまま。あちこちと電話してみた。電源を切って5分くらいしてから再度電源を入れてみては?などのアドバイスがあったが駄目。結局明日販売店で見にくることになった。液晶テレビでまだ買って4年目。このところ風邪気味でテレビを付けっ放しでいることが多かった。でもそんなことで故障するものだろうか。

町内会の一人住まいの88歳のオバアチャンが亡くなった。早速町内会に回覧。これで町内の年寄りのランクが一つ上がった。役員の仕事もなかなか終わらせてくれない。

大相撲朝青龍が優勝。バアチャンの嘆くこと。

こうして年寄りの一日は無事終わった。明日は篠笛教室。後、恵ちゃん和ちゃんと昼食デイト。

| | コメント (8)

2008年3月22日 (土)

色々あった一日

大相撲朝青龍が昨日負けて2敗になった。明日の横綱決戦が面白くなったとバアチャンは飛び上がって歓んでいる。

プロ野球開幕。など、スポーツは見るべきものがあった。

横須賀でタクシー運転手が殺され、犯人はアメリカの脱走兵?。都内で身柄確保され取調べ中。

高校選抜野球開幕。かながわ・がんQOL研究会第68回研究会。総会の後のシンポジウム。に出席。

世界スケートで眞央チャンが優勝。

これからのがん医療に期待すること

参加者はまばら。O先生に会場からの質問を。と言われていたこともあって2回質問に立った。これからのガン医療に患者から望むこと。

「11回の入院で大勢の医療関係者にお世話になってきた。今また、手術不可、完治なし、余命まで宣告されている状態だが、最期診てくださった医師に心から「ありがとう」と感謝の言葉が自然に出てくるような医療をして欲しい。」

そんな言葉で結んだ。広すぎる会場で暖房は音ばかりうるさくて効かず参った。二次会を誘われたが断って帰る。

町内会総会

会長も留任で決着。最前列に陣取る。不満の人もいたようだがこっちの顔を見たせいか、一言も発言なかった。

交番から若いお巡りさんが顔を見せて、空き巣、振込み詐欺,自転車盗が発生しているなどと管内の犯罪情勢をしゃべって帰った。

これで新役員に事務引継ぎをすれば終了。来月から増富温泉療法に行ける。 

明日は花粉が多いらしい。篠笛に仲間が突然救急車で入院したらしい。発表は急遽中止したらしいが心配。

| | コメント (3)

2008年3月21日 (金)

これからのがん医療に期待すること

「これからのがん医療に期待すること」 

かながわ・がんQOL研究会第68回研究会。総会の後のシンポジウム。 

日時 平成20年3月22日(土曜日)14:00~16 :30 

場所 神奈川県立よこはま看護専門学校講堂(県立ガンセンター隣) 

シンポジスト

上野 創   朝日新聞記者「ガンと向き合って」著者 

山下浩介  北斗病院部長(在宅医療科) 

玉地任子  ゆめクリニック院長(在宅ターミナルケアー医) 

吉田永正  永照寺(住職、DPCホスピス支援の会会長) 

がん看護専門看護師(未定)

資料代 会員1000円、 非会員2000円 

今世界の医療が変わりつつある。「患者の権利」「インフォームドコンセント」医療者の説明責任」「セカンドオピニオン」「入院期間短縮」在宅医療」など、今後の医療について話し合う。

前にお知らせしてあるが再度搭載。

| | コメント (2)

風邪のぶり返し

さくらの開花予想が出たと言うのに、冬に逆戻り?。

バアチャンの買い物にお付き合いしたが風が冷たい。咳も逆戻り。ベッドに縛りつけ。ウグイスは今朝も窓下のモッコクの木にきてしばらく鳴き声を披露していった。少しずつ上手になってきた。篠笛で応えてやりたいが驚かすとどこかに行ってしまうかもしれない。それに咳が邪魔をしてうまく吹けない。

今年の風邪は年寄りは治りが遅いから気をつけてと、なんとも有難いやら、情けないようなお見舞い電話を頂く。そんな時に限って咳き込んできてしまう。風邪だけでなく重症の花粉症かもしれない。老いると言うことはこういうことかもしれない。

棚のボケは一年間の鬱憤を晴らすように蕾を開き始めた。頑張ってよ!と声援を送ってくれている。近所の人が写真撮らせてくださいと言ってくる。でも、この人毎年写していくが、写した写真を見せたことがない。

昨日のボトル・シップを欲しいという人が現れた。組み立て道具は棄てられず押入れの奥にある。精神統一には最高だが、今更取り組む気は起こらない。

顔見知りが花を褒めながらやってきて、政治向きのポスターを貼らせてもらいたいと、何人かの政治屋さんの名前を連ねて言って来たが、断る。

| | コメント (4)

2008年3月20日 (木)

ボトル・シップ

終日雨。庭にも出られない。今日から始まったプロ野球。囲碁棋聖戦などを見ながら時間をつぶす。

熱はないが、咳が止まらない。朝方雨の合間を縫ってウグイスが見舞いに来てくれた。

秋田県連続児童殺害事件。畠山鈴香被告に無期懲役刑判決。(求刑死刑)。

日銀総裁はとうとう不在と決まった。

信州の甥のHP「里山の日誌」に「ボトルシップ」の写真が載せられた。私が「肺がん後三年」と宣告されて入院したとき。ニッカの角瓶の中に手造りの帆船を組み立てたものだ。ボトルシップ一本造るのに一ヶ月はかかった。ビン以外は全部手作り。先輩の指導を受けながら、競争で造った。形見のつもりで退院してからも造ってお世話になった方に上げた。

船の底に「健康は人生の宝物」49118日。と書かれているらしい。母や松本の姉に土産にやった。二人とも「これを作っているときのお前の気持ちを思うと胸が詰まって何もいえない。この船は彼岸からこの世に生還した宝船だ」と言って闘病中の苦労を理解してくれた。外で組み立てて一旦バラバラにして、タケバシを使ってまたビンの中で組み立て、ボンドで固定していく。という細かい作業。短気なのによく出来たものとわれながら感心している。長い闘病で、失ったもの、学んだものは余りにも多い。

| | コメント (4)

2008年3月19日 (水)

五行歌横浜歌会・司会

五行歌横浜歌会2月第一席だったので今日は司会。藍ちゃん紹介で初参加のOさんに、例によって腰とお腹を叩いて名を名乗り自己紹介すると「藍ちゃんか聞いています」と笑っていた。

第一席歌は先日千の風になった

村上さんのことを歌われたKさんの歌。

三百六十度感謝です

という素敵な言葉を

残して逝った

彼女に

感謝です

だった。村上さんの残した歌を別刷りで一枚皆に配布された。最期見送った者から一言と言われホスピスで店仕舞いした彼女の生き様、死に様を少しおしゃべりした。涙ぐむ人もいた。咳が途中で襲ってきて希雲さんに替わってもらう。

今日の提出歌は、今庭の木陰で静かに高貴な香りを発散させて咲き誇っている春蘭。中国で戦死した次兄を想う母がこよなく愛した中国春蘭を歌ったもの。入選はしなかったが評価してくださった方もいて満足。会場に鉢を持っていって皆さんに素晴らしい香りを楽しんでもらいたいが、残念ながら春蘭は日没と共に香りを止めてしまう。

風光る

木漏れ日に咲く

春蘭の

香りに蘇る

母の面影

皆との2次会はお断りしてKさんと狸小路で、お払い。午後から降り出した雨が激しく降り続いている。

風邪も花粉症もこれで引っ込むかもしれない。

| | コメント (3)

2008年3月18日 (火)

花粉症の薬は、眠気、集中力散漫など副作用

3,18日から19日11時まで、メンテナンス中でご迷惑お掛けいたしました。

花粉症の薬は、眠気、集中力散漫・・・など副作用が強いと言うニュース。これ以上ボケが進行したら、ただ事ではない。服用を中止してマスクをして鉢の草取りを始めてみたが鼻水攻撃で中止。

ウグイスが3メートルくらいのところまで来て舌足らずの鳴き声で見舞ってくれた。しばらく来ていなかったので心配していたが無事でよかった。葉が混み合っている山茶花、モッコクの木が好きらしい。一箇所に長くは落ち着かない。次から次へ渡り歩いていく。

和ちゃんの合格祝い。惠ちゃんも合流して、三悠会副会長の知っている関内の浪漫茶屋でカニの炭火焼、シャブシャブ。流石の和ちゃんも満腹。沢山合格祝いも貰ってご機嫌。タクシーで送り届ける。

| | コメント (2)

2008年3月17日 (月)

暑さ寒さも彼岸まで

篠笛教室。大先生。一人ひとり前に出て、演奏曲を吹いて指導してもらう。先生がメモしているのが気になって柄にもなく上がってしまった。咳を我慢しているうち、暗譜したものがどこかに吹っ飛んでしまった。練習していなかった付けは正直。マア本番までには少し時間があるからしっかり暗譜をしよう。いつもの調子でやればいいんだ。

また風邪・花粉症がぶり返し鼻水たらたらして帰って、バタンきゅう。(37,3分)無理して出て行かなければよかった。なんて後悔は、らしくない。

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったものだ。棚の植物は一斉に動き出してきた。安曇野の山から来て始めて花を咲かせるものもある。どんな花を咲かせるか対面が楽しみ。風邪くらいで寝てなんかいられない。

| | コメント (6)

2008年3月16日 (日)

和ちゃんの見舞い

チベットで暴動。死者30人とも100人とも伝えられている。あそこの国で起こっていることは分からない。

和ちゃんがスキーツアーから帰って報告を兼ねて、土産もって見舞いに来てくれた。

雪焼けで健康そう。スキーは楽しい思い出造りになったようだ。風邪でなければ鎌倉大仏様を見たことがないという和ちゃんと見学に行く約束をしたあった。

ベッドで鼻水と痰きりに終始。少しは楽になってきた。明日は篠笛教室に行けそう。

| | コメント (2)

2008年3月15日 (土)

春告げる春蘭の香り

昨日の雨でイワヒバが一斉に冬眠から覚めた。いい陽気で植木類の植え替えも心配になるが、終日ベッドにもぐる。薬が効いたらしく熱は下がったが、次から次襲ってくる鼻水攻撃は続き、ティッシュペーパーが半日で一箱空になった。

暮れに引いた風邪がようやくよくなってきたと思っていたのに、基礎体力の減少か。

窓を開けるとなんともいえない香りに引かれて外に出てみた。庭の木陰で木漏れ日を受けて春蘭が淑やかに咲いていた。今年は花のつき具合が悪く、咲き始めたのは3鉢だけ。でも香りは素晴らしい。一年付き合ってきた喜びのを分かち合える。早速一鉢を玄関の先日友人が届けてくれたものの横に置いた。

春蘭の

香りを

載せて

光る

| | コメント (5)

2008年3月14日 (金)

風邪?

喉の痛みは改善されないが、バアチャンのお供でマリアンナ。何回も行っているのに、なぜか一人で行くのを嫌がる。そのまま帰られないとでも思っているのかな?

喉の痛みと発熱(37.7分)行き付けのクリニックへ行って薬を貰ってくる。風邪らしい。

雷を伴った物凄い雨。この雨で冬眠していたイワヒバも一斉に目を覚ましてきた。忙しくなる。

土井宇宙飛行士の活躍でエンデバー宇宙船にドッキング成功。確定申告郵送。

| | コメント (5)

2008年3月13日 (木)

造り主と競うようにボケの花が動き出した

農協朝市バアチャンのお供。FRでカニ雑炊。

先日尋ねてこられたUさん玄関先に咲いていた「思いのまま(梅)」をカメラに収めて帰られた。写した梅の花を現像してはがきにして送ってくれた。梅の花の里帰りである。写真に写されるとまた一段と見ごたえがあって、嬉しい。花の命は短い。いい時に写して頂いた。僅かな風に煽られてもひとひら、ふたひらと散り始めた。

梅が散ったら次は私と「ボケ」が蕾を膨らませて待機している。これからは一時も棚から目が離せない。

AC文章教室提出期限切れ。催促のメールを頂くまで17日確定申告の提出日と勘違いをしていた。ボケは意外なところからやってきたようだ。

確定申告よく分からないまま兎に角まとめて?訂正呼び出しのあることを覚悟して提出。役人もいい加減だか・・・少しは手数を掛けさせてやってもいいか??。微かな抵抗。

| | コメント (1)

2008年3月12日 (水)

ポカポカ春がやってきた

ポカポカ春がやってきた。

昔の仲間が中国産の花が咲いている匂い春蘭など4鉢も持ってきてくれた。早速玄関に置く。また財産が増えた。

温かい陽気に浮かれて成長が早くなった、ブロッコリー、ホウレン草の延びたものを適当に採取して近所に配布。植木・野菜相談3件.

昨日からのニュースは驚いたり、呆れたりで嫌になる

29億円相続税隠し。(隠場所に窮し家中一億円入りダンボールゴロゴロ。一箱欲しいな)

日銀総裁・野党が反対。(この時期どうするの?)

JR東日本。弁当賞味期限偽装。15、000食。(ひょっとして食わされているかも?)

愛知県警警部補50万円詐欺で逮捕(馬鹿者め)

嫌なニュースが続いた後、明るいニュース

土井宇宙飛行士が乗った日本製国際宇宙船エンデバー打ち上げ成功。

確定申告処理中来訪者続々。中断のまま。

| | コメント (2)

2008年3月11日 (火)

年寄りいじめ

三悠会役員会。ベイ・シラトンの和食が美味しかった。

春がやって来て増富湯治再開を目指して、パソコンと携帯を接続するインターネット・モバイルを求める。あちこち訪ね歩いてようやく巡り合えた。

手付かずだった確定申告。ようやくやりだした。先ずは医療経費一覧表の作成。医療費の多いのには今更ながら驚く。

相談事。実の子供(長男)が親をいじめているらしい。親の年金欲しさに引き取って、目に余るいじめを繰り返しているらしい。と言うことだ、肝心の本人は「そんなことはない」といじめを認めない。長男は施設に入れる金は勿体ないと公言しているようだ。ほかにも子供もいるが誰も見向きもしない。年寄りはそこを出ても行く先がないということらしい。

怪我、衰弱、病気・・・本人の訴え。具体的事実がないと、行政も、警察も手が出せない。老いると言うことは大変なことだ。明日はわが身。他人ごとではない。

| | コメント (3)

2008年3月10日 (月)

コスモス定例会

篠笛教室。先生花粉症で苦しそう。発表会の練習。有志で昼食。

午後コスモス定例会。27名参加。去年からコスモスに見学に来ていたT大の大学院生「患者学?」を博士論文に纏めたいとのこと。全面的に協力することにした。

K市の議員さんがK市にも患者会を立ち上げたいと視察に来られた。どんな形にしろ議員さんが患者会に興味を持たれるのはいいこと。「ガン経験者が事実を受け止め、明るく皆前向きに生きていることに驚いた」と感想を述べていたのが印象的。

「篠笛を楽しみま専科」申込者で笛を渡してない人に配布。先日渡した人「難しい。篠笛さんの苦労が分かった」と見直してくれた。今日また一人申し込みがあった。

最後に「ねんねころいち」「千の風になって」2曲。

今朝雨で自転車なし。歩くのもたまにはいい。

| | コメント (3)

2008年3月 9日 (日)

孫達とデイト

町内自治会館の清掃当番。日曜日は若い人は寝ているのか、最後なのに欠席が多かった。

和ちゃんの買い物お付き合い

和ちゃん、去年のクリスマスに約束した「アイポット」受験勉強が過ぎてからにしてはと言う惠ちゃんの意見を取り入れていたのを復活。横浜駅で待ち合わせていたところ、惠ちゃんがチャッカリBFを連れて現れる。4人で回転寿司・チョコレートバー。

和ちゃんは今晩からバスツアーで信州「白馬」へ3泊4日のスキーに行くと言う。先日から恵ちゃんのBFの紹介で本屋さんのバイト(学校へ教科書配布。時給800円)を始めたと聞いて感心。j途中の弁当代くらいはカンパ。〆て結構な出費。

北京オリンピック出場を懸けた女子マラソン。注目のQちゃんこと高橋尚子は途中失速。名前だけでは勝てない。若さに敗れる。優勝は中村友梨香選手。

様々な事件があった大相撲今日、初日。

いよいよ春本番を控えて、盆栽相談3件。

| | コメント (5)

2008年3月 8日 (土)

コスモス・N(乳がん)の会交流会

コスモス・N(乳がん)の会交流会。

桜木町ワシントンホテルの会場をお世話したことから、篠笛持参と言う条件付?で特別招待される。参加者は17名。男は北海道から参加のY先生と二人だった。

自己紹介のとき突然一人が「再発を宣告された」と涙の報告があってしばらく座はシーンとなった。見かねたY先生が側に行って「根絶は出来なくても共存と言う道がある。乳がん治療はガンの中でも一番進んでいる。」などと話をして彼女にも笑みが戻った。再発はがん患者の宿命。覚悟はしていてもわが身のこととなると消沈は止むを得ない。

「千の風になって」「さくら・さくら」「ねんねころいち」を吹いた。篠笛を始めて見たという人もいた。

二次会を誘われたがお断りして帰る。春はもうそこに来ている。道路脇の草の緑が目立ってきた。自転車で坂道を登ってくると汗ばむ。

笹野台から赤飯が届く。お昼食べ過ぎて夕食は軽くした。

昨晩「ハマ風」編集の春野さんから「村上さんを偲ぶ」と言うエッセイ(800字)の依頼があった。勿論お引き受けした。

| | コメント (3)

2008年3月 7日 (金)

農協朝市・篠笛教室パート2

農協朝市

農協朝市。帰りに孫の家で作った海苔巻きを沢山貰ってきて昼食。

自転車のパンク修理。惠ちゃん一家が車で自転車やさんまで運んで修理して持ってきてくれた。大助かり。

篠笛教室パート2

Uちゃんが笛を取りに来た。音出しの基本を吹いてみて、少しは音に近いものが出るようになった。難しいと言うことを理解した様子。ちょうど鉢植えの梅(思いのまま)が満開時で写真に収めていた。

暖かくなってきたのにウグイスが先日きたあとさっぱり来なくなってしまった。森が少ないためか、野良猫にでも襲われたのかもしれない。

パソコンの反乱

昨日(3,6)はセキュリティーに問題があったのかパソコンが混乱した。メールの受発信に問題があったり、メール受信欄に突然、生前の「こころちゃん」のメールが現れてびっくりさせられた。お彼岸が近づいてきたたので偵察に来たのかもしれない。

花粉症の薬を飲むせいか、頭が少し重い。庭作業に精を出したいが長くは続かない。

| | コメント (4)

2008年3月 6日 (木)

篠笛教室・惠ちゃん和ちゃんとデイト

篠笛教室・惠ちゃん和ちゃんとデイト

早起きしてブロッコリー、ホウレン草を採って、隣へ夏みかんのお礼に届ける。

町内会決算報告書などを各戸に配布。町内会役員の仕事も段々少なくなっていく。

Aちゃん夫婦の篠笛教室第二日目。二人とも真剣に練習した成果が見られた。「0」の音には手古摺っているようだが,「さくら・さくら」の3節まで何とか吹けるようになった。長足の進歩だ。夫婦がお互い競い合っているのが意外な効果を挙げているようだ。

夕方からは惠ちゃん和ちゃん二人の孫とデイト。三悠会副会長の知り合いの店でイタリアン料理をご馳走になった。アワビのステーキが美味しかった。

| | コメント (3)

2008年3月 5日 (水)

Gセンター診察日・市役所相談室で人権相談

Gセンター診察日

Gセンター診察日。待合室は相変わらず混雑。「順調にいってますね」次の予約の話しなどしておしまい。外来処置室で注射はコスモスに顔を出していたS看護師。この間から配置換えで回ってきたらしい。Mさんの亡くなったことなど立ち話。知っている人だとなんとなく安心。

自転車が画鋲を拾ってパンク押して帰る。

市役所相談室で人権相談

午後は市役所相談室で人権相談。幸福そうに見える家庭も一歩裏側に回れば不幸が渦巻いている。そんな相談。家庭内やまして夫婦間の争いにはタッチしないのが原則。好きで選んだ相手だから自分に一番責任がある。何も知らない子供が可哀そう。

狸小路でよく会う人の後を追ってつい一杯付き合う。

| | コメント (2)

2008年3月 4日 (火)

バアチャン、リハビリセンターで腰痛体操

バアチャン、マリアンナで腰と膝のコルセット受け取り。保険適用外で38000円。(でも市役所に請求すると70パーセントが戻ってくるということ)。足の痛むのは腰から来ているらしいということで、リハビリセンターで腰痛体操の指導を受ける。半日お付き合い。昼食は藪の手打ちソバ。自分のことでなくても病院はなんとなく疲れる。帰って直ぐ2時間グッスリ昼寝。

畑の雑草採り。雑草も冬の寒さと霜対策か根が深くなかなか抜くのに苦労する。隣の家から夏みかんを沢山頂いた。考えてみると枝が結構こっちに伸びているから、少しは頂く権利があるかもしれない。(こんなことは大声では言えない。内緒の話)

明日はGセンター。午後は市役所市民相談室で人権相談。

| | コメント (7)

2008年3月 3日 (月)

篠笛を楽しみま専科申し込み増加

篠笛教室・篠笛を楽しみま専科申し込み増加

今日から明日にかけて中国から黄砂が飛来するらしいという天気予報で朝、花粉症の薬を飲みマスクをして出掛けた。

そんな予報の影響か篠笛教室は欠席者が多かった。発表会に向けて舞台に立ったときと同じ状態で一人ひとりが演奏や出入り・立ち居振る舞いの指導を受けた。欠席者が多い分、ミッチリ教わることが出来た。

今朝方千の風になった人たちの訪問を受けて寝不足のところに、花粉症の薬の副作用か頭がふらつく。ぶらぶらせず早目に帰って昼寝。

「篠笛を楽しみま専科」の申し込みが増えて、笛と教科書の追加注文。先生も驚いていた。

| | コメント (4)

2008年3月 2日 (日)

お雛様祭り

寒さは和らいだとは言え風は冷たい。昨日頑張り過ぎたようでチョッとだるい

。今日は作業中止。

夕方惠ちゃんの家にお雛様祭りに招待されて、バアチャンは朝からソワソワしていた。魚の生物が好きなことを知っていて、奮発したらしく上等なトロが用意されていた。惠ちゃんのBFも来てみんなでワイワイ楽しく食べ過ぎ。今日一日平和。

明日は篠笛教室。

| | コメント (7)

2008年3月 1日 (土)

鉢の植え替え

鉢の植え替え

時の流れの速いこと。もう3月。始めの宣告通りだと、後半年。戦友が千の風になったり、時々襲ってくる後遺症に刺激されると、折り目・節目にはフトそんなことを思ってしまう。ヤッパリ気にしているのだと思う。ガンと共存しているものの宿命だ。

いい陽気で午後から花粉症で鼻水たらしながら気になっている鉢15鉢ばかりの植え替えをした。ニシキギは根詰まり寸前。赤の長寿梅3鉢株分け。一緒に肺の手術をした高校の先生「長寿梅」と言う名前がいいと一鉢持っていったが4年11ヶ月目に再発して千の風になってしまった。植え替えをしながらそんなことも思い出した。

想いのまま(梅)が3分咲き。なんともいえない香りがあたりに漂う。道行く人が立ち止まって眺めていく。

夕方篠笛練習。

明日は孫の家のお雛様祭りに招待されている。

| | コメント (6)

第24回・横笛会発表会

第24回 横笛会発表会

篠笛愛好者の発表会が2日間に亘って開催されます。

第24回 横笛会発表会

とき  20年3月23日(日曜日)と

3月30日(日曜日)の2日間

両日とも午前9時40分開場。休憩時間なし。

ところ 横浜市西区紅葉ケ丘27-2 横浜能楽堂(045-263-3055)。

JR桜木町駅から徒歩15分。県立少年センターや音楽堂の裏手になります。駐車場はありません

入場無料

出演者 第一目79名。 第2目84名 

篠は2日目30日の20番目。およそ午前10時前後に、奈良の古謡「ねんねころいち」を千の風になった人たちの許に届くように心を込めて吹奉します。

篠笛より評判がいい、大枚を掛けた紋付袴姿です。皆さん笛は褒めませんが紋付袴が素敵だったと言ってくれます。今年は篠笛も褒められるように頑張ります。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »