« 風邪を引いた月見草 | トップページ | 惠ちゃんのBF公務員試験合格・女子レスリング50キロ級 吉田沙保里 金メダル 2連覇 »

2008年8月15日 (金)

終戦記念日・靖国神社参拝・亡母との約束

終戦記念日・靖国神社参拝。

「暑いから、ここでお参りしたらどう」と言うバアチャンの忠告を振り切って出掛けた。11時30分靖国神社着。今年は例年より参拝者がぐんと減っていた。オリンピックと高校野球の影響もあるのだろう。その代わり右翼の人たちの姿が目立った。中には軍服に日本刀(模造?)を腰にぶら下げている人もいた。そんなところを外国のカメラマンが寄ってたかってカメラに収めていた。

参拝を終わっていつも立ち寄る境内の茶店に行くと既に、毎年一緒になるIさんとIさんの大学時代の友人が缶ビールうを飲んでいた。Iさんは探偵とはまったく畑違いの現在も自治体の要職についておられる。なぜか気が合って二昔前から参拝を共にしている。Iさんは今年、神社に提灯を奉納したといっていた。3人で去年は娘が作ってくれた「オヤキ」を食べたなどと話していると、外国人が話しかけてきた。カナダの記者だった。

カナダの記者とI氏が英語で対話

カナダの記者と言う人は「友人がココに祭られているのか?」と話しかけてきた。Iさんが流暢な英語で応対したのには驚いた。Iさんの英会話の先生がカナダの人とかで二人の話は弾んでいた。Iさんの英会話はなかなかのものだった。能ある鷹は爪を隠すというが、本当だ驚いた。

隣のテーブルにいた老人(75歳)がハーモニカーで軍歌を吹いていた。結構上手いので拍手をすると、われわれのテーブルを移ってきて、麦と兵隊、同期のさくら、麦と兵隊、異国の丘など次から次吹いてなかなか止まらない。

掻き氷で汗をなだめて席を立った。これから銀座に飲みに行くという2人に東京駅まで送ってもらった。

来年のことは分からない。兎に角、今年は無事母との約束を果たせた。

亡母との約束

靖国神社には次兄が眠っている。私は42歳の時「肺がん後3年」と宣告されたが母には内緒で手術台に上がった。後遺症で声を失い電話も掛けられず、田舎にも帰れなくなった。心配した母は靖国神社参拝を口実に二人の姉を従えて上京した。

 

長い地下鉄の階段を背負った。母は「夢のようだ」と繰り返し言いながら流した涙が首筋に伝わってきた。

 

その時玉串料を捧げ、何人かの方と昇殿参拝をした。神主さんが祝詞を捧げる時兄の名前を一番先に呼ばれた。それまで、堪えていた涙が一気に噴出した。母の涙は参列者全員に広まった。

 

母は家に2泊した。手術したことを隠していたが声が出ないという状態は隠しようがない。だが、母は病気のことも声のことも一言も聞かずに帰った。母の日記に一言、「丈夫ならいい」と書かれていた。

 

母は田舎に帰って尋ねて来る人毎にその昇殿参拝の感激を語ったという。老齢になって参拝の出来なくなった母の代参は母との約束。親孝行と名の付くことに縁がなかった私のせめてもの親孝行の真似事。後何回参拝できるか分からない。元気なうちはこの約束だけは守っていきたいと思う。こうして元気でいられるのは母たちが守ってくれているからだと思う。

今日も暑かった。植木たちが俯き加減で帰りを待っていた。

一休みしてオリンピック観戦。

オリンピックいいとこ情報

柔道

精彩を欠いていた日本柔道界に最終日、2つのメダル。

男子100キロ超級 石井選手 金メダル。 

女子76キロ超級 塚田選手銀メダル 残り15秒で逆転一本負け。惜しかった。

|

« 風邪を引いた月見草 | トップページ | 惠ちゃんのBF公務員試験合格・女子レスリング50キロ級 吉田沙保里 金メダル 2連覇 »

コメント

お母様はどんな思いで参拝されたのでしょう。戦後生まれの私たちが想像だにできない、余りある想い・・・
篠笛さんは何よりの親孝行をなさっているのですね。もう二度と悲しいことを繰り返さないよう、肝に銘ずるのみです。今日は初めて、三輪もの月見草が咲いて、風に揺れています。

投稿: 撫子 | 2008年8月15日 (金) 23時28分

今日は終戦記念日。お母さまとの約束を守っての靖国神社参りのお話に、胸がいっぱいになりました。長い地下鉄の階段で、息子に背負われたお母さまの思いは、どんなだったでしょう。篠笛さんが毎年参拝していらっしゃるとは知りませんでした。福岡のなっちゃんの老両親も一度は靖国神社参拝をしたい、と言っています。今年中に実現できたらなあ、と思います。

投稿: なっちゃん | 2008年8月16日 (土) 00時09分

弟が、翔多君と父のお墓をきれいにしにいってくれました。「姉ちゃん、あの並びで、一番きれいにしといたよ。隣にごみぶっこんだりしてないから、安心して」だって。

投稿: 藍弥生 | 2008年8月16日 (土) 00時43分

夫の叔父2人も南方で戦死しました。
屋敷内に大きな碑が建っています。義父も戦地から命かながら帰ってきましたが、なぜか義父は靖国神社には行きませんでした。戦争への思いは様々ですね。河野衆議院議長の式典での言葉を早く実現して欲しいです。

投稿: 梅 | 2008年8月16日 (土) 06時54分

撫子さん
月見草が頑張っている様子嬉しいです。大事にしてやってください。
なっちゃん
ご両親の願いを是非早い機会に実現させてあげてください。
何がしかの玉ぐし料を納めると「昇殿参拝」もできます。
藍ちゃん
弟さんよくやっているね。藍ちゃんもお墓参りに入ったらお父さんによろしく伝えてね。お守りの効果抜群だって。
梅ちゃん
戦争・靖国神社への思いは人様々ですね。
私は、色々考えずに母との約束を果たそうと参拝を続けています。

投稿: 篠笛 | 2008年8月16日 (土) 08時57分

来年は、篠笛とハーモニカの合奏でしょうか?
靖国神社に篠笛の音が響くことを、想像しました。

投稿: 夏海 | 2008年8月16日 (土) 11時08分

篠笛さん、靖国神社参拝お疲れ様でした。
お母さんもさぞお喜びのことと思います。
靖国神社に総理以下閣僚など国会議員が終戦記念日に参拝することなど当たり前のことです。一部メディアやいわゆる知識人と称する周辺国に対する好意的日本人が非難することなどとんでもありません。日本は独立国家です。他国に内政干渉を許していた政府がいけないのです。しかし、一宗教法人に全てを任せてしまったのは大間違いです。英霊が浮かばれません。無宗教の施設を考えるなんて話が閣僚から出ておりますが、こんな国会議員は当選させないことです。

投稿: St.トロン | 2008年8月16日 (土) 20時57分

夏海ちゃん
靖国神社で篠笛を奉吹するのは篠の夢です。
St.トロン さん
お久しぶりです。体調大丈夫ですか?
おっしゃるとおりです。
色々言いたいが、そんな輩と話すのも汚らわしい。命ある限り、昇殿参拝で涙を流した母との約束を果たそうと思っています。
純粋に参拝しようとする年寄りの姿が少なくなっていくのは寂しいですね。

投稿: 篠笛 | 2008年8月16日 (土) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 風邪を引いた月見草 | トップページ | 惠ちゃんのBF公務員試験合格・女子レスリング50キロ級 吉田沙保里 金メダル 2連覇 »