« Gセンター診察日・手足の痺れ | トップページ | 農協朝市・月見草・嫁入り »

2008年5月29日 (木)

孔雀サボテン開花・藍ちゃんの講演

雨上がりの庭

雨の合間を縫ってメジロ一家が食事に来た。子鳥も大きくなって親鳥と一緒に畑に出て餌を探すようになった。突然一斉に飛び立って植木の枝に身を隠した。カラスが2羽近くの電柱に来てとまっていた。

ナメクジの子があちこちから顔を出している。小さいので見逃してしまう。

孔雀サボテン開花

孔雀サボテンが一輪よやくあでやかに咲いてくれた。いつもながら何の変哲もない親木の何処にこのあでやかさを隠しているのだろう。一つ咲くと次から次と咲いてくれる。明日の晩は月見草と並べてゆっくり話しをしよう。そう言えばあちこちから嫁入りした花の便りが届くようになった。

藍ちゃんの講演

藍ちゃんが横浜市教育委員会の要請で市内の学校の動物飼育担当の先生に「学校飼育動物の適切な飼育管理」と題して講演をすると聞いて部外者だが特別許可していただいて聴きに行った。

市のお偉いさんに予め声を掛けておいたせいか、担当の係りの方が気持ちが悪いほど親切に案内してくださった。聞き手は150名くらい。

講演は一時間の予定を少しオーバーしたが、実に聞きやすかった。兎に角、冒頭にオブザーバーの院長さんを紹介するところなんてなかなか出来ないこと。話も藍ちゃん手書きのイラスト入りをパソコンを使って大きく映し出して見やすいし、聞きやすかった。ところどころ「ここは大事だが書いてない」などと眠気を覚まさせるようにして話を進めて飽きさせなかった。話の内容も、話し方も大変参考になった。

終わった後、3人で千草まで足を伸ばして反省会。

船場吉兆廃業

。当然。遅すぎた

|

« Gセンター診察日・手足の痺れ | トップページ | 農協朝市・月見草・嫁入り »

コメント

藍さんは150人の前で1時間半も講演とは流石ですね。
院長先生も傍に居られたので安心して?できた事でしょう。
今、残酷な事が多い社会なので生き物の命の大切さを教えるのは重大な任務ですね。
忙しい中、わが娘の如く思い、駆け付けた篠笛さんも偉い!

投稿: お梅 | 2008年5月30日 (金) 10時10分

篠笛家は、メジロ一家が訪れ、「クジャクサボテン」や「月見草」などいろいろな花が咲き誇る実に平和な楽園ですね。うらやましい限りです。恥ずかしながら「クジャクサボテン」も「月見草」も知らなかったのでインターネットで調べたところ実に可憐で美しい花であることを知りました。

投稿: ヨネ | 2008年5月30日 (金) 15時08分

ヨネさん
趣味の道はこれからでも遅くはありませんよ。どうせ暇なんですから(失礼)一つずつ始めて見ませんか、出来るものがあればお手伝いしますよ。篠は五行歌、篠笛を始めたのは古希を過ぎてからです。
やる気があるかないかですよ

投稿: 篠笛 | 2008年5月30日 (金) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Gセンター診察日・手足の痺れ | トップページ | 農協朝市・月見草・嫁入り »