« 里帰り盆栽の手入れ・垣根のムベ剪定 | トップページ | 金婚式記念日 »

2008年4月21日 (月)

人工呼吸の管外れ意識不明・県立がんセンター

篠笛教室。幻の笛、新しい指打ちが出てきてなかなか難しい。一人ひとり丁寧に教えていただく。有志で昼食会。珍しく何もなく、真直ぐ帰って植木の手入れ。

明日は金婚式記念一泊旅行。バアチャンは準備で余念がない。

福田内閣支持率、25パーセント。それでも辞めないで続投する気らしい。

人工呼吸の管外れ意識不明に/県立がんセンターで乳がん手術の女性

神奈川ニュースから転載

 県立がんセンター(大崎逸朗所長、横浜市旭区中尾)は二十日、乳がん手術のため全身麻酔を受けていた四十代の女性患者(横浜市内在住)の人工呼吸用の管が外れ、低酸素状態のため一時心停止状態になったと発表した。女性は意識不明の状態が続いている。担当の麻酔医が手術中、他の手術室へ応援に行っていた上、手術に立ち会った他の医師らも管が外れたことに気付かなかった。

 同センターによると、十六日午前九時半ごろ、男性麻酔医(38)が、女性患者に酸素を送る管が麻酔器から外れていることに気付いた。麻酔医は薬剤投与などを続けたが、女性患者は低酸素状態による脳障害で意識不明の状態が続いている。

 麻酔医は八時五十五分ごろに全身麻酔を施し、人工呼吸用の管も設置して九時十分ごろ、他の手術室へ応援に行った。その後、女性患者の手術に立ち会った看護師が患者の血液中の赤血球と酸素の割合を示すモニターの値が表示されていないのに気付き、麻酔医を呼び戻した。

 人工呼吸用の管が外れた場合、アラームが鳴るようになっていたが、今回はアラームが鳴ったかどうかは分からないという。大崎所長は会見で「途中で外出した麻酔医に一番の責任があるが、モニターでチェックできなかった態勢にも問題があった」と述べた。しかし、「重大な過失があったとは思えない」として、警察に届ける予定はないという。

 同センターは二十一日にも院内関係者による事故調査委員会を設置し、原因究明と改善策を検討する。同センターでは二〇〇四年二月にも、当時三十五歳の男性患者が開胸手術後に意識不明になる医療事故があった。

病気でなくても寝たきりになったり、死ぬことがある。

|

« 里帰り盆栽の手入れ・垣根のムベ剪定 | トップページ | 金婚式記念日 »

コメント

あってはならないことですね・・・。動物だって、アラームは、呼吸モニターのほかに、別の機械でも、2重3重にチェックして、鳴るようになっているし・・麻酔のチェック係り、1-2人ついて、他の人も、気をつけてみているのに。家族や本人だったら、手術しなかったら、今、生きているのに・・・って想っちゃうよね。

投稿: 藍弥生 | 2008年4月21日 (月) 18時56分

金婚式おめでとうございます。これまでいろいろな旅行をされて来た篠笛さんですが、特に思い出深い旅行にして下さい。そして、いつまでも長生きして下さい。
 ところで、酸素を送る管が外れ意識不明になった事故。本人もさることながら家族の無念の思い、いかばかりか分かるような気がします。医療関係者の方々も多忙を極めているものと思いますが、ことの重大さを再認識して欲しいものです。

 

投稿: Y | 2008年4月21日 (月) 20時21分

このニュースを聞いた時は「麻酔医が足りないなかな~」と思いました。
緊張が足りなかったのでしょう。
命を与る組織がこの様ではこまりますね~

投稿: お梅 | 2008年4月21日 (月) 20時37分

篠笛入門編
難しいですねえ。
吹くたびに音が出たり出なかったり。
出たと思ったらかすれてシューシュー。
途中からスースー吹く息の音だけ。
音が出たと思ったら息が続かず。
今度は大丈夫と思うと指が指孔からずれている。唇の位置も一定せず。
額から汗が噴出。喉はカラカラ。
毎日同じことの繰り返し。進歩が無いですね。
早くスムーズに行きたいものです。
練習!練習!

投稿: St.トロン | 2008年4月21日 (月) 22時39分

篠笛さん、金婚式おめでとうございます。
今後ともご夫婦で、今まで同様元気にお過ごし下さい。

投稿: St.トロン | 2008年4月21日 (月) 23時22分

みなさん
金婚式に温かいお言葉ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
St.トロン さん
篠笛、やってますね。スウスウの原因が指が離れていた、と、気がつくことは大変な進歩です。兎に角毎日少しでも笛に触れることが大切です。不器用な私だって吹ける様になったのですから、諦めず頑張って下さい。5月2日努力の結果が分かりますからね。

投稿: 篠笛 | 2008年4月21日 (月) 23時41分

金婚式おめでとうございます。

Gセンターの記事をみました。

ほんとに、病気でなくても寝たきりになってしまうこともあるんですね。

驚きました。


私も、何かを始めようかしら・・・・。

投稿: いわのり | 2008年4月22日 (火) 07時36分

篠笛さん、金婚式おめでとうございます。若輩者の私は、来月が結婚10年目でして、最近、妻から「スイートテンという言葉しってる?」などと意味深なことを囁かれています。なにか、貴金属を要求されているような・・・。夫婦長続きのコツを、また教えてください。

投稿: けんたろう | 2008年4月22日 (火) 08時40分

篠笛さん、おめでとう御座います。金婚式に旅行って微笑ましくてイイですネ。癌セの事故は新聞で見てゾッとした。私も癌セに入院してたから。どの患者におきてもおかしくない。明日は我が身って感じです

投稿: なみ | 2008年4月22日 (火) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 里帰り盆栽の手入れ・垣根のムベ剪定 | トップページ | 金婚式記念日 »