« 雷雨・カラス | トップページ | 篠笛出張教室・見知らぬ人の心に届いた篠笛 »

2008年8月 7日 (木)

月見草の手入れ・増やし方

月見草の手入れ

最近チョットした月見草ブームで色んな質問も承るようになった。月見草はモトモト野生のものだから病気にはなりにくい。家の畑のネギの中の月見草はいっぷう変った環境が気に入ったのか暑さをものともせずに元気よく幾つもの花を咲かせている。

ただ、鉢物は最近の暑さで調子が狂ったのか朝になっても淡いピンク色のまま、しぼまずに咲き続けているものがある。

「月見草の下葉が変色した。どうして?」と相談を受けた。

実物の全体をよく見ないとなんとも言えないが、

1つ目は「水切れ」一度でも水を切らすとご機嫌を損ねることがある。「大事にしているからそんなことはない」とおっしゃる。それならば、水のやり過ぎで根腐れか?

2つ目は「害虫(アブラムシ、葉ダニなど)」

風通しのよくないところろに置くとアブラムシなど害虫の被害を受ける。そんな時は薄い「スミチオン」などで消毒してやる。または「オルトラン」のような根元に置く薬を使う。

原始的だが色が変った葉を手の平の上に載せて指で葉を傷めないように気をつけながら害虫を潰す。近くにアリンコがいればアリンコも退治する。アリンコが徘徊しているときはアブラムシがどこかに潜んでいることが多い。

3っ目は肥料のやり過ぎ。この暑さの中どんな鉢物も、強い肥糧は禁物。肥料あたりで立ち枯れになってしまうことがある。肥料をやらなくて枯れることはない。

月見草の増やし方

純白からピンクに変身した後、ピンクのしぼんだ花の下に種が出来ている。これは一本に木に一個くらいにして後は花が終わると同時に切ってしまう。

その方が花はいつまでも咲き続ける。
種は茶色になってパカット開いたとき中に芥子粒くらいの種がギッシリ詰まっている。それを種をこぼさないように鋏で切り取って、そのまま鉢に蒔いてやると今年中に2世が芽を出してくれる。

家では今年の種を蒔いたものが芽を出してきている。

挿し木(芽)

挿し芽や挿し木の経験のある方は、3センチ~5センチ位に切って挿し芽をし水を切らさないように管理すると2週間くらいで根が出てくる(ことがある?)。

切り戻し

花は枝の先に咲き次々延びていく。あんまり延びすぎると腰が砕けてだらしなくなる。そこで腰を曲げ出してきたものに薄い肥料をやって元気付かせてから、思い切って下の葉3枚くらいを残して切り取ってしまいう「切り戻し」が案外その後の花を長持ちさせる。

ただ失敗することがあるからご注意。

一番手っ取り早い方法

篠のところの棚で育ったものを持っていく。

本当に神秘的な可愛い花です。花を嫌いな人でも一度この花を見れば好きになります。
試しにやってみてください。

育て方のポイント

「愛情を持って、心で話しかけ、心で聞いてやる」ことが大切。

|

« 雷雨・カラス | トップページ | 篠笛出張教室・見知らぬ人の心に届いた篠笛 »

コメント

雨が降らないので、草花達も辛そうですね。
エコおばさんが近くにいるので水やりは米のとぎ汁とか・・工夫がいります。
蝉も昨日は鳴いていましたが、今日は聞こえてきません。
この温暖化の原因はイラク戦争でCO2を1,4億トンも出しているからと学者が言っていました。

投稿: 梅 | 2008年8月 7日 (木) 10時48分

月見草の手入れ、挿し木、採種の仕方等、ご丁寧に教えていただきありがとうございます。
その後、手近にあるオルトランをパラパラっと蒔きましたら一段落した感じですし、ずっとめげずに上品な花は咲いてくれています。
戴いてから今までに25輪?くらい、今夜も2輪咲いています。
大分背が高くなって、支柱を立てましたが「切り戻し」は怖いですね。

投稿: 遥 彼方 | 2008年8月 7日 (木) 21時13分

今夏はセミが少ないように感じます。
聞いた話です(ラジオ)が 雨が少なくて 土壌がかたく 出にくい?とかいってました。
異常気象の犠牲者?が虫たちにも・・・! 

投稿: ふくろう | 2008年8月 7日 (木) 22時12分

あら、女性の育て方とおんなじ、だね。ほったらかしても、甘やかしすぎても、だめなんだね。かわいすぎて、虫がついてもね。

投稿: 藍弥生 | 2008年8月 7日 (木) 22時32分

梅ちゃん
この異常気象はイラク戦争が原因の一つなの?始めて聞いた。
遥彼方さん
月見草元気になってよかったですね。
一鉢に何本か植えてあるはずです。一本か二本切り戻してみてはどうですか?失敗したらまた差し上げます。
ふくろうさん
そうなの?
藍ちゃん
一言も言葉を発しないから、育て方は、女より難しいよ。問題にならないほど・・・。絶対裏切らないしね。

投稿: 篠笛 | 2008年8月 7日 (木) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雷雨・カラス | トップページ | 篠笛出張教室・見知らぬ人の心に届いた篠笛 »