« バアチャン管から解放 | トップページ | バアチャン入浴 »

2008年7月 5日 (土)

「泊り込み看護中止」裏話・検視

「泊り込み看護中止」裏話

久しぶり安眠できた。今だから言えるが入院6日目が月一回のGセンター診察・注射の日。こんな時に限って頻繁に副作用に襲われた。睡眠不足か、ストレスか「どっちが病人かと思うほどだった。あのまま泊り込みを続けていたら、ジイチャンの方が先だったかも」「頑固で誰が言っても聞く人じゃないから・・・」「泊り込み看護中止」を看護師さんに言わせたのは、言い出したら誰の言うことにも耳を貸さない頑固を知っている家族の願いだったようだ。昨日婦長さんとの対話でそれが分かった。

頑固な善意のつもりの行動が、周りの人に心配させていた。愚かな果報者

検視がもたらした波紋?

廊下の何か異様な雰囲気で出てみると、婦長が制服警察官2人私服2人を一つ隣の個室に案内して行くところだった。私服の二人が私の姿を見て急に立ち止まり姿勢を正して礼をした。案内の婦長さんが驚いて立ち止まった。

二人は昔一緒にホシを追い掛けた探偵仲間だった。「病院に24時間以内に収容された方が亡くなられたので検視に来た」と言うことだった。事件性はなさそうだった。後で婦長さんや看護師さんに身元を聞かれた。「刑事さんだったの?」と驚いていた。

お陰で、婦長さんとは始めて少しお話できた。病院側から「泊り込み看護中止」の話が出た経緯についても聞かせてもらった。「夜中に、ジイチャンと声を掛けられたとき側に誰も居ないんじゃ寂しいんじゃないか。には参りました。刑事さんて、ホントは優しいんだね。ドラマでもここまだやらないよ。見直しちゃった」笑いながらのそんな一言が嬉しく宝物になった。こんな笑い話が出来るのも病のお陰。

検視に来られた探偵さんの姿が切っ掛けで、篠の頑固さが振りまく「迷惑度」などについて意外な事実を知ることが出来た。見ず知らずの千の風になられた方が見かねて教えてくれたのかもしれない。

|

« バアチャン管から解放 | トップページ | バアチャン入浴 »

コメント

今だから、ですよね。

皆さんの優しさを「果報者」としていただけるのは、篠笛さんのお人柄あればこそ、だと
思いますよ。

ドラマだったら、先輩を無視したりして、ひと悶着・・・という設定が多いですが、主役が引退した探偵なら、書かれたようなことも
・・・。

3月にパリの路地でなにやら警察ごとを目撃。でも、パトカーとかいないから、どうもドラマの撮影だったようで、はた、メグレ警視かジュリー・レスコーかと、わくわくしたけど、すぐに追っぱらわれてしまいました。

投稿: ルピナス | 2008年7月 5日 (土) 12時21分

このブログ、本になりそうだよね!だって、みんな、元気になったり、勉強になったり、励みになったり、患者さんの気持ちが手に取るようにわかったり、参考になる事いっぱいあふれてるもん♪

投稿: 藍弥生 | 2008年7月 5日 (土) 17時38分

やっぱり温かい家族ですね!
婦長さんは篠笛さんが次なる本を書くとしったら魂げる!でしょうね。
優しく書いてあげるでしょうが・・。

投稿: 梅 | 2008年7月 5日 (土) 19時18分

まさに 家族の思いやりですね~。やはり常々の良い関係がこういう結果として出るのでしょうかね。これからでも遅くない!
こころして過ごしたく 努力致します。

投稿: ふくろう | 2008年7月 5日 (土) 19時46分

篠笛先輩の頑固は昔から定評のあるところ、見習おうと思っても真似の出来ない厳しいものがあります。「己に優しく人に厳しく」
 それにしても婦長さんの力を借りてでも篠笛先輩の身体を気遣ったご家族の優しい気配りは流石です。やはり篠笛先輩の背中を見て育たれた家族の集大成と思います。温かい家族の固い絆に感動しました。


投稿: ヨネ | 2008年7月 5日 (土) 20時09分

奥様がメキメキ回復され、よかったですね!!!篠笛さんとご家族のあったかい想い、絆の賜物ですね。今度は篠笛さんがお疲れをしっかり取って、奥様やご家族の皆さんに安心してもらって下さいね!大きなご褒美、待ってるかもよ(^^)V

投稿: 撫子 | 2008年7月 5日 (土) 21時25分


いつも、コメントをしてくれている篠笛さんありがとう。篠笛さんのブログにコメントを入れようと思っていても入れられなくてごめんなさい。でもいつもブログは見ています。奥様回復に向かってよかったですね。私もほっとしました。篠笛さんは優しいですよね。家族の愛すごーい。見習いたいと思います。私のブログでコメント書かせてもらいました。体に気をつけてくださいね。がんばってね。。


投稿: ぶーちゃん | 2008年7月 5日 (土) 22時39分

奥様のご快復、本当に嬉しいです。
「今だから話そう」話を読ませていただきながら、ご家族の互いに思いやる心の深さ、そしてその絆はご家族の歴史が作り上げたもの、と感動しました。
思いがけない形で婦長さんともお話ができてよかったですね。
何もかもを感謝の気持ちで捉えられる篠笛さんは素晴らしい「ガンコ」さんです!

投稿: 遥 彼方 | 2008年7月 5日 (土) 22時54分

ルピナスさん
ありがとう
五行歌朗読会まだ間に合いますかね。
藍ちゃん
本にしたいという気持ちはあるけど、藍ちゃんのように才能も実行力もないからね、想いだけで終わってしまいそう。
梅ちゃん
若し本を書くとしたら「梅ちゃん」にも登場してもらうよ。厳しいコメントお願いね。ソロソロ篠笛練習再開しますよ。しっかり練習しておいてね。
ふくろうさん
家族思いはあなたがお手本ですよ。神戸の親御さんお大事に、それに野菜造りの名人も大事にしなくっちゃね。
ヨネさん
三つ子の魂100歳までとはよく言ったもの。この頑固を焼き場で焼けるかどうか心配している。
撫子さん
いつもありがとう。藍ちゃんから色々聞いてます。ソロソロ篠笛練習再開しますよ。しっかり練習しておいてね。
ぶーちゃん
勝手に引っ張ってきちゃってご免ね。あなたの優しさをJBKファンの方にも紹介したかったの。ご免ね。
遙彼方さん
歌会ではあなたの笑顔に魅せられて、猫をかむっていますがガンコは人に負けません。よろしく。

みなさん
ぐっすり眠れことが出来、今朝はコメントの皆さんに一言書き込むことが出来ました。本当にいつも励ましありがとうございます。
みなさんんの声援を支えに頑張れました。
これからもよろしくお願いいたします。

投稿: 篠笛 | 2008年7月 6日 (日) 07時32分

毎日、一喜一憂しながら、祈る気持ちで篠笛さんのブログを拝見していました。

奥様も篠笛さんも、そしてご家族の皆様の
本当に素晴らしい家族愛に感動しました。

dolceの父も篠笛さんといい勝負(笑)が
できるくらいガンコで、母が倒れた時も
這ってでも、自分が面倒を見ると言って
人の言う事を聞かなくて困りました。
看護師さんから言ってもらう・・という話
はとても参考になりました。

どうかホッ!っとされて篠笛さんのお疲れが出ませんように!

秋のご家族旅行楽しみですね。
会計係さんが倒れたら大変です!
どうぞご自愛くださいませ~♪

dolceもしばらく病院通いが続きそうですが「負けてたまるか!」の精神で頑張ります~☆

投稿: dolce | 2008年7月 6日 (日) 12時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バアチャン管から解放 | トップページ | バアチャン入浴 »