« 第5回五行歌朗読歌会ご案内 | トップページ | 探偵団?暑気払い・篠笛を楽しみま専科 »

2008年7月25日 (金)

バアチャン退院後初めての外来・病院廊下で気になった風景

バアチャン退院後初めての外来診察日

「血液検査、レントゲン、診察結果。特に異常なし。膀胱から腎臓まの管は入れたまま。石はまだ残っている。この石の処置については次回(8,22)の検査結果を見て決める。それまで、普通の生活をして差し支えなし」「退院後一度吐いたと言うが、今回の病気とは無関係」と言うものでホッとした。バアチャン急に元気になった。

検査結果が出る前の時間を利用して2A病棟に挨拶に行った。婦長さん始め顔見知りの看護師さんが退院してから出したお礼状を読まれていた。おまり話しもしなかった人も好意的な笑顔で迎えてくれた。送迎を公がしてくれた。

病院廊下で気になった風景

レントゲン室に入ったバアチャンを廊下の長椅子で待っている時だった。

「私はオバアチャンの面倒見れるけれど、オバアチャンは私の面倒見れないのよ。老人ホームに行って済む問題じゃないのよ」

病院中に聞こえるような若い女の大声にびっくりした。その女の後を腰を90度に曲げ杖を付いたオバアチャンが何かブツブツ言いながらついて行く。オバアチャンも何か言っているが声が小さくて聞こえない。何を揉めているのか分からない。キット、オバアチャンは耳が不自由なんだと思う。チョット病院では見かけない寂しい風景。オバアチャンに何か一言掛けてあげたくなった。病院を出て二人は何処に帰り、話の続きはどうなったのだろうか?今も気になって仕方がない。

|

« 第5回五行歌朗読歌会ご案内 | トップページ | 探偵団?暑気払い・篠笛を楽しみま専科 »

コメント

仕事が終わってから、荻窪の母を、歯医者さん(中学の同級生)に連れて行きました。説得するのが、たいへん。。。でもね、この世に産み落としてもらわなかったら、今はないしね?弟もいなかったしね。

投稿: 藍弥生 | 2008年7月25日 (金) 23時52分

藍ちゃん
親孝行も大変だね。

投稿: 篠笛 | 2008年7月25日 (金) 23時57分

いろいろな家族がありますね。
病気をした時、今は政府の方針で自宅介護と言われていますが、子供も簡単に頼れる世の中ではないので困った日本です。

投稿: 梅 | 2008年7月26日 (土) 10時43分

 何はともあれ、奥様の病状が良好で何よりでした。晴れ晴れとした気分です。篠笛先輩も元気が出たことでしょう。それにしても、病院にお礼状を出された先輩の心配り大変勉強になりました。
 廊下での親子の会話、これからそんな会話が増えてくるのかと思うと先が思いやられます。

投稿: ヨネ | 2008年7月26日 (土) 13時58分

奥様の退院後初めての外来で、異常なし
との診断、本当に良かったですね~☆
おめでとうございます!

明日の朗読歌会には、奥様もご一緒とのこと。
お会いできるのを楽しみにしています
篠笛さんが奏でる篠笛の音が会場の人々の心に染み渡ることでしょうね~♪

病院の廊下でのオバアチャンと娘さんとの会話。胸が痛みます。

病院への送迎のボランティアをしていますが
すぐ近くに息子夫婦が住んでいるのに
嫁が怖くて、頼めないというお年寄り
夫婦を見ていると・・・切なくなりますsweat02

投稿: dolce | 2008年7月26日 (土) 19時53分

梅ちゃん
今の家族・親子関係、教育の場でどうにかならないものですかね。病院の廊下で見たことは人事ではありませんね。
「教育勅語」が懐かしい。というのは古すぎますか。
ヨネさん
ありがとう。なんだかんだと言ってもバアチャンがいない家は寂しいもんね。お宅も奥さんお大事に。
dolceさん
検査結果「吉」で本当によかったですね。
明日の朗読会お会いできるのを楽しみにしております。
家のバアチャンは行けません。

投稿: 篠笛 | 2008年7月26日 (土) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第5回五行歌朗読歌会ご案内 | トップページ | 探偵団?暑気払い・篠笛を楽しみま専科 »