« 「里山の日誌」に篠の勇姿・看護師さんの涙 | トップページ | 篠笛出張教室・麦トロの店 »

2008年5月14日 (水)

こころちゃん命日

こころちゃん命日

こころちゃん命日。早いものでもう一年が過ぎた。そう言えば、こころちゃんは今年2月千の風になったMさんとも親交があった。向こうでよろしくやっているだろう。

交流のあった人、なかった人、あれから何人もの仲間が千の風になった。会で集まっても無意識的に千の風になった仲間のことを話題にすることを避けたがる雰囲気がある。篠を含め予備軍がいて、次は?と周りや先を考えてしまうからだろう。

最近では患者会でもこころちゃんのことを話題にする人もいなくなった。

ガンになったことは

不運ではあったが

不幸ではなかった

温かい心に恵まれて

ありがとうで千の風に

緩和病棟に入所する直前にくれた、こころちゃんのメールを五行歌にしてブログに載せた。それが「ベルマーク新聞」のS記者の目に止まり,

同紙のきらり「ありがとう」最期に言える心」と、囲みの大きな記事にしてもらった。

医師が驚くほどマーカーが上昇しても、私は奇跡の女になる、「負けてたまるか」。と踏ん張っていたが、病は甘くはなかった。あっと言う間に千の風になってしまった。享年53歳。それより、こんなに早く人々の記憶から消えていくとは思っていなかった。

こころちゃんが企画してくれた「JTB友の会」コメント会の第一回目と、お通やが重なった。会が終わってからコスモスの仲間とお通やに駆けつけた。

仏の遺志で葬儀一式音楽葬。こころちゃんの「笑い療法士」の仲間の歌手が「千の風になって」など悲しい歌を歌い続けていた。弔辞の後篠笛で「ねんねころいち」を吹いて遺族と涙を分かち合った。

「後、3年と宣告されながら30年以上も平然と生きている、コシさんを目標・頼りにみんなが、奇跡を信じて頑張っているんだから。ガン太郎なんか負けちゃ駄目だよ」と、自分のことを抜きにして、ことあるごとに励ましてくれた。

コメント会の立ち上げに尽力してくれたこころちゃん。ブログもなんだかんだと言いながら皆さんの励ましを受けて書き続けたお陰で、記事数561・コメント数も2500を超えた。みんなが驚いている。コメント会をコメント数1000単位で開催しようと思っていたが色々あって果たせないでいる。

埋葬されている日野墓地にはご主人と長女の案内で一度お参りに行っただけである。

朝から冷たい雨が降っていて庭作業はできない。この雨も、たまには骨休みをして篠笛を聞かせろ。と言う千の風の会の仲間の粋な計らいかもしれない。今度「青葉の笛・曲集編」に入る。練習する絶好のチャンス。

午後雨が上がった。遅れていた万年青の大物3鉢植え替えをしたが、土が湿っていて上手くいかない。

明日は篠笛出張教室。

|

« 「里山の日誌」に篠の勇姿・看護師さんの涙 | トップページ | 篠笛出張教室・麦トロの店 »

コメント

1年、早いよね。明日、鎌倉で友達が陶芸の作品展しているの。お教室のあと、行かない?

投稿: 藍弥生 | 2008年5月14日 (水) 23時45分

今日はこころちゃんのご命日。改めて、こころちゃんのご冥福をお祈りしています。頑張りやさんですてきな方でした。多くのことを教えて下さいました。
ところで、今日の篠笛さんのブログには、2月に天国に召されたMのさんのことも綴られています。実は今夕、突然、Mさんの姪御さんからご連絡がありました。なんだか、不思議なご縁を感じてしまいました。

投稿: なっちゃん | 2008年5月15日 (木) 00時31分

こころさんとは同じ主治医であったので色々話しました。彼女の対あげた患者会が上手く運営されているので「風」さんになって応援しているのでしょう。
最後、落語のCDを聞いて貰えたのが救いです。

投稿: お梅 | 2008年5月15日 (木) 08時17分

とてもがんばりやさんで、自分のことは後回しの方でした。

日医大での検査結果をみてあまりの数値の高さに驚き、山手線を2週したと他の仲間から聞いたことがありました。

こころさんのことを書いてくださって、うれしいです。


投稿: いわのり | 2008年5月15日 (木) 08時43分

こころちゃんって確か、今頃の時期だったなぁ‥って2、3日前に思ってたんです。日にちを覚えてなく恐縮です。面識なくとも、よくブログでは彼女のコメント読んでました。一方2月千の風になったMさん。彼女とはよく話しました。私はよく励まされてました。今でも彼女の事をよく思い出します

投稿: なみ | 2008年5月15日 (木) 09時58分

ちょっとおひさしぶりです。

「風の大会」準備でばたばたしております。

私はこころさんにお会いしたことがないのですが、いつまでも皆様の胸に残る方だったのですね。コメント会でお嬢様にお会いしましたね。

朗読歌会でも「勇姿」を見せていただきますが、その前に「風の大会」懇親会での篠笛演奏も楽しみにしております。どうぞよろしくお願いいたします。

懇親会司会は篠笛さんのお弟子さんのHさんです。いつか彼女との合奏も期待します。

私も「里山の日誌」見させていただきました。着付けが大変とおっしゃるから、無理はいえませんね。発表会での勇姿に期待!

投稿: ルピナス | 2008年5月15日 (木) 11時36分

「こころさん」のことは何も知らない自分ですが、こころさんのメールをまとめた五行歌に何とも言えない感動を覚えました。これから、千の風になって旅立とうとする「こころさん」の胸中奥深くに仕舞い込まれていた感謝の気持ちが的確に表わされているようです。小生も、最期をこのような気持ちで旅立ちたいです。

投稿: Y | 2008年5月15日 (木) 15時43分

こころちゃんの命日
今日のブログに寄せられた皆さんのコメントやメール、電話で決して皆さんの心の中からこころちゃんが忘れ去られていないことが分かりほっとしました。
こころちゃんとの思い出話がありましたらどんなことでも書き込んでください。

元気で心配ないが「いい人から順」「美人薄幸」と言うから心配だよ。と言うと、「お世辞は腰さんらしくないよ。私は奇跡の女になるのよ」と笑い飛ばしていたが、奇跡は起こらなかった。残念。
改めてご冥福をお祈りする。

投稿: 篠笛 | 2008年5月15日 (木) 21時11分

腰さんをはじめブログに書き込みをして下さった皆さん、また腰さんのブログを読み「こころ」を思い出して下さった方々、本当にありがとうございます。腰さん、コメントなかなか書き込まなくてすみません。ココロは元気です!

投稿: ココロ | 2008年5月16日 (金) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「里山の日誌」に篠の勇姿・看護師さんの涙 | トップページ | 篠笛出張教室・麦トロの店 »