« 風邪のぶり返し | トップページ | 色々あった一日 »

2008年3月21日 (金)

これからのがん医療に期待すること

「これからのがん医療に期待すること」 

かながわ・がんQOL研究会第68回研究会。総会の後のシンポジウム。 

日時 平成20年3月22日(土曜日)14:00~16 :30 

場所 神奈川県立よこはま看護専門学校講堂(県立ガンセンター隣) 

シンポジスト

上野 創   朝日新聞記者「ガンと向き合って」著者 

山下浩介  北斗病院部長(在宅医療科) 

玉地任子  ゆめクリニック院長(在宅ターミナルケアー医) 

吉田永正  永照寺(住職、DPCホスピス支援の会会長) 

がん看護専門看護師(未定)

資料代 会員1000円、 非会員2000円 

今世界の医療が変わりつつある。「患者の権利」「インフォームドコンセント」医療者の説明責任」「セカンドオピニオン」「入院期間短縮」在宅医療」など、今後の医療について話し合う。

前にお知らせしてあるが再度搭載。

|

« 風邪のぶり返し | トップページ | 色々あった一日 »

コメント

行ったら、資料見せて、教えてね。勉強になるから。

投稿: 藍弥生 | 2008年3月21日 (金) 21時23分

なっちゃんも明日のQOL研究会の講演会、楽しみんしていたのですが、息子たちの引越しと重なり、参加できません。残念!
篠笛さんはお風邪のほうは、いかがですか?どうぞ、ご無理なさらないでくださいね。

投稿: なっちゃん | 2008年3月21日 (金) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風邪のぶり返し | トップページ | 色々あった一日 »