« 月見草の会幹事会・末期患者の行く道・日本シリーズ | トップページ | 篠笛を楽しみま専科・筑紫哲哉氏肺がんで千の風に »

2008年11月 7日 (金)

リビング・ウイル・Living Will)とは尊厳死の宣言書

リビング・ウイル・Living ill)とは尊厳死の宣言書

昔の仲間が救急車で搬送された病院で、「末期がん余命半年」と宣告された上、2週間以内に転院を申し渡された。どうしたらいいか?そんな相談があった。

病人を知っているだけに驚いた。

人間いつかは対面しなければならない「死」。「人に迷惑を掛けず。穏やかな締めくくり」「J(丈夫で)B(ボケずに)K(コロリンコ)」は中々難しい。延命処置をするかしないかは大きな問題である。

寝たきりでチューブに繋がれた時、問題になるのがリビング・ウイルだ。JBKでは何度か書き込んだことがあるので参考送信する。

尊厳死協会に入会しなくても下記の「尊厳死の宣言書」の作成年月日、署名押印して家族に渡しておけば、植物人間になって生かされることもないし、お世話になった医療関係者に迷惑を掛けたりすることはない。

2008830 ()

リビング・ウイル・Living ill)とは尊厳死の宣言書

リビング・ウイル・Living ill)とは尊厳死の宣言書のことです 

JBKとは深い関わり合いがあり、これまでに何回か取り上げておりますが、質問がありましたのでお答えします。 

2回も余命宣告をされた私は、バアチャンと一緒に1990年、日本尊厳死協会(03-3818-6563)に入会し、この宣言書を常時携帯しております。今度お会いした時お見せしますね。

時々、「身内の者が医者に見放され、かなり危険な状態になった。病人に、万が一に備えリビング・ウイルを書かせたい。前に聞いたことがあるが、どうしたらよいか?」と言う相談を受けることがある。

一人の人間が死ぬと言うことは、その時期によっては遺産相続などにも影響し、簡単に口を挟めることではない。まして何本ものチューブで繋がれた病人に、本人の意思ならば別だが、第三者が介入してこれを書かせるのは問題。

私の考えではこれは病で倒れ重態になってから作成するものではなく、健康な時に作成しておくものだと考えている。

何も尊厳死協会に入会しなくても、下記の内容の文章に自筆で署名、押印、日付け、を書くだけでいい。そうしておくことでお世話になった医療関係者に迷惑を掛けることを防げる。植物状態のまま生かされ続ける心配もなくなる。一度装着したチューブを外すことは難しい。

安楽死か殺人かが法廷で問われる時、問題になるのは本人の生前の意思である。

お迎えはいつの日か必ずやって来る。これを機会にこのブログをコピーして自分のリビング・ウイルを造ってみてはいかが。家族などの立会人の署名も連記できればよりベター。 

尊厳死とは

傷病により「不治かつ末期」になったとき、自分の意思で死に行く過程を伸ばすだけに過ぎない延命処置をやめてもらいたい、人間としての尊厳を保ちながら死を迎えることです。

尊厳死の宣言書 

(リビング・ウイル・Living ill
私は、私の傷病が不治であり、且つ死が迫っている場合に備えて、私の家族、縁者ならびに私の医療に携わっている方々に次の要望を宣言いたします。 

この宣言書は私の精神が健全な状態にあるときに書いたものであります。

従って私の精神が健全な状態にある時に私自身が破棄するか、または撤回する旨の文章を作成しない限り有効であります。

1 私の傷病が、現代の医学では不治の状態であり、既に死期が迫っていると診  断された場合は徒に死期を引き延ばすための延命処置は一切お断りいたします。

2 但しこの場合、私の苦痛を和らげる処置は最大限に実施してください。

そのため、たとえば麻薬などの副作用で死ぬ時期が早まったとしても一向にかまいません。

3 私が数ヶ月以上に渉って、いわゆる植物状態に陥った時は、一切の生命維持処置を取りやめてください。

以上、私の宣言による要望に忠実に果たしてくださった方々に深く感謝申し上げるとともに、その方々が私の要望に従った行為一切の責任は私自身にあることを付記いたします。

                   年月日

                   署名

|

« 月見草の会幹事会・末期患者の行く道・日本シリーズ | トップページ | 篠笛を楽しみま専科・筑紫哲哉氏肺がんで千の風に »

コメント

私もがんになったときから入っています。
家族にキチント伝えておかないと・・。
今日の「篠笛楽しみません科」は新しい方も見えて充実した時間でした。

投稿: 梅 | 2008年11月 7日 (金) 20時15分

 今日の「篠笛を楽しみま専科」はたのしかったです。ほんの少しですが(生意気にも)、篠笛を吹く喜びを感じはじめちゃいました。
 会の今後の方向性も見えてきて、安心しました。
篠笛さんのブログの尊厳死の宣言書を参考にして、なっちゃんも残しておこうという気持ちになりました。

投稿: なっちゃん | 2008年11月 7日 (金) 22時38分

元気なうちからの準備、大切なことですね。
篠笛さんには、いつも教えて頂いてありがとうございます!また、万相談よろしくお願いします(^^ゞ

投稿: 撫子 | 2008年11月 7日 (金) 22時53分

もう、作って、お財布にいれたよ。

投稿: 藍弥生 | 2008年11月 8日 (土) 00時09分

梅ちゃん
先生に丁寧に教えていただいてよかったね。音が一音一音はっきり出ていてよかったですよ。
指打ち、連続練習しましょうね。
なっちゃん
練習の成果が充分出ていましたよ。一曲を制するものは全てを制する。この調子で頑張りましょう。
撫子さん
イラストの表情が豊かで素敵。
何かあったら「何でも相談」利用してね。
藍ちゃん
そう言えば前回は藍ちゃんの質問に答える形で書いたんだったね。備えあれば憂いなし。JBKで締めくくろうよ。

投稿: 篠笛 | 2008年11月 8日 (土) 08時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 月見草の会幹事会・末期患者の行く道・日本シリーズ | トップページ | 篠笛を楽しみま専科・筑紫哲哉氏肺がんで千の風に »