« 篠笛教室・バアチャン平熱に・惠ちゃん就職内定。 | トップページ | 生垣の剪定・手術ミス体内にタオル25年間 »

2008年6月 3日 (火)

梅雨入り・厳しい老いの現実

梅雨入り

梅雨入りと台風の影響で朝から冷たい雨。外にも出られない。雨が小降りになったころを見計らって傘をさして棚周辺を見回って雨で浮き上がってきたナメクジ退治。捕っても捕っても湧き出てくる。

パソコン相手の碁、マージャンも飽きた。台風を避けて玄関に取り込んだ孔雀サボテンは、綺麗に咲き続けていたが、4日目になった花は精力使い切ったと言う感じで頭を垂れてきた。みすぼらしい姿は見せたくないだろうと思い花の根元から切ってやる。沢山つけている蕾も全部は咲かせることは出来そうもない。来年は純白と黄色の花が参加しそう。並べて見れたら素晴らしいだろうな。いまから楽しみ。

厳しい老夫婦の現実

植木好きで四季折々植木の話をしていたご夫婦の家の雨戸がしまったまま。気になって聞いてみると、ご主人は数年前に脳梗塞で倒れ半身不随。介護していた奥さんがガンになって入院。ご主人は家を離れるのは嫌だとごねたらしいが、どうしようもない結局老人ホームに入いらざるを得なくなったらしい。夫婦が大事にしていた沢山の盆栽は二人の子どもが時々来て水遣りをしているらしい。家の棚からも幾鉢かが嫁入りしている。少しなら預かってもいいがあそこの家も数がべラボーに鉢数が多い。

人事ではない。いつわが身に降りかかってくるか分からない。

お嫁さんの様子

梅ちゃんから、嫁入りしたイワヒバの写真ハガキが届いた。お嫁さんが大事にされている様子がわかって嬉しい限り。

|

« 篠笛教室・バアチャン平熱に・惠ちゃん就職内定。 | トップページ | 生垣の剪定・手術ミス体内にタオル25年間 »

コメント

老いていくのは順番だから仕方がないですね。始皇帝が不老長寿の薬を求めた気持もわかりますが・・。
人間何時?なので私も「老い支度」です。
ご近所の家の息子さん達は水やりにきて感心です。

投稿: 梅 | 2008年6月 3日 (火) 22時00分

実家に水遣りにいけない娘でした・・。自分のうちも、危なっかしい? 梅雨は好きなんだ。ちょっと、じっくりゆっくりできて。

投稿: 藍弥生 | 2008年6月 4日 (水) 00時26分

老夫婦の生活事情が自分の人生と重なって来ます。そろそろ、老い支度をした方が良いのでしょうか? 水をやる鉢物は少ないのであまり気にしないことにしています。
 梅雨入り宣言も、今年は4月5月ともに雨が多くうんざりです。雨の日は、静かにしておきます。

投稿: ヨネ | 2008年6月 4日 (水) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 篠笛教室・バアチャン平熱に・惠ちゃん就職内定。 | トップページ | 生垣の剪定・手術ミス体内にタオル25年間 »