« ハマ風に「JBK」が入選 ・五行歌第2回風の大会を振り返って | トップページ | 篠笛教室お休み・レンゲショウマの可憐な魅力 »

2008年8月 3日 (日)

年は嘘をつかない

年は嘘をつかない

今日も暑かった。

朝起きようとしたとき、突然発作に襲われた。朝方の襲撃は始めて。昨日庭の草取りをやり過ぎたせいで、熱中症かもしれない。和ちゃんが自動車の運転練習に来たついでに顔を出した。「冷房が強すぎるよ。ここから急に外に出ると身体に悪いよ。」と26度を28度にしていった。

ここの所急に体力がガタガタと落ちてしまった。賞味期限を気にし過ぎるせいかもしれない。一日一日を大事にこの夏を乗り切りたい。高校野球を見ながらの昼寝でどうにか回復したようだ。

こんなはずでは

なかった

突然の眩暈

年は

ウソをつかない

|

« ハマ風に「JBK」が入選 ・五行歌第2回風の大会を振り返って | トップページ | 篠笛教室お休み・レンゲショウマの可憐な魅力 »

コメント

こんなはずじゃなかった・・ってよくあるよね。
みんな思うことじゃないかな。私なんか、しょっちゅうだから(^^ゞ
健康・家族・仕事、長期に視ても色々想定外なことが起こるのが人生かも。だから、自分のできる範囲で目の前のこと、注意深くコツコツやっていくしかないかな〜って、今、焼けるように暑いベランダで、毎日大きくなっていく月見草を見ながら思ってます。
お身体第一に、呉々も無理しないでね。
今日は初めて二輪咲きそう。連日も初めて。けなげに風に揺れて、この花を見て教わるところが沢山あります。
篠笛さん、ありがとう(*^_^*)

投稿: 撫子 | 2008年8月 3日 (日) 18時12分

撫子さん
元気付けてくれてありがとう。
月見草すっかり環境に馴染んで、役目を果たしているようで安心しました。育てている人の心が分かるんですよ。この花は。

投稿: 篠笛 | 2008年8月 3日 (日) 19時18分

今日は蒸しましたね。
孫と近くの公園の池で遊んで来ましたが、暑いので早々に引き揚げてきました。
エコ対策で米のとぎ汁位しか草花に水やりが出来ません。
蝉がミンミン・・と賑やかです。
お大事に!

投稿: 梅 | 2008年8月 3日 (日) 20時04分

猛暑続きの毎日です。

お庭の草が少々伸びていても、篠笛さんが
お元気でいてくれないと、みんなが
困ります!

今夜も月見草、一輪咲きました~☆

どうぞお大事になさってください!
ご回復をお祈りしています。

遅くなりましたが、「ハマ風」入選
おめでとうございますshine

投稿: dolce | 2008年8月 3日 (日) 20時20分

梅ちゃん
お孫さんと遊んでいる幸せな梅ちゃんの笑顔がみえるよ。
「米のとぎ汁」植物にはこれが一番失敗ないね。
dolceさん
ご心配お掛けして申し訳ありません。少し調子が狂うと大袈裟なんです。月見草を見習わないといけませんね。

投稿: 篠笛 | 2008年8月 3日 (日) 21時36分

う~ん
冷房の温度、28度で暑く感じたら
26度でいいと思います。
職場でも、28度では能率が悪くて、
25度から26度がいいみたい。

気持ちいいという感じでお昼寝してくださいね。

撫子さんのお仕事が落ち着いたら、
月見草と猫に会いに行く約束しました。

投稿: 夏海 | 2008年8月 4日 (月) 00時44分

歳をごまかしてたとか?足がむくむんだよね・・・夏は、病院、エアコン使うから。

投稿: 藍弥生 | 2008年8月 4日 (月) 00時46分

篠笛さん!

年とか賞味期限とかの問題ではないと
思います。
健康なスポーツ少年達が熱中症で
ばたばた倒れるようこのごろの暑さです。
お願いですから、草はしばらく見ないように
してください。

エアコンは確かに、28度くらいがよいですよ。暑く感じたら、扇風機を一緒に回すと
よいといいます。私も冷房に弱いので(夫は暑がりで居るときはだめですが)28度で扇風機です。

投稿: ルピナス | 2008年8月 4日 (月) 10時42分

夏海さん
まずは撫子さんのところの月見草にあってみてください。
藍ちゃん
歳誤魔化してるの?幾つ?
ルピナスさん
色々ありがとうございます。どんなことをしても歳には勝てないことを痛感しているこのごろです。
皆さんのご支援が唯一の頼りです。
今日も暑いすね。
クーラー27度にしてテレビ見ています。

投稿: 篠笛 | 2008年8月 4日 (月) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハマ風に「JBK」が入選 ・五行歌第2回風の大会を振り返って | トップページ | 篠笛教室お休み・レンゲショウマの可憐な魅力 »