« 段々快適方向・七夕様 | トップページ | 「泊り込み看護中止」裏話・検視 »

2008年7月 4日 (金)

バアチャン管から解放

バアチャン管から解放 /自力で室内トイレ

尿管、酸素、栄養補給点滴、最後まで残ったこれら全てのチューブから開放され自由に歩いていいと許可が下りた。長い病み上がりで足元はふらつくが自力で室内トイレにも行くことができた。出される食事も何も言わなくても半分くらいは食べるようになった。 

面会時間までいなくていいから、早く帰って何か美味しいもの食べてよと帰りをせかせるようになった。

早速娘や孫たちに連絡した。皆が大喜び。退院してから「床上げ祝い」を何処にするかそんな話も出て来た。

婦長から「点滴も酸素もなくなったので、大部屋に戻っていただいてもいいですが」と聞かれたが、個室に継続して置かして貰うように頼んだ。

皆さんの声援のお陰で本日を迎えられました有難うございました。ご報告まで。

もう一踏ん張り気を抜かずに頑張ります。今晩はよく眠れそう。

|

« 段々快適方向・七夕様 | トップページ | 「泊り込み看護中止」裏話・検視 »

コメント

良かったですね。
これで篠笛を練習する気分になれましたか?
個室ならバァちゃんの為に1曲・・出来ませんか?

投稿: 梅 | 2008年7月 4日 (金) 22時24分

奥様が、「管」から解放されたこと、本当によかったですね。     私も7日間ほどお世話になった経験がありますが、解放感と満足感は何物にも代えられませんでした。                  どうぞ、篠様ご自分のお身体にも御配慮くださることを祈念申し上げます。

投稿: かたぶき | 2008年7月 4日 (金) 22時30分

スパゲッティ症候群っていうんだって、管だらけの生活。開放されたのは、すごいこと!一番の薬は、家族の愛と笑顔。これは、人も動物も同じで、奇跡を呼ぶんだよね。篠笛さんが、あと3年って言われて、今も元気にばあちゃんのお世話できた事だって、そうだよね!

投稿: 藍弥生 | 2008年7月 5日 (土) 00時14分

奥さまが管から開放されたそうで、ほっとしました。篠笛さんやご家族の絆の強さにあらためて、感動しました。今夜はひさしぶりにゆっくり眠れそう、とのことでしたが、ほんとうにここまで、よくがんばられましたね。退院まで、もうひとがんばりですね。

投稿: なっちゃん | 2008年7月 5日 (土) 00時29分

奥様が管から開放されたとのこと良かったですね。また先日はお忙しいのに月見草のお話を教えていただきどうも有り難う御座いました。いつか本当のピンクノ月見草に合える日を楽しみにしております。

投稿: おこわ草 | 2008年7月 5日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/201183/22074802

この記事へのトラックバック一覧です: バアチャン管から解放 :

« 段々快適方向・七夕様 | トップページ | 「泊り込み看護中止」裏話・検視 »