« コスモス定例会 | トップページ | ポカポカ春がやってきた »

2008年3月11日 (火)

年寄りいじめ

三悠会役員会。ベイ・シラトンの和食が美味しかった。

春がやって来て増富湯治再開を目指して、パソコンと携帯を接続するインターネット・モバイルを求める。あちこち訪ね歩いてようやく巡り合えた。

手付かずだった確定申告。ようやくやりだした。先ずは医療経費一覧表の作成。医療費の多いのには今更ながら驚く。

相談事。実の子供(長男)が親をいじめているらしい。親の年金欲しさに引き取って、目に余るいじめを繰り返しているらしい。と言うことだ、肝心の本人は「そんなことはない」といじめを認めない。長男は施設に入れる金は勿体ないと公言しているようだ。ほかにも子供もいるが誰も見向きもしない。年寄りはそこを出ても行く先がないということらしい。

怪我、衰弱、病気・・・本人の訴え。具体的事実がないと、行政も、警察も手が出せない。老いると言うことは大変なことだ。明日はわが身。他人ごとではない。

|

« コスモス定例会 | トップページ | ポカポカ春がやってきた »

コメント

後期高齢者医療制度なるもので老人は益々生きづらくなるらしい。
高度成長を支えた働きバチだった人たちを大切にしない日本の将来は心配です。

投稿: お梅 | 2008年3月11日 (火) 22時14分

年金、あんまりない人は、安心だね?いくつになっても、自分の身は自分で守らないといけないんだね・・・。

投稿: 藍弥生 | 2008年3月12日 (水) 00時40分

11日広津は15度、春のようでした。二人の叔母を里山の日誌に掲載しました。横浜のお仲間に「美人の姉さん」を自慢してください。叔父さん姉弟、いつまでも元気でいて欲しいと願います。

投稿: 広津のハルキ | 2008年3月12日 (水) 01時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスモス定例会 | トップページ | ポカポカ春がやってきた »